ホーム  > 女性用バイアグラ  > 女性用バイアグラのメリットとデメリットは?

女性用バイアグラのメリットとデメリットは?


女性用バイアグラのメリットは


baiagura-ed.png

女性用バイアグラは男性のEDの治療薬バイアグラと同じシルデナフィルが有効成分になっており、この成分の作用によって膣や外陰に十分な血流量が生き巡るようにして膣が性的刺激を受けて時に濡れるようにしたり、挿入時に快感を得ることができるように助けたりします。実際、女性用のバイヤグラを使用した方の体験談などを見ていると「今まではセックスが苦痛でしかなかったものが、女性用バイヤグラを服用してからは自分からしたくなってしまいました」と言ったコメントもあるほどです。

* 女性用バイヤグラに媚薬効果は?(コラム)→女性用バイアグラは興奮剤?

それで不感症の彼女や妻がいる方であれば、一度服用してもらって効果を実感してもらうといいかもしれません。夜の営みは夫婦生活や恋人と仲良くやっていくために欠かすことができない要素ですから、互いに気持ちよくセックスができる方法を試してみるというのは大切です。女性用のバイアグラにはこうしたメリットがありますが、デメリットとしてはどんなものがあるでしょうか?


バイアグラ女性用のデメリットは


女性用とはいえ、バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルが配合されていますから、副作用が出るということは考えておかなければなりません。副作用は軽い頭痛や顔や体のほてり、鼻ずまりや鼻水といった症状です。とはいえ、どの症状も軽くほとんどの人は気にならないようです。人によっては体のほてりがあるとそれがさらに興奮を誘い快感が増すと感じる人もいるようです。もうひとつのデメリットはED薬バイアグラよりは安いものの購入費用がかかるという点です。しかし、多くの人は夜の生活が充実することは他の何にも変えられないと感じているようで、バイアグラ女性用に満足しています。

* FDAで承認された性的不能治療薬・女性用バイアグラフリバンセリンの副作用とは?


女性用のバイアグラはどんな人にオススメできる?


彼氏ができたら…結婚したら…避けて通ることができないもののひとつがセックスです。とはいえ、女性の中にはセックスが嫌い、セックスしても気持ちよくないという方もおられるかもしれません。「セックスしていても痛いだけで全然気持ちよくない」とか「彼のことは好きだけどセックスしていても何も感じない」ということもあるかもしれません。そうした女性は不感症やオーガズム不全の可能性があります。こうした症状はいわば女性版のedと言えるかもしれません。もちろん不感症でもオーガズム不全でも男性とは違いセックスをすることは可能ですので、そんなに問題ないと考えることができるかもしれませんが、やはりセックスの時には気持ちよくなれたほうが自分もパートナーも嬉しいものです。

* 女性用バイアグラの効果、用途と呑み方

また、不感症の場合は性的刺激を受けても膣が濡れないために、性交時に痛みを感じるという可能性があります。痛みしか感じないセックスは誰もしたくはありませんから、彼氏や夫がお願いしてきても拒否してしまうかもしれません。そうするとパートナーはパートナーで欲求不満が溜まってきて風俗などで発散するようになるかもしれませんし、最悪の場合は浮気をされることさえあるかもしれません。ですから、パートナー間で夜の営みをできないというのはさまざまな問題を引き起こしかねないのです。女性用バイアグラを使うことで、こうした問題は解決することができます。女性用のバイアグラは不感症やオーガズム不全にも効果がありますし、膣に潤いも与えてくれます。


関連リンク