ホーム  > バイアグラ  > ed治療薬ばいあぐらの効果的な使用方法は?

ED治療薬バイアグラの効果的な使用方法は?


baiagura-ED.png

ED治療薬の先駆け的存在であり今なお人気があるバイアグラですが、このバイアグラの効果効力を最大限引き出すためにはどんな点に注意して使用したらいいのでしょうか?ここでは、バイアグラの使用方法について1から解説していきます。バイアグラの服用のタイミングですが、性行為の1時間前が推奨されています。水で服用する方がほとんどだと思いますが、実は清涼飲料水やお茶、アルコールで服用しても問題ありません。ただし牛乳などの脂肪分が含まれる飲料の場合は、体内への吸収が阻害され効果が現れない可能性もありますので避けたほうが無難です。

ある人は、噛み砕いたほうが早く体内に吸収されて効果も早く現れると考えるようですが、実際のところは飲む際に苦味が強くなるだけで効果が効き始めるまでの時間に差はないのでやめましょう。ただ、空腹時であれば体内への吸収がより早く、約30分ほどで効果効力が現れてきます。効き目の持続時間は服用してから4時間から5時間ほどです。それで、飲むタイミングはしっかりと見極て服用しましょう。そうしないと勃起の効果が途中で切れてしまい、女性から「このインポ野郎」と責められてしまうかもしれません。

バイアグラは1日1回しか服用してはいけないとされていますので、途中で切れてしまったらそこでおしまいです。このようにバイアグラの使用方法は意外に多くありますので、ひとつひとつ覚えておくようにしましょう。そうしないと効果を十分に得ることが難しくなってしまいます。


ED治療薬バイアグラの使用方法の注意点とは?


バイアグラは適切な使用方法をすると効果を実感できますが、少しでもバイアグラの使用方法を間違うと全く効目効能が現れないという自体も起こりかねません。例えば、食事と一緒にバイアグラを服用してしまうと、効果の発言時間まで1時間以上かかってしまったり、最悪の場合効果効能が半減してしまうということも起こり得ます。ですから食事と一緒に服用するのは効果的なバイアグラの使用方法ではありません。もし仕方なく食後に服用しなければならないのであれば、脂っこいものを避けてさっぱりした料理を腹7分目くらいに留めておくべきです。

そして、食後から2時間経ってから服用することが勧められています。アルコールは適量であればリラックス作用があるので勃起症状の改善に一役立ちます。とはいえ、適量でなければ症状をより重くする場合もありますから注意が必要です。

さらにバイアグラの使用方法の注意点としては、心血管系障害や重い肝機能障害をを患っている人は服用することができないというものがあります。こうしたバイアグラに関する使用方法の注意点を考慮しておくと、どうしたら効果的で安全な方法で利用できるのでかということに気づくようにもなるでしょう。バイアグラは適切な使用方法を守れば確実に効果を期待することができますから、ここにあげた注意点は確実に守るようにしましょう。


関連リンク