購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラを使う時に心配な事

バイアグラを使う時に心配な事


バイアグラが効果のある薬である事は、だいたいご理解いただけていると思います。それでも、薬というものに普段からあまり縁のなかった方などにとっては、それでも気になる事が色々とあるでしょう。また、バイアグラが服用薬ということから、薬を呑んだ後の体調なども気になったりする方もおられるはずです。

* ED薬バイアグラ(ばいあぐら)について(コラム)


バイアグラで4時間も勃起した状態が続くのか。


バイアグラを使う時に心配な事

バイアグラを呑んでその効果持続時間が4時間ということを聞くと、最初にほとんどの人が持つ疑問がこの事のようです。効果が4時間持続する、つまり勃起した状態が4時間、4時間の間勃起した状態がずっと続くのだと思うわけです。実は、他ならぬ私自身もその様に考えてしまった1人です。しかし、それは間違いで、性欲を感じた時に勃起が起こり、性行為が終われば勃起も終了します。その後、また性欲を感じるようであれば、再度勃起が起こるといった具合になっています。決して4時間もの間勃起し続けるのではありませんから、心配しないで下さい。


バイアグラの副作用はどの程度か。


バイアグラは体内に取り込まれると、血管の緊張を緩め、つまり血管が拡張し広くなります。その中を流れる血液は当然一度に多くの量が流れますから、簡単に言えば血の巡りがよくなっている状態です。血の巡りがよくなれば例えば、お風呂上りにそうであるように、顔がほてったり、のぼせた感じを受ける事になる場合があります。バイアグラの副作用としてあげられるものは、この血流が改善される事で感じられる症状がほとんどです。中には、頭痛や動悸などとして感じられる人もいますが、仮にその様な症状が出たとしても、ほとんどの場合時間の経過と共に自然に治まります。バイアグラの服用を断念しなければならないような強い副作用の出る方は、ごく稀なはずですから、ご自身が健康で、バイアグラを服用するのに何ら支障のない方であれば、安心して使用していただけるはずです。


バイアグラをどのくらいの頻度で使用できるのか。


バイアグラは、24時間に1錠と定められています。バイアグラが必要な状況が毎日のようにおとずれる人は、毎日(24時間以上間隔をおいて)服用する事は可能です。また、ED予防の為に、バイアグラの有効成分の小さな錠剤、シルデナフィルの25mgのものを毎日服用する治療方法も、アメリカでは医師の手によって施される場合があると聞いています。ご本人の体調に合わせて、問題なければ毎日の服用も可能だという事です。


夫がバイアグラを使って、妻が妊娠しても大丈夫か。


バイアグラの成分は、夫が服用すれば夫の体の中で、血管拡張作用を起こし血流を改善し、陰茎が大きく硬く勃起する事ができるよう働きます。アメリカの不妊症の治療の現場では、女性の排卵に合わせて受精のタイミングを逃さない為に、男性が勃起不全症などで妊娠の機会になかなか恵まれない場合など、バイアグラを使用して性行為を容易にする手段が取られています。妊娠を助ける手段として、不妊治療の現場でバイアグラが使われているという事から見ても、夫がバイアグラを使って、妻が妊娠する時、薬の影響を心配する必要はないようです。


関連リンク