購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラを作ったファイザー製薬会社

バイアグラを作ったファイザー製薬会社について


baiagura-ed.png

ファイザー社とは、勃起不全症治療薬で有名なバイアグラをこの世に送り出したアメリカ大手の製薬会社です。正式名をファイザー・インコーポレーテッドといい、アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタンの中央部ミッドタウンに本社がおかれています。

* コラム ばいあぐらとバイアグラについて


ファイザー社の創業から今日まで


創業は、1840年代アメリカ南北戦争の頃にさかのぼります。奴隷解放をうたうアメリカ北軍の医薬品の製造はファイザーが一手に引き受けたと言われています。1980年にはいり、抗炎症剤フェルデンの製造販売で一挙に巨大企業へとのし上がります。その後も、大型企業の買収などを繰り返しながら成長を続け、1990年代後半のバイアグラ(有効成分シルデナフィル)の開発商品化で一躍有名となり、製薬会社として世界で知る人ぞ知るファイザー製薬会社となりました。2010年にはワイス社を買収、ロゴも現在の青い楕円の中に白抜きで入ったpfizerの書体が変更され、今にいたっています。


ばいあぐら以外の主要製品


ファイザー社が販売するばいあぐら以外の主要製品には、買収した旧ワーナー・ランバート社の製品リピトール、非ステロイド性消炎・鎮痛剤セレコックス、過活動膀胱治療薬の標準となっているデトルシトールなどその他にも数多くの医薬品を製造販売しており、それらの製品は世界中の多くの国々で販売されています。


日本のファイザー社


ファイザー社の日本法人は、ファイザー株式会社で、東京の渋谷に本社があります。 1953年に現在の田辺三菱製薬の前身である田辺製薬と合弁することでファイザー田辺を設立して日本に進出、1989年に現在のファイザー株式会社と社名を変更し今にいたっています。


ファイザー社の看板商品バイアグラ(ばいあぐら)


通販といえばバイアグラ通販。ファイザーといえばバイアグラ、ばいあぐらと言えばファイザーと言われるほど、このバイアグラ(ばいあぐら…有効成分シルデナフィル)という医薬品はファイザー社にとっても会社の歴史に残る、会社の命運をも(?)左右しかねる薬となったわけです。インターネットの発達、オンラインショッピングの普及で誰にでも簡単に個人輸入が可能になったこともあり、何よりも男性の勃起不全症という複雑な分野の症状を服用することで確実に治療する薬と言うことで世界中120ヶ国以上、その利用者は3000万人とも3500万人とも言われるファイザー社の看板商品となったわけです。

”ファイザー"


映画になったファイザー社のばいあぐらセールスマンの話


このファイザー社とバイアグラ(ばいあぐら)の躍進劇に目をつけてか、ファイザー社の営業マンがだした著書が2010年にアメリカで映画化されました。本の内容からみると著者であるジェイミー・レイディ氏はセールス分野でナンバーワンに輝いた記録を持っているらしく、その時のバイアグラセールスにまつわる裏話などを盛り込んだ楽しい映画として出来上がってるようです。

薬の名前は誰でも知っていても、薬の製薬会社までは知らない方が多い中、バイアグラの製薬会社はと聞かれたら、多くの方がファイザー社と答える事ができるのではないかと思うくらい、「ファイザー社といえばバイアグラ、ばいあぐらといえばファイザー社」と広く一般に浸透しているのが製薬会社ファイザー社、ばいあぐらの製造元なわけですね。


ファイザー社のばいあぐら以外の主要製品


  • 降圧剤ノルバスク
  • 高脂血症治療剤リピトール
  • 肺動脈性高血圧症治療剤レバチオ(バイアグラと同じ有効成分)
  • 線維筋痛症治療剤リリカ

関連リンク