購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラの体験談

バイアグラの体験談


バイアグラの体験談 #1 - 初めての処方を受けてみた


baiagura-ed.png

ED治療薬の購入と考えている方には、基本的に病院で診断を受けて処方してもらう方法とネットで個人輸入代行店を通して購入するという2つの方法があります。病院で処方してもらう方法が一般に正規ルートと考えられていますが、個人輸入代行店を通して購入する方法が決して違法というわけではなく合法的に認められていますので、信頼できるお店からであれば安心して購入することができます。病院での処方と個人輸入代行店からの購入それぞれにどのようなメリットがあるのかバイアグラの体験談を通して考えてみましょう。病院で初めて処方をしてもらった時の体験談を見てみると、多くの方が「こんなに簡単に処方してもらうことができるんだ」という感想を抱くようです。

* バイアグラの処方について

予約を取らずに普通に来院して、5分ほどの医師の問診に答えて終わりというのが一般的な病院での処方までの流れのようです。もちろん、そこで性器の状態の確認が行われるようなこともないので、特に恥ずかしい思いもしなくて済みます。ただし、何か薬を服用している場合には薬の名前を医師に申告しておくことが必要になります。

併用して問題ない薬であるということが分かれば安心してバイアグラを服用することができます。病院での処方は基本的に1錠〜希望の錠数を処方してもらうことができます。病院で処方してもらったことがある方の体験談をいろいろと探して読んでみると、行く前にその場の雰囲気をなんとなく知ることができるのでおすすめです。


体験談 #2 - 個人輸入代行店でバイアグラを…


病院に行く時間がないとか、病院に入るところを誰かに見られたくないと思う方におすすめなのが、個人輸入通販店でバイアグラを購入する方法です。病院で処方を受けるほうが安心感があるという方も多いと思いますが、バイアグラの体験談などを見ると病院で何かの検査を受けたという話を目にすることはほとんどありません。ですから、実際のところ病院で処方してもらうのと個人輸入代行店で購入するのは、対面で購入するかネットで購入するかの違いだけと言ってもいいでしょう。

服用している薬がある場合は、病院に行き医師に相談すれば併用可能かどうか判断してもらうことができるというメリットがありますが、これは医師だけしか判断できないというものではありません。併用不可の薬剤名はネットに記載されていますから、判断は自分でも簡単にすることができます。さらに体験談から分かることですが、ED専門の病院に行ったとしても「あなたにはバイアグラが体質的にあっています」とか、「あなたにはレビトラが…」「あなたの場合はシアリスが…」といったことを勧められることもありません。

このようなことを考えてくると、結論として病院で処方してもらうのも個人輸入代行店で購入するのも変わらないということが分かります。病院で処方してもらうメリットとしては、偽造品をつかまされる心配がないということだけでしょう。ただし、個人輸入代行店でも優良なネットショップであればその心配もありません。ネットの場合は、病院に足を運ぶ手間がないことや24時間いつでも注文できるといったメリットがあります。


体験談 #3 - バイアグラは20代でも60代でもOK?


20代でEDになってしまった人の体験談と、60代すぎてED気味になってしまった人の体験談をここでまとめて紹介してみたいと思います。最初に20代過ぎにすでにEDになってしまった千葉県在住のSさんの体験談を紹介します。SさんがEDになったきっかけは妻の出産に立ち会ったことだったようです。妻のそばに寄り添って赤ちゃんの誕生の瞬間を共に迎えられてとても嬉しかったそうです。

無事に退院して1ヶ月2ヶ月したから久しぶりにセックスをしようとしたら、まったく下半身に反応がなかったようです。本人の気持ち的にはやりたい気持ちがあるのに、なぜか下半身だけが反応してくれないという状態だったようです。「20代でまさか自分がEDになってしまうとは…」と大変落ち込んでしまったと言います。その後も何度か奥さんに手伝ってもらったりして立たせようとしたようですが、なかなかEDは改善されず2,3ヶ月してからバイアグラの購入を決めたそうです。

バイアグラは病院ではなくネットの個人輸入代行店を通して購入しましたが、その理由は本人いわく「病院に行ってもただ処方されると聞いていたので、それだったらネットショップでもいいかな」とのことです。到着した日の夜にバイアグラを飲んでみたところ、さっそく顔が少しほてり体がポカポカしてきたので効果が出る気がしたそうです。実際その期待通り、奥さんが下腹部をさわると今までのことが嘘のように一気に立ったそうです。そこからは久しぶりの夜を存分に楽しむことができたとのことです。


体験談 #4 - 60代過ぎていてもバイアグラの効果は実感できる?


バイアグラには年齢制限があるという勘違いを意外に多くの方がしています。バイアグラは20歳を過ぎてからでなければ服用することできませんが、これ以外にも年齢制限があり60歳を過ぎたら服用はやめておいたほうがいいと多くの方が考えていたりします。しかし、実際のところは60歳をすぎていても70歳を過ぎていても服用することは可能です。

ネットでは70代や80代の方の体験談は簡単に探すことができます。有名な方の例では、アメリカのプレイボーイ誌の創刊者であるヒュー・ヘーフナー氏は80代になってもバイアグラを使って夜の生活をエンジョイしていたというのは有名な話です。ですから、性欲さえあれば60歳を過ぎても70歳を過ぎてもバイアグラを使って夜の生活を楽しむことは可能なわけです。ここでは、そんな夜の生活をバイアグラで楽しんでいる1人の体験談を紹介したいと思います。

大阪府在住60代のYさんは、性欲はあるものの歳のせいか勃起状態を維持するのが難しくなっていたようです。それで、意を決して50mgのバイアグラを購入したそうです。Yさんは購入した後になって、ネットでいろいろ調べたら副作用が出るケースがけっこうあるということを知って不安になったらしく、ピルカッターを使って半分にして25mg分を飲んだそうです。

しかし25mgだけではなかなか立ちが悪かったため、さらに25mgを追加したようです。そこでようやく今まで数年間味わったことのない立ち方と硬さを実感することができたと言います。こうした体験談から、mgの単位は変わるもののバイアグラでは必ず立ちを実感することができるということがわかります


体験談 #5 - シアリスとの比較で分かる効果


バイアグラは1999年に厚生労働省から認可を受けてからすでに長い年月、販売・使用されてきたのでかなりの実績があります。シアリスはレビトラの次に出されたED治療薬で、認可を受けたのは2007年です。それで、バイアグラに比べるとまだまだ知名度が低く、利用者もまだまだ少数です。とはいえ、このシアリスにはバイアグラとレビトラにはない魅力があります。それは、効果の持続時間が圧倒的に長いということです。シアリス20mg錠を体験(服用)すれば最大で36時間その効果が期待できます。土曜日の夕方に服用すれば、土曜の夜から日曜日の夜まで効果が持続するので、海外ではウイークエンドピルと呼ばれて親しまれているほどです。しかし、この効果の持続時間の長さはある意味で諸刃の剣で、ペニスの硬さはバイアグラやレビトラに劣ります。ですから、どちらにも一長一短があるということです。


関連リンク