ホーム  > バイアグラ  > バイアグラの副作用は軽い症状

バイアグラの副作用は軽い症状


baiagura-ED.png

ED治療薬バイアグラは1998年にアメリカで販売が開始され、その翌年の1999年に日本でも発売されるようになりました。 海外の医薬品にこんなに早い段階で発売認可が下りるのは珍しいことですが、これには日本で起こった事件が大きな要因になっています。 バイアグラは発売とともにアメリカ本国だけでなく、全世界でその効果に対する人気が爆発して、販売されていない国からも輸入業者を通して購入する人が後を絶ちませんでした。

この傾向は日本においても同様で、多くの日本人男性が海外ルートからバイアグラの購入を行ったのです。 しかし、バイアグラは誰でも安全に使用できるという薬ではなく、患っている病気によっては重篤な副作用を併発します。 そしてそれが災いして、狭心症を患っている日本人数名の男性がバイアグラを使用した直後に、心停止に陥り死亡する事例が数件発生しました。 これを重く見た日本国政府が国内での臨床試験を実施せずに、アメリカ政府の承認データだけでスピード承認を行ったというわけです。 この事件が背景となって、今でもバイアグラには重篤な副作用を引き起こすという印象が一部で根強く根付き、誤解した人たちによってバイアグラは必ずしも安全でないという考えが抜けなくなっているというわけです。

バイアグラの効果に関するコラムは→バイアグラの服用は食後か、食前か?を参照してください。