ホーム  > バイアグラジェネリック  > バイアグラジェネリックが国内認定薬..

バイアグラジェネリックが国内認定薬..


baiagura-ed.png

バイアグラの特許が切れると言う事で、医薬品業界が色めき立っていると言う話が聞こえてきます。バイアグラの特許が満期を迎える事が意味するのは、ばいあぐらジェネリックが国内でも公認されると言う事。海外からのばいあぐら通販に頼ることなく、日本国内でバイアグラジェネリックが手に入ると言う事を意味するわけです。

今までの、成分特許を認めないインドなどの国で製造されたジェネリックのばいあぐらを海外から取り寄せる以外に、価格の安いバイアグラのジェネリック薬(http://www.istorejapan.biz/viagrageneric)を手にする事ができなかった状況が、一変すると言うわけなのです。


バイアグラジェネリックが特許満了後はED薬として処方


バイアグラの特許が満期を迎えると、日本の製薬会社が、バイアグラに含まれる有効成分シルデナフィルを含むED治療薬、ジェネリックのばいあぐらを製造販売できるようになります。実際に、その準備が着々と進んでいるとの事。海外から通販で取り寄せる手間をかけなくても、価格の安いジェネリックのバイアグラが国内で手に入るようになるというわけです。

そうなると、ばいあぐらジェネリックが国内で認定されたら、海外のばいあぐら通販を利用する人が激減するのではと思うのが普通なのですが、一部の製薬業界の人達はそうでもないだろうと見ていると言うのです。その根拠はどこにあるのでしょうか?

日本国内で、ばいあぐらジェネリックが認定されても、ブランド品バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルが含まれる薬ですから、泌尿器科や性クリニックなどの専門医によって処方される処方箋が必要な薬であることには変わりありません。同じ有効成分を含む、同じ用途の薬である以上、バイアグラは処方箋が必要なのに、バイアグラジェネリックは処方箋なしで購入できるというわけにはいかないからです。

実際に、ばいあぐら通販でバイアグラやばいあぐらジェネリックを購入する人が、その理由としてあげる事に、処方箋を提示する必要なくばいあぐらが手に入ると言うのが便利だからというのがあります。それを理由に、ばいあぐら通販を利用する人がかなりの割合でいるのだと言います。

日本国内で、ばいあぐらジェネリックが処方されるようになり、ブランド品よりも割安な価格でばいあぐらが処方されるようになったとしても、病院に行って診療は受けなくてはなりません。家から注文して、家に届くのを待つだけでいい、ばいあぐら通販のようなわけにはいかないという事。だから、今までばいあぐら通販でバイアグラジェネリックを利用した事のある人は、日本国内でばいあぐらジェネリックが認定された後も変わらずに、ばいあぐら通販を利用してゆく事になるだろうと想像ができるというのです。


各国のジェネリックバイアグラ


ばいあぐらの特許が満了後に世界の色々な国で、バイアグラジェネリックの製造が始まるであろう事は、一目瞭然です。日本国内でバイアグラジェネリックを入手する事もできるようになりますが、ばいあぐら通販を利用すれば、日本以外のいろんな国で製造されたばいあぐらジェネリックを利用する事も可能になるわけです。

バイアグラジェネリックを製造する製薬会社の価格競争が激しくなるだろうという事も、充分に考えられます。そうなると、ご自分の予算に合わせた価格のばいあぐらジェネリックを選ぶ選択もずいぶんと増える事になり、ばいあぐらでのED治療の窓口がもっと広がると言うわけです。

国内でバイアグラジェネリックが認定されてからでも、今までと変わらずに、ばいあぐら通販は利用され続けて行く事になるでしょう。とにかく、どんな時でも、大切なのは医薬品の品質ですね。バイアグラでも、国内で認定されたばいあぐらジェネリックでも、海外から取り寄せるバイアグラジェネリックでも、高品質の医薬品である事が一番大事です。医薬品の選択をする時は、価格だけにこだわらずに、その部分を忘れないようにしたいものです。

* バイアグラのジェネリックの種類は?


関連リンク