購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > ばいあぐら処方  > ばいあぐらの処方を初めて

ばいあぐらの処方を初めて受ける...


購入する

baiagura-ed_image

若い頃のようにできなくなったと男性が、自分自身にEDの兆候を感じる年齢が、いったい何歳くらいだと思いますか? 60歳? 50歳? 実は50歳よりももっと若い年齢なのだそうです。EDの診察を初めて受けに来る男性の年齢が大体45歳前後であるという専門医の話からもわかるように、勃起の具合に変化を感じ始める年齢が45歳なのだということ。EDの始まる年齢が思ったより早いのだなということに最初は少し驚きました。これはつまり、言い換えるなら、ばいあぐらやシアリスなどの処方を初めて受ける男性の年齢が45歳前後に多いと言う事を意味することになります。ED薬の処方に関するコラムはこちら。


EDの症状はばいあぐらの処方


以前知り合いの45歳の男性から、ばいあぐらの処方を受けていると言う話を始めて聞いた時、それがとても意外に感じたことを記憶しています。何故なら、その男性は結婚して間がなく、見た感じも30歳半ばほどに見える人で、ばいあぐらなどとは、到底縁のない男性と感じたからです。その時に、45歳が男性のEDが始まる歳という泌尿器科の医師の話を思い出し、なるほどと頷いた記憶があります。

ばいあぐらやシアリスなどの処方は、通常泌尿器科の専門医などが行なっていますが、1998年のばいあぐら販売開始当初に、あるばいあぐらのセールスマンが、泌尿器科の先生から「45歳の男性をターゲットにするといいですよ」というアドバイスをもらったと言う話をしていました。そのドクターの所に勃起の不具合で始めて病院を訪れる男性の年齢が、おおよそこの45歳前後に集中していたからだということなのですが、45歳と言えば、昔なら中年と言っても構わなかったかもしれません。

でも今は45歳はまだまだ若く、中年と呼ぶにはまだ早い、どうかするとまだ青年のままの様な男性もいたりします。EDの兆候が始まるのは、50歳台でもなく、60歳台でもない、まだ若さの残るこの45歳前後だという事なのです。

45歳というその若さで、ED治療を受けるために、ばいあぐらやシアリスの処方を受けに病院を訪ねるのは、若干勇気がいることなのだそうです。なぜなら、その行動は、自分の男性としての不能を告白するようなものだからだと言います。しかし、諦めてしまうのには早すぎで、45歳と言えば、自分がEDであることをそのまま受け入れるのには、やはりちょっと無理があります。もう少し、せめて60歳の声を聞くくらいまでは、健全な状態でいたいと思うのが大体の男性の気持ちではないかと思うのです。


ばいあぐらの処方を受けることに、更に勇気


もし、あなたが45歳の健康で働き盛りの、EDの症状を持っていることなど、全く想像できないようなタイプの男性であるなら、ばいあぐらの処方を受けることに、更に勇気がいるかもしれません。男性のいわゆる面子の様なものがあります。できるなら、可能なら、密かに治療に取り組む事ができないだろうかと思うわけです。昼間の人通りの少ない時間に医院を訪ねるのもひとつの手段です。

住むところから遠い町まで行って、知っている人に見られないようにすると言うのも方法でしょう。家から利用できる通販があれば良いですが、ばいあぐらは基本的に処方箋薬です。日本国内では通販で扱われていません。そこで、海外からの通販が存在するわけなのです。

海外からの通販を利用すれば、処方箋が必要なばいあぐらやシアリスを購入、海外から取り寄せる事が可能です。国内の通販同様に、オンラインなどで普通に注文し、支払いも通常の通販と何ら変わりがありません。ただ、海外から荷物が届くので配達日数が少々長くなります。日本の様な翌日配達はありませんが、それでも1週間ほどで届くのが一般的、海外からのオンラインを通した通販でのばいあぐらの購入なら自分がEDである事に対して躊躇する事なく、ばいあぐらを手にする事ができるわけです。


関連リンク