ホーム  > バイアグラジェネリック  > シルデナフィル  > シルデナフィルの副作用について

シルデナフィルの副作用について


img_ed-216

長湯をしたあと、のぼせたような感じになる事がありますね。あれは、体の体温が上がって血行がよくなり感じるもの、シルデナフィル(sildenafil)の副作用にもそれと似た症状があります。中には、頭痛や動悸として感じる方もいますが、どれも薬の効果が切れる頃には、治まっているもの。副作用が強すぎてバイアグラの使用を断念する人は、ほんのわずかな人なのだとか。少々の副作用なら気にならないくらい、ED改善効果があるといったところなのでしょう。

効き目の高い薬は、時に副作用も強く出たりしがちなもの、よく効く薬シルデナフィルの場合はどうなのだろうと、心配になるのも当然です。シルデナフィルは血管を拡張させるので、体の中の血流が一時的によくなるために感じる症状が、副作用として現れる事があります。

icon_arrow 副作用がでる事は稀です

シルデナフィル(バイアグラやバイアグラジェネリック)を服用して強い副作用がでる事は稀ですが、一部の方には、頭痛やめまい、顔がほてる、のぼせるといった症状として現れることがあります。ほとんどの場合、薬の効果が切れるのにあわせて自然に消滅していきます。また、何回か服用を続けるうちに、最初感じていたこれらの症状も、次第と気にならなくなるか、出なくなる場合が多いようです。

icon_arrow 禁忌薬との関係

シルデナフィル(sildenafil)の副作用については、色々と言われてはいますが、全ての人に必ず出るのではありません。また、心臓発作の危険性についても、禁忌薬との関係で説明されていますので、禁忌薬の併用を気をつければ特に心配ありません。副作用は、ある意味、シルデナフィルの血管拡張作用の副産物の様なもので、多くの場合が、出たとしてもほとんど気にならない程度のようです。ごく一部の人に、頭痛や顔のほてり、鼻つまり、めまいなどが感じられるようですが、薬の効果が切れるのにあわせて自然に治まり、使用を続けるうちに、最初は気になった副作用の症状も、出なくなるか気にならなくなると言う事が一般的に言われています。

icon_arrow 関連コラム


関連リンク