ホーム  > バイアグラジェネリック  > バイアグラジェネリックの今後はどうなる

バイアグラジェネリックの今後はどうなる


baiagura-ed.png

バイアグラジェネリックは、ファイザー社が製造するバイアグラの後発品で、通販で購入できるED医薬品ですが、日本国内では正式に販売が始まっていない薬です。日本国内で公式に手にする事ができるのは、ファイザー社のED薬だけという事になっています。それは、新薬バイアグラに付与された特許期間がまだ終わっていないという理由があるからです。では、通販で取り扱われているバイアグラのジェネリックは、どうして存在しているの?という疑問がわきますね。そう、通常ジェネリックは、新薬の特許期間終了後に販売が始まるようになっているのですが、実際には、ジェネリックがすでに市場には存在しています。


ジェネリックの製造


ばいあぐらジェネリックは、合法なのでしょうか、違法なのでしょうか、どちらと思いますか? 答えは、インドなどの成分特許を認めていない国で現在製造されているばいあぐらジェネリックは合法なのだということです。

なので、ばいあぐら通販で現在流通しているばいあぐらのジェネリックにインド製が多いのはこのようなわけからなのです。成分特許を認めないインドのジェネリック医薬品製造の歴史は長くて、技術的にも、品質の上でも、新薬と同じ効果効能の医薬品を製造してきた過去があります。オンラインでの通販が盛んになっった現在、このような成分特許を認めない国で製造されたジェネリック医薬品が、個人輸入などの通販を利用して他国でも入手する事ができるようになったという事なのです。

今後、バイアグラの特許が終了したら、各国の製薬会社がばいあぐらジェネリックを製造する事が合法になります。そうなると、市場にばいあぐらジェネリックが、今と比べ物にならないくらい、もっと増えるという事になるわけです。実際、バイアグラの成分特許が2012年で切れたお隣の韓国では、大手製薬会社が、バイアグラジェネリックの製造を始めたと言いますし、2014年にはシルデナフィルの用途特許まで満了を迎えるとの事です。


ジェネリックの販売が日本で


日本国内の製薬会社でもバイアグラの特許期間が終わるその時を待っていて、バイアグラのジェネリックの開発を進めているという事のようです。近い将来、日本国内でもばいあぐらジェネリックが正式に処方される日が来るという事ですから、待ち遠しい限りです。でも、仮に日本国内でばいあぐらジェネリックの販売が始まったとしても、ブランド品でも50mgの錠剤までしか販売許可がおりていないバイアグラです。シルデナフィルが100mg含まれたバイアグラジェネリックが日本国内で販売されるかどうかは、まだ全く分かっていない状況の様。今現在、国内での入手はできないバイアグラのジェネリックは、まだまだばいあぐら通販を利用するしかないのが現状です。

* どこで購入できますか?ばいあぐらは


ジェネリックとバイアグラのシェア


価格が半額以下で購入可能なバイアグラジェネリックが市場に氾濫する時代が、近い将来訪れる事になりますが、バイアグラが今も守り続けるED治療薬市場の一位の場をジェネリックが奪い取る事ができるかどうかというと、それは、難しいところがあるだろうというのが専門家の見方のようです。

ブランド品バイアグラに対する消費者の信頼度、とりわけ、日本のようにブランド品の価値を高く買う国では、安いバイアグラジェネリックの販売が始まったといってすぐに、市場のシェアがそれに乗り変わるという事は考えられないだろうという事の様。とにかく、バイアグラの特許が満了する予定の2014年は各国のバイアグラジェネリックの動向に目が離せない状況です。


関連リンク