ホーム  > バイアグラ  > バイアグラと食事の取り方

バイアグラと食事の取り方


baiagura-ed.png

  • 空腹時の服用が最も理想的
  • 食事後の服用は約3時間待ってから
  • 食事の前に服用するなら1時間以上前に
  • 服用するときには暴飲暴食は避けるとよい
  • 服用する時は、油っぽい食事を避ける

バイアグラがED治療効果の大変高い医薬品である事はよく知られています。何年来EDで悩み続けてきた方でも、最初の1錠から治療効果を見る事ができる薬です。手術や注射などの手間と時間のかかる手段を使う必要なく、病院への通院も必要ありません。薬を呑んだだけでEDがよくなるのと、最初は半信半疑だった方たちも、今では、数年来バイアグラを常用しておられる方が多くいらっしゃいます。

では、バイアグラが空腹時の服用が求められているように、バイアグラの場合も、食事の取り方を気をつけなければならないのでしょうか。その通りです。バイアグラの効果を十分に正しく得るためには、食事の取り方を気をつける必要のある薬です。

icon_arrow 関連コラム


空腹時の服用が最も理想的


バイアグラの有効成分は、バイアグラと同じシルデナフィルです。この成分は、服用した時に胃の中で胃の内容物と混ざってしまうと、体への吸収がグンと悪くなる事がわかっています。ですから、可能であれば、空腹時の服用が最も求められるわけです。もちろん、バイアグラをお腹がいっぱいの時に呑んだらいけないのではありません。満腹時に呑んだからと言って、体に何か悪影響があるわけではありません。ただ、せっかくのバイアグラのED治療効果を100%実感できない事になるからです。人によっては、満腹時に呑んでも効果があったよという方もいるでしょう。しかし、確実に効果を得るためには、バイアグラの服用は空腹時である方が理想的なわけです。

icon_arrow 関連コラム


食事後の服用は約3時間待ってから


バイアグラと食事の取り方

バイアグラを、食後に服用しなければならないとなったら、食後3時間は開けてから服用するようにすることです。これは、お腹の中の内容物がおおよそ消化されてしまうのが3時間かかると言う事からきた数字です。食事の内容によっては、この数字は多少前後することもあります。おかゆや、湯豆腐、そばや味噌汁といった消化の良い軽い食事、和風の油を使っていないメニューなら消化が早いですから、もう少し早い時点での服用が可能にはなるかと思います。

反対に、ステーキ、すき焼き、ハンバーグ、とんかつ、てんぷらに中華料理などの肉がメインになったもの、油をたくさん使った料理は、消化されるのに時間がかかります。個人個人の消化能力の差もありはしますが、胃腸が弱い方で、日頃から消化があまりよくない人になると、この様なヘビーな食事の後のバイアグラの服用は3時間開けたのでは十分でないという場合もでてくるでしょう。食後3時間と言うのは目安で、食事の内容や、お腹のすき具合などを見計らって、バイアグラができるだけ効率よく働けるよう服用するようにしたいものです。

icon_arrow 関連コラム


食事の前に服用するなら1時間以上前に


食事前のバイアグラの服用は1時間以上前とします。1時間過ぎれば、大体の成分が体内に吸収されてしまいますから、基本的にはお酒を飲んでも、何を食べても薬の効果に影響はない事になります。ただし、たくさんのお酒は考えものです。程度の過ぎた飲酒は、血管拡張作用で血の巡りがよくなった体を更に過剰に反応させる事も考えられます。バイアグラの効果がある時間にお酒をいただく時は、軽くひっかける程度に抑えておきたいところです。


関連リンク