ホーム  > バイアグラジェネリック  > シルデナフィル  > シルデナフィル効果のメカニズムについて

シルデナフィル効果のメカニズムについて


img_ed-216

icon_arrow 血管拡張作用がある

シルデナフィルの効果は、血管拡張作用です。生活習慣病や喫煙、飲酒などのEDの原因になるものの多くに、血流問題が絡んでいると言われています。男性の陰茎の中には、細い血管が集合したような組織、海綿体があり、その中に血液が溜まってそれが一時的にとどまる事によって陰茎が勃起するという事。

海綿体の中に、どれほど多くの血液を留める事ができるかが、硬い勃起になるか、大きさがどうなるかに影響してくるわけです。元々のサイズがそれ程でなくても、中にたくさん血液が集まれば、例えば小さかったゴム風船が大きく硬くなるように、陰茎も硬く大きくなると言うわけです。

icon_arrow 効果のメカニズム

クエン酸シルデナフィルはPDE5(ホスホジエステラーゼ)酵素が活性化するのを抑制するPDE5阻害剤と言われる血管拡張作用がある成分です。この作用で体内の血管が一定時間内拡張する事になります。拡張した血管は一度に多くの血流を生み出す事になりますし、陰茎内に多くの血液を留める事に繋がるのです。血管が細くなったり、弾力がなくなったりして充分な血流が集まらず、勃起し切れなかったEDの症状が、拡張した血管によって運ばれてきた十分な血液が陰茎内に充満する事よって、硬く逞しい勃起となって改善されるのです。

シルデナフィルが体内に取り込まれると、血管周辺の筋肉を弛緩させ、そうなる事で血管を拡張させる事ができます。この効果は、陰茎周辺の血管によく現れる事がわかっています。性的興奮を受けた脳から勃起の指令が発動されると、シルデナフィルの効果で広がった血管は、今までとは比べ物にならないたくさんの血液を、一度に大量に運ぶ事ができるようになります。また、陰茎の海綿体の中にも、たくさんの血液を留める事ができるようになるというわけです。これが、シルデナフィルのED治療効果なわけです。

icon_arrow 性欲に合わせて効果が現れるクエン酸シルデナフィル

クエン酸シルデナフィルの効果には、ある条件が必要です。1錠のバイアグラを呑んだ後に、ある事が起こらなければ薬の効果はあらわれないのですが、それが性欲です。薬を呑んだ後に、性欲が起こる事で陰茎に勃起の指令が脳から送られてくると、その時に効果が発揮されます。つまり、薬を呑んだらとにかく勃起するといった薬ではないという事になります。性欲がなかなか沸かない人は、クエン酸シルデナフィルとは別途、十分な性欲を起こさせる努力が必要になるでしょう。精力剤を併用する、気持ちが高ぶるような刺激的なものを見る、なども性欲を沸かせ、バイアグラをより効果的に使用するための、ひとつの方法です。

icon_arrow 早漏を治療する効果は期待できません

男性の性機能障害には、EDと言われる勃起不全症の他に、射精をコントロールできない早漏があります。シルデナフィルに、早漏を治療する効果は期待できません。早漏は、陰茎が敏感すぎるなどの理由で起こると言われますが、早漏があるとせっかくのシルデナフィルの効果もあっという間に終わってしまう事になります。より、有効な満足いくED治療の為にも、早漏気味である人は早漏防止剤を併用するとか、早漏予防効果が期待できるサプリを常用しておくなどすると効果があがることになるかと思います。

icon_arrow 副作用について

シルデナフィルの副作用を気にされる方が、おられます。効き目の高い薬は、時に副作用も強く出たりしがちなもの、よく効く薬の場合はどうなのだろうと、心配になるのも当然です。シルデナフィルは血管を拡張させるので、体の中の血流が一時的によくなるために感じる症状が、副作用として現れる事があります。詳細は→ シルデナフィルの副作用について