購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラの副作用は軽い症状

ばいあぐらの副作用は軽い症状


baiagura-ed.png

バイアグラの効果はよく分かっているが、その副作用が怖くて使用するのをためらっているという人も少なくないことでしょう。ED薬バイアグラは1998年にアメリカで販売が開始され、その翌年の1999年に日本でも発売されるようになりました。 海外の医薬品にこんなに早い段階で発売認可が下りるのは珍しいことですが、これには日本で起こった事件が大きな要因になっています。 バイアグラは発売とともにアメリカ本国だけでなく、全世界でその効果に対する人気が爆発して、販売されていない国からも輸入業者を通して購入する人が後を絶ちませんでした。

この傾向は日本においても同様で、多くの日本人男性が海外ルートからバイアグラの購入を行ったのです。 しかし、バイアグラは誰でも安全に使用できるという薬ではなく、患っている病気によっては重篤な副作用を併発します。 そしてそれが災いして、狭心症を患っている日本人数名の男性がバイアグラを使用した直後に、心停止に陥り死亡する事例が数件発生しました。 これを重く見た日本国政府が国内での臨床試験を実施せずに、アメリカ政府の承認データだけでスピード承認を行ったというわけです。 この事件が背景となって、今でもバイアグラには重篤な副作用を引き起こすという印象が一部で根強く根付き、誤解した人たちによってバイアグラは必ずしも安全でないという考えが抜けなくなっているというわけです。

バイアグラの効果に関するコラムは→バイアグラの服用は食後か、食前か?を参照してください。


バイアグラの重篤な副作用はNO


それではバイアグラには本当に重篤な副作用を引き起こす危険性があるのでしょうか? その答えはNOです。バイアグラは患っている病気が問題なく、使用時の用法さえ正しく守って使用すれば、重篤な副作用を引き起こすことはありません。 バイアグラの副作用としては、主に顔のほてりと目の充血が挙げられます。 この副作用はバイアグラを使用した約90%の人に発症しますが、バイアグラの効果が薄れるに連れて副作用の症状は治まっていきます。 その他にも頭痛や動機、ほてりなどの副作用の症状を発症する人もいますが、これもバイアグラの効果が薄れるに連れて治まるので、基本的には生活に支障が出るような副作用はない安全な薬と言えるでしょう。

しかし中には、景色が眩しく見えたり、視界が青く見える青視症を発症することもあります。この場合、日中や夜間を問わず車の運転にはかなりの危険性を伴うことになりますから、この症状が認められた場合は、バイアグラの使用後の運転は絶対に行わないようにしてください。 そして最も注意しなければならないのは、長時間に渡って副作用が治まらないという場合です。 バイアグラは、持続性勃起や勃起不全、突発性難聴などを引き起こすことが希にあります。

バイアグラの効果、すなわち、成分シルデナフィルの効果が切れて副作用の症状が姿を消す場合は問題ありませんが、このような長期にわたって副作用が消えない場合は、迅速な医師の診断が必要です。軽い症状だとしても、症状が消えない場合は医師の診断を必ず受けるようにしてください。 


バイアグラの副作用に関する整理


以上のように、バイアグラの副作用は、基本的には心配しなくていい軽い症状ばかりですが、少しでもおかしいと感じた場合は、そのまま放置せずに、医師の診断を受けるようにしましょう。