購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > 大阪でのバイアグラ処方現状

大阪でのバイアグラ処方現状


baiagura-ed.png

バイアグラとレビトラの人気に地域格差があるかどうかは、定かではありませんが、日本の首都圏である東京都周辺に負けないくらい関西でもバイアグラは、好まれて使われています。大阪市内でバイアグラを処方している施設は100を超えるとの情報もありますが、ちょっとその実体をみてみましょう。

* バイアグラとは。


大阪でED治療薬バイアグラやジェネリックを処方する病棟は


レビトラ、バイアグラを処方するのは、東京でもそうですが、大阪でも泌尿器科であればほとんどの医院で処方がされているようです。後は、内科。中では、美容外科での処方も行なわれているようです。もし、ジェネリックやバイアグラの処方をしてもらいたかったら、近くの泌尿器科の先生に電話をしてバイアグラの処方をしていることを確かめてから、予約を入れるのが一番確実な方法かもしれませんが、オンラインで予め確認することもできるようです。

大阪の医院の中で、独自のサイトを持っているところであれば、バイアグラの効果と処方について、詳しく紹介しているかもしれません。大阪市内であれば、家の近くというよりは、ちょっと家から離れたところでバイアグラを処方してもらいますと話す人もいるように、同じ町内の医院での処方よりは、少し離れた場所にある医院での処方を希望する人がある程度いるようです。公共の交通手段を利用すれば、少々離れた町の医院でも特には問題がなく、むしろ、その方が知った人に会うこともないからということなのでしょう。

総合病院での処方ももちろんされていますが、こじんまりとした個人医院でもバイアグラは処方されています。ただ、医院によっては、オンラインのホームページに「バイアグラ処方してます」とは、はっきり明記していない場合も結構あって、やはり、一度電話で確認してから受診するのが二度手間にならないで良いでしょう。


大阪のED薬バイアグラの価格と購入方法


大阪で処方されるバイアグラ、シリアスも東京で処方されるレビトラも、同じ製品であるので、購入価格も(通販で購入値段も)通常はそう変らないはず。バイアグラを処方する医院の価格設定は、その病院で初診料を取るのかとか、再診料がかかるのかとかで多少違っているようです。バイアグラの50rの1錠の値段を見ると、大阪の淀川区にある個人医院では、初診料なしで50rのバイアグラ1錠あたり1500円とあります。また、北区にある医院では、やはり初診料なしですがここでは50rのバイアグラが1錠2000円と紹介されていました。

大阪でも市内の中心部に近いところでは、土地代の関係からもあってか、やはりちょっと価格が高めになるのかなとも考えられますが、大阪市内からちょっと外れた地域にあるクリニックでは、バイアグラが50r1錠が1350円との説明で、初診料が5000円となっていたりしますから、値段設定は、医師に一任されているというのが現状なのでしょう。バイアグラには、健康保険が使えませんから、保険証を持参する必要がありませんね。全て実費での負担になります。ですから、下調べをよくして、可能な限り価格が安い医院での処方をと願いたいところではあります。

* 購入するバイアグラを


大阪の美容外科などで処方されるバイアグラ


なんでバイアグラが美容外科でと最初は思うかもしれません。美容外科と言えば、二重まぶたにしわとり、乳房の手術などがすぐに連想されます。どれも、女性が主に対象のもの。その様な大阪の病院ではほとんどの医院でEDの治療薬バイアグラが処方されているのです。

私たちが美容外科と言えば女性ばかりを対象と考えがちなこれらの医院では、これまでに包茎手術なども施されているので、それを思うと、バイアグラの処方は当然でしょう。でも、女性が何人も待っている待合室で、一緒に待つ男性の姿を連想するとちょっと居心地が悪そうですね。通販で家からバイアグラ、レビトラを注文する場合は、こんな場面も避ける事ができるので、そんな事を思うと通販が便利だなと思えてきますね。


関連リンク



ばいあぐらの処方後、最初の数回十分に効果がない事がある


ばいあぐらの処方を受ける方一人一人のEDの状況は皆違っています。ある男性は、若い頃から、中折れ気味でとか、十分に大きくならないような気がするとか、勃起はするけれどもその状態が満足行くものでないからという人、性行為は続けてきたけれども、それに若干の支障があるという人たちがいます。また、ある人は、EDの為にここ数年来全く性生活をできないで来たという人、性行為をしない期間が何年にも渡っている人たちがいます。

ばいあぐらの処方を受けるともちろん、勃起の機能が改善されるのですが、遠のいていた性行為への感覚、テクニックというようなものまでは、ばいあぐらが治療するわけではありません。それらは皆男性自身にかかっています。性行為のテクニックや、パートナーとの時間の過ごし方、二人の時間を満足行くものにするのは、勃起をサポートするばいあぐらの効果だけに頼るわけには行かないわけだからです。

性行為へのブランクの期間が長ければ長かったほど、例えば、パートナーとのちょっとした気持ちのやり取り、ベットの中での行為がスムーズに行かない事は十分に有り得ることなのだそうです。ばいあぐらが効いてきた感じを察知し、それとうまく気持ち(この場合は男性の性欲)のタイミングを合わせて、効果がある時間内(4時間ほど)に性行為をするということが、もしかしたら、最初の数回はうまく行かない事があるかもしれないからです。

ばいあぐらの処方を受けたら、1回目に効果がないからと、ばいあぐらが自分に効かないのだと判断するのは、早すぎるとファイザー社も話しています。大体5回〜8回くらいは、薬の効き方とそれに自分の心と体をあわせてゆくのに(薬に慣れるのに)数回の練習期間が必要だとの説明をしています。ですから、初回から100%効果を実感するというよりは、薬になれる期間が必要な場合もあるのだと理解しておくと良いのかもしれません。

* シアリスの効果がなかった時に考えられる5つの原因または理由


十分な性欲が処方箋ばいあぐらの効果をより引き出す


ばいあぐらを呑んだのに、1時間たっても2時間待っても全く勃起しなかった、全く何の変化も無かったということで初めてのお客様から苦情を言ってこられる場合があります。これは、薬に問題があるのではなくて、患者さんがばいあぐらの効果を勘違いしていてよくおこる問題です。この様な方は、ばいあぐらが薬を呑めば、自動的にジットしていても勃起が起こる勃起剤だと理解している場合が多く、それでこの様なことになるわけなのです。

処方を受けるばいあぐらは、勃起剤ではないですね。ばいあぐらが十分に働く為には性欲は必須条件。ばいあぐらを呑んでも性欲が沸いてこなければ、脳から勃起の指令が下されないので、せっかくの力を発揮できない事になります。ED治療薬ばいあぐらやシアリスの効果は、性欲の強さにも関係すると言われます。

もし、性欲が減退気味であると感じている人は、シアリスやバイアグラの処方を受けるとともに、サプリメントの精力剤などを利用するなどして、性欲、精力増強を平行して努力する事が願われます。せっかくの効果の高い薬も、性欲が十分にない事でその力を発揮できないことになるからだというわけです。

* ばいあぐらとお酒

ばいあぐらにしてもシアリスにしても、初回から十分な効果を感じると言う人よりは、2回目3回目と使っているうちに、だんだん効果が強く現れるようになったと言う方がよくいますから、薬の効果に慣れる、薬の使い方に慣れるために数回の試行錯誤が必要なことがあるのだと理解しておくと良いのだという事なわけですね。


ED治療薬とは


EDについて簡単に説明しますと、昔はいんぽてんつなどと呼ばれたりした男性の性機能障害である勃起不全症の事を指して言う言葉がEDです。このEDの治療に使われる薬がED治療薬です。EDの薬には、アメリカFDAから承認を受けている三大ED治療薬があります。アメリカファイザー社製のバイアグラ(成分「シルデナフィル」)、ドイツバイエル社製のレビトラ、アメリカイーライリリー社製のシアリスがそれです。

これらの薬の登場で、1錠呑むだけですぐにEDが改善するわけです。EDの治療期間がグンと短縮された事になります。これらのED薬の効果で男性の勃起不全症は、誰にでも気軽に治療できる事になったのです。


バイアグラの購入方法は


ばいあぐら(baiagura)の値段は通販サイトによってさまざまですが、安いものでは1錠1,000円程度で購入できるものさえあります。病院やクリニックで処方してもらうと1錠1,500-2,000円ほどになりますから、かなり安く購入できるということが分かります。1/2の値段で買えるというのは使用頻度の高い人にとってはかなり魅力的な値段です。ではばいあぐらの個人輸入通信販売サイトは安さ重視で選んでも問題ないのでしょうか?実は安さだけを見て決めるのは危険です。

偽物のばいあぐらを販売している通販サイトは数多くあるので、正規品を取り扱っているところかどうかを見極めるのは大切です。