ホーム  > バイアグラ  > バイアグラ販売  > ばいあぐら販売の適正価格?

バイアグラ販売の適正価格?


バイアグラ販売の適正価格?

はたして、バイアグラ販売には、適正価格があるのでしょうか。この品物はこのくらいの値段で売ろうというように、小売店が独自に決めた値段設定、それがそのお店が決めたその商品の定価という事になります。定価は、卸値にお店の取り分を乗せて設定されているものです。他より高すぎては売れ行きが落ちます、かといって安すぎれば利益になりません。適正価格は簡単に言えばこんな感じで決まってくると考えればよいでしょう。

バイアグラでED治療をと考える時に、薬の価格は、大変重要な要件になりますね。なにしろ、このバイアグラ、よく効く薬ではありますが、価格の面で見るならば、どんなに安くても1錠が1000円をかるく越える現実からみても、安いと言える薬ではないからです。できるなら安く買えるに越した事はない、でも、あまり安すぎても大丈夫かなと心配になる、バイアグラ販売の適正価格があるならはたしてそれはいくらなのだろう。バイアグラでの治療を考える人には、何よりもの関心事になるわけです。


3種類あるバイアグラ販売の価格


バイアグラ販売の価格を考える時に、基本的な事を確認しましょう。まず、バイアグラの薬の種類です。バイアグラには、日本で販売される25mgと50mgに加え、海外で販売されている100mgの錠剤の3種類があります。このmgというのは、ED治療に効果のある有効成分シルデナフィルが1錠あたりにどのくらい含まれているかと言う数字の事です。

ですから、25mgのバイアグラには、1錠にシルデナフィルが25mg含まれているという事になります。100mgならシルデナフィルが25mgの4倍の100mg含まれているという事です。当然、薬の効き目はシルデナフィルが含まれる量でちがってきます。個人差はありますが、通常25mgよりも50mgが強く効き、50mgよりも100mgが薬が強いという事になります。

そして、1錠当たりの価格がこのシルデナフィルが含まれる量が多くなるほどに高くなっているのです。ですから、バイアグラを購入する時に、このお店のバイアグラは高いなと思ってよく確認したら、100rのバイアグラの値段だったという事になります。バイアグラの錠剤の種類によって、バイアグラには3段階の値段設定がある事を知っておきましょう。


日本での販売価格


日本のバイアグラ販売、つまり専門医などによって処方されるバイアグラの価格ですが、インターネットで調べてみたことがおありでしょうか。一度サーチしてみるとわかると思いますが、バイアグラの価格にはかなりのバラツキがある事がわかります。どうしてでしょうか。

バイアグラの、医院で紹介されている価格には、同じ50rの錠剤でも1錠が1600円ほどのところもあれば、1錠が2000円をはるかに越えるところもあります。そこで、オンラインに掲載されている説明をよく読んでみると、バイアグラ1錠が1600円だった医院は、初診料を取りますが、1錠が2000円をはるかに越える医院は、初診料も再診料も無料といったような説明が付いています。(実際に訪ねたわけではないので、事の真意は定かではありませんが…)

また、駅前のビルや、交通の便の良い場所にある医院は、もしかしたら土地代が高い分、診療費や薬代が高めになっているなんて事もあるのではないでしょうか。ですからこれらの点を、総合的に考えて判断すれば、日本では大体このくらいの価格が適正価格かなというのが見えてくることになるでしょう。


海外の販売価格


海外のバイアグラ販売に適正価格があるか…、これはちょっと難しい問題になってくるでしょう。バイアグラ販売の拠点がどの国かによって、バイアグラの価格は違ってくるはずです。日本までの送料ひとつ、人件費ひとつを取ってみても国ごとにかなりの違いがあるからです。海外でのバイアグラ販売を考える時に大切なのは、価格以上に信用といった問題がでてきます。目の前で医師に処方されるのではなく、バイアグラが海外から送られてくるわけですからね。海外からのバイアグラの購入の場合、ただ安いからだけ決めるのは、ちょっと考えものかもしれませんね。


関連リンク