購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > ばいあぐらの有効成分とは?

ばいあぐらの有効成分とは?


世界初のed治療薬であるばいあぐらの有効成分とは?


baiagura-ed.png

1999年に厚生労働省からed治療薬として初めて認可を受け販売が開始されたばいあぐらは、今でも多くの人々から愛され利用されています。このばいあぐらがed治療薬として効果を発揮できているのは、シルデナフィルという有効成分が含まれているからです。

このシルデナフィルとは何でしょうか?どのような働きをするのでしょうか?簡単に言えば、このシルデナフィルは勃起を抑制する酵素の働きを妨げることによってedが改善されます。当然ながら、男性のペニスが常に勃起状態にあっては日常生活に不具合が生じます。それで男性にはもともと常に勃起状態にならないように、勃起を抑制する酵素が働いています。そして性的な興奮を感じた時だけこの酵素の働きが自然と妨げられ勃起することができます。しかし、この酵素の働きが強くなりすぎてしまうと、性的興奮を感じても勃起できなくなってしまいます。

ばいあぐらの有効成分であるシルデナフィルは、勃起抑制酵素の働きを妨げることで勃起を促進することができます。人間の体の中にはさまざまな酵素が働いていますが、その一つが不具合を起こすとedなどの障害を抱えることにもなりますので、体の機能が正常に働いているというのは当然のこととはいえ実はすごいことと言えます。シルデナフィルがどのような役割をするのかについては分かりましたが、この勃起抑制酵素の働きを阻害する効果はどれほど持続するのでしょうか?


ばいあぐら成分の効果の持続時間とは?


日本で最も知名度があり実績もあるed治療薬であるばいあぐらとはいえ、実際のところは大切なのは効果や効能です。ばいあぐらを服用するとどれほどの時間効果が持続するのでしょうか?ばいあぐらはれびとらやしありすに比べると持続時間が短いとはいえ、5時間から7時間ほどの持続時間はあるということがはっきり分かっています。

ですから、1度のセックスで十分に楽しめるだけの時間は効果が持続します。また、勃起の状態も良くカチカチになります。硬さは現在認可されているed治療薬の中では1番効果があると言えるかもしれません。人によっては腫れて痛いと感じるほどの硬さになることもあるようです。このように十分な硬さになり効果の時間持続するとなると気になるのが副作用にどんなものが現れるかというところではないでしょうか?厚生労働省から認可されているed治療薬とはいえ、やはり副作用は出ることは覚悟しなければなりません。ばいあぐらを服用した際に現れる副作用として目立ったものには、顔のほてりや目の充血、頭痛や動悸などです。

副作用がかなりの確率で現れるとはいえ、個人差があるので服用してみないと分からない部分は多くあります。ですから、最初に通販などで購入する際には多くは買わず少量にしておくのが賢明でしょう。また最初から3種類のed治療薬を少しづつ購入しておいて試してみるというのも効果的かもしれません。ばいあぐらとはいまだに人気があるed治療薬ですから、1度は試しておいて損はないでしょう。


関連リンク