購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラとシアリスとレビトラの通販と通関について

バイアグラとシアリスとレビトラの通販と通関について


ed-baiagura_image

通販という便利な方法で購入する事ができるED治療薬、バイアグラ、シアリス、レビトラですが、海外から航空便で送られてくる事になるこれらの医薬品は、海外から届いた品物ですから当然、日本の空港で税関を通過する必要があります。税関と聞くと、何かとても堅苦しい事を連想しないでしょうか。海外旅行に出かけた時に、タバコは何カートンだとか、酒類は何本までといろいろ細かい規制があったのを覚えていると思います。まさか、注文した本人が空港まで出向くなんて必要はでてこないでしょうが? 海外からED治療薬を通販する場合の通関はどの様になっているのでしょうか? 難しい事はないのでしょうか?


バイアグラなどのED治療薬の通販は税関で免税が効く?


海外のシアリス、レビトラ、バイアグラの入手方法である個人輸入という言葉をよくよく見てみると、海外から個人が何かを輸入するのだという事を意味している事がわかります。ここで多分大切になるのは、「個人」という意味になるでしょう。個人でなければ何になるのでしょうか。それは、団体であり、事業体であり、企業という事になるわけです。個人と企業を入れ替えて海外企業輸入ということで考えると、これは、企業が利益目的に品物を海外からある程度のまとまった量を輸入する事を指す事になりますね。つまり、商売目的、利益目的の輸入という事になるのです。

そこで、利益目的なら税金をかけますよという事になります。反対に利益目的でないなら、税金は免除しますよと言うのが早い話、海外個人輸入ということになるわけです。個人が使うので利益が生じませんから、そこまで厳しくしませんよという事なのでしょうか。海外旅行で日本に持ち帰る品物にも、個人が使う範囲という判断で、この品物は何個までといった免税範囲が定められているということなのです。反対に、個人が持ち帰ったとしても、ひとつの品物を大量に持ち帰る場合は、利益目的、商売目的と怪しまれることになるわけです。

それでは、バイアグラやレビトラ、シアリスを通販する時も、個人輸入をするのであれば、当然免税範囲が定められているはず、もし、それを超えて輸入するなら、転売などの利益目的と考えられ、通関する時に税金が課せられる事になるか、通関でストップされる事も考えられるわけです。そこで、個人輸入代行店がそこら辺の細かい調整をしてくれるのだと言います。

税金がかからないように一度に発送する医薬品の量を調整してくれるのだそうです。ですから、個人輸入である限り、ある程度の量までは、バイアグラもシアリスもレビトラも、税金がかからずに海外からの購入が可能になるというわけなのですが、そこの細かい調整を個人輸入代行店が、代行という言葉の如く個人に代わって行なってくれるわけです。

* シアリスとレビトラの通販のistorejapanのホームページへ


シアリス通販とバイアグラ通販とレビトラ通販などの通関は誰がするのか?


バイアグラやシアリス、レビトラを通販で購入した場合、これらの商品の通関は誰が行なうのでしょうか? 注文した本人が空港に呼び出されて通関に立ち会うなどといったことには、ならないのでしょうか?そこら辺の事がちょっと気になったりしませんか?もし、呼び出されたら大変です。でも、安心して下さい。海外個人輸入代行店に皆さんが注文したこれらのED治療薬、バイアグラ、シアリス、レビトラの場合、代行店と契約を結んである配送会社が空港で、荷物を受け取り、通関の世話をしてくれるのだそうです。ですから、注文した本人は、受け取りを希望する住所で待つだけで良いのだと。

バイアグラもシアリスもレビトラも通販する時は、空港で税関を通りますが、個人輸入代行店が空港での荷物の受け取り、通関まで全て代行してくれるというわけです。バイアグラ、シアリス、レビトラを通販のサイトで注文する時に、通販のお店の指示に従い、課税されない範囲で上手に海外からの個人輸入を行なえば良いというわけです。バイアグラ、シアリス、レビトラなどED治療薬通販が海外からだからといって、日本で通関させるときの事を、必要以上に心配することはないという事のようですね。


関連リンク