ホーム  > バイアグラジェネリック  > ばいあぐらジェネリックとは

ばいあぐらジェネリックとは。

ばいあぐらジェネリックについて


ばいあぐらジェネリックの購入ページを見る

ばいあぐらジェネリックとは、普通、先に発売された新薬の特許期間が切れた後に、他社(例:東和薬品)が合法に同じ有効成分の薬を製造販売した時の薬の総称です。

通販でバイアグラジェネリック製品が広く扱われるようになって、この呼びかたもずい分浸透してきました。バイアグラの場合は、通常ジェネリックとか、ばいあぐらジェネリックと呼ばれています。

中には、シアリスのジェネリックの医薬品ザルティアのように独自の名前を持つ製品(例:インドのカマグラ薬)もありますが、基本的にバイアグラジェネリックとは、ED治療薬ばいあぐらのジェネリック医薬品、つまりファイザー社ではない違う会社が、ファイザー社が確立したバイアグラの有効成分シルデナフィルの効果や安全性を踏まえて製造した、同様の有効成分を持つ同様の薬と言う事で、バイアグラではないバイアグラと同じ効果を持つ薬と言う事になります

ここまで聞いて、ばいあぐらジェネリックは、バイアグラのコピー商品なんだと思う方がいるでしょう。ここで間違ってはならないのが、仮にコピー商品であったとしても偽造品ではないと言う事です。そして、医薬品業界の中、特にここアメリカでは、このいわゆるコピー商品であるジェネリック医薬品が大変普及しており、経費を節約する目的などで、保険機関などがジェネリックの購入を推進しているという現状もあります。

ジェネリック医薬品が普及するのには理由があります。それはコストを抑えて生産する事ができるので、販売価格を先発の医薬品よりも安価に設定できる点です。医薬品の価格は、新薬の開発に費やされた膨大な費用が考慮され設定されています。研究に長い期間を要した医薬品になると販売価格もかなりの金額になりますね。ですから、新薬の特許期間とは、医薬品会社がその薬の開発に投資した元手をある程度単独で(何の邪魔もされないで)収穫するための期間の様なものだと理解する事ができます。

新薬の発明は、その製造会社の利益の為にあるのではないですね。素晴らしい薬の発明は、その薬を必要とする全ての人々の為のものであるはずです。病気に苦しむ人にとっては、効果の高い治療薬の発明は、時に命に関わってくる問題です。その技術を踏まえて更に新しい薬の発見だってありえるわけです。素晴らしい薬の発見、技術や製法は独占するべきものではないという事でしょう。

新薬、ブランド品に対して後発医薬品、ジェネリック医薬品と呼んで差別化をしているこれらの薬ですが、このジェネリック医薬品、先発品に引けをとらない立派な医薬品であることはご理解いただけたでしょうか。医療費の高いアメリカでは、薬の効果が同じでその上コストを抑える事ができるわけですから、国や保険会社がジェネリック医薬品の使用に力を入れるのは当然なわけです。

ばいあぐらジェネリックは、低価格が魅力。性行為のたびに服用する必要のある薬ですから、何回か呑んで完治するのではない以上、呑み続ける事になります。例えば、退職後に利用されるばいあぐらをジェネリックに置き換えてみるのもよいと思います。高品質のジェネリック医薬品は、ブランド品と何ら変わらない効果を発揮します。ブランド品でなければと特にこだわるのでなければ、ジェネリックは経済的なお得な選択となるはずです。

ばいあぐらジェネリックは、通販などで購入ができます。通販で購入できるバイアグラのジェネリックの効果、効能、呑み方などはすべてブランド品に準じます。


ばいあぐら(バイアグラ)を利用する夫婦の年齢


ばいあぐらジェネリックとは

60歳がお年寄りとはひと昔前の話、60の還暦の祝いも今は少々意味合いが違って感じます。60歳はお年寄りと取られていたのは昭和の頃で、今は60、まだまだ人生これからで、セカンドライフを楽しむ方もかなり。退職後の生き方が豊かになりましたね。夫婦の営みも、昔とずいぶん様変わりしてきました。子供たちとは別に暮らし、余生をまさしく満喫される素敵なカップルといった感じのご夫婦が多いですね。

年齢には関係ない性欲

男性も女性も健康であれば、性欲に年齢はないのだと言うことはご存知だったでしょうか。回りを眺めてみると、50過ぎればもう卒業だという方、うちの夫は終了台だと夜のお付き合いのないご主人をパチンコ台にたとえる奥さんもいたりします。冗談も交えての話だとは思いますが、あまり歳を重ねてからの性行為は、恥ずかしいことだと感じられる方も中にはいたりします。

ばいあぐらと高齢カップル

確かに、年齢が上がれば、性行為の回数は減りますが、性欲は何歳になってもあって当たり前で、むしろ、歳を重ねてからの方が、より充実した、心の通った、リラックスした夫婦の時間となっている場合も多いのです。アメリカのご夫婦は、ベットを一緒にする事もあってか、年齢に関係なく何歳になっても夫婦の関係を持ち続けるとの事ですし、そもそも性行為の回数自体も、日本人よりはっきり多い様ですしね。ですから、高齢といわれる方たちがバイアグラを求める例は、決して少なくはないのです。

ばいあぐらの処方を夫婦同伴で

高齢になったアメリカのご夫婦がばいあぐら(バイアグラ)を求める割合は、かなり高いと見ています。夫婦のつながりを考えた時に、体のつながりが占めるウェイトは大きいですからね。泌尿器科の医師を訪ねてばいあぐら(バイアグラ)の処方をお願いするのにかなりの方が夫婦同伴で行かれるそうですから、この様に見てみる時、EDの問題は、男性の問題という枠ではなく、夫婦の問題として捉えてゆくべきなのだとも思います。


ばいあぐらジェネリックの品質について


ばいあぐらの後発品であるジェネリック品は、他社製のばいあぐらと言ったらわかりやすいでしょうか。他社製であっても効果、効能はブランド品と同様です。

低価格が魅力のばいあぐらジェネリックですが、医薬品ですから安ければよいというわけではありません。品質がともなって初めて安くてよかったということになります。インドなどで製造される事の多いジェネリックですが、医薬品の品質を左右する製造工場の検査システム(環境管理、製造過程の管理)は重要なポイントになります。

アメリカ発のばいあぐらのジェネリック

医薬品の管理、販売ルートなどが厳しく管理されているアメリカで扱われているジェネリック医薬品は、高品質のものが多く、それはこれらのED治療薬においても同様です。

医療に対する高い視点が、安易に粗悪な製品を価格だけで受け入れない体制が確立しているからだと言う事でしょうか。

ばいあぐらジェネリックの販売国も要チェック

ジェネリックは、製造国もですが販売国にも注意をはらって購入されるとよいでしょう。医薬品は、体に取り込み体の仕組みに何らかの影響を与えるものである以上、丁寧な扱いがされなければなりません。工場の環境管理のみならず、配送時や保管時の環境もしっかり管理されるべきです。このような観点から、先進国で扱われるばいあぐらジェネリックは、いろんな意味において安心してお求め頂ける品質を備えていると言う事ができるはずです。


ばいあぐらジェネリックの錠剤の種類

次のとおりです。

  • ジェネリックバイアグラ(シルデナフィル)…100mg
  • ばいあぐらジェネリック(シルデナフィル)…50mg
  • ばいあぐらジェネリック(シルデナフィル)…25mg

※それぞれの薬の効果はブランド品バイアグラに準じます。


ばいあぐらジェネリックを選ぶ時に気をつけるとよいポイント

次のとおりです。

  • バイアグラジェネリックの製造国がどこか
  • バイアグラジェネリック販売国はどこか
  • 価格は他と比べて極端に安すぎないか
  • バイアグラ通販サイトの運営が丁寧にされているか

※ジェネリックは正規の医薬品です。大切な事は、正しく製造されたジェネリックであるかという事です。


関連リンク