ホーム  > 処方せん不要の海外医薬品の個人輸入とは

医薬品の個人輸入とは


医薬品の個人輸入、注意点、処方せん不要どを案内しています。


医薬品の個人輸入とは


医薬品の個人輸入とは

個人輸入とは、読んで字の如く個人が輸入する事を指して言います。個人と言う意味は、団体や事業所、会社ではないという事を意味しています。個人で使う為であれば例えば国家間でかかる関税も免除して、少しの量なら持ち込んでも良いですよといった意味合いが含まれているのです。海外に旅行に行ったときに日本で買ったらもっと価格が張るはずのブランド品などを、一度に買える数は限られていますが、免税店でリーズナブルな価格で購入できますね。それも言ってみれば個人輸入という事になるわけです。海外医薬品も個人が使うものに限り個人輸入ができるのです。

医薬品は、病院でしか手に入らないと思っていませんか。専門医を探して薬を処方しているのかを確認し、予約を入れて時間を作り病院を訪ねるのが億劫で、治療を断念したりしていませんか。医薬品は海外から個人で輸入する事ができるのです。

個人輸入と聞くと何かとても難しいもののように感じませんか?輸入には制限がつきもの、税関も通さないといけないのに、いったい個人でどうしたらいいのだろう?そんな素朴な質問には、下の記事がためになります。個人輸入、難しくないよということがわかりやすい説明で掲載されています。

個人輸入代行通販サイトはどんなシステム

薬が必要だとします。海外医薬品の個人輸入代行のサイトから、医薬品のページを探し、示された数量から適当なものを選んで注文しますが、普通これらの行程は全てオンライン上で行われる事になります。つまり、人と顔を合わせる必要がありません。支払いもオンライン上で処理されますが、銀行振り込みや現金引換えなどのオプションもあって、選択の余地があります。個人代行店がお客様の注文を製品の販売元に連絡し、そこから直接お客様に送られるのが個人輸入代行の基本的なシステムです。海外の事情に詳しい人に代わりにお買い物をしてもらうと言う感覚なわけです。


個人輸入でしてはいけない注意点


個人輸入は誰にでもできるのは、間違いありませんが。処方箋薬である薬品は、正しく使われなければなりません。薬通販で個人輸入購入する時にしてはいけない事は次のようなことです。

  • 他人に譲渡する
  • 個人輸入薬で利益を得る
  • 医師の診察を受けずに個人輸入する

輸入代行で購入した医薬品を他人に譲渡(販売)する

個人が個人で使うから許される薬の個人輸入、効果や副作用、注意事項をよく理解して、個人の責任で使うのが条件です。よく効く薬だと、親切心で友達に1錠使ってみたらとあげるのは、ちょっと考えものです。もし、その医薬品で稀とはいえ知人に何らかの問題が生じた時に、あなたが責任を持てないからです。

医師の診察を受けずに個人輸入する

海外から薬を個人輸入する時は、医師の処方箋を示す必要がありません。はっきり言ってしまえば、医師の診察を受けないで、個人が個人の判断で購入する事ができる医薬品なわけです。しかし、処方箋薬は薬の使い方や注意事項を知らない人が、よく効くらしいという安易な気持ちで購入する事は避けるべきです。処方箋薬には、一緒に服用しては問題となる禁忌薬もあります。ご本人に有効かどうかも前もって知るべきです。一度医師の診察を受けて、薬での治療が自分に合っている事を確認してから海外医薬品を個人輸入する事を是非お勧めします。

個人輸入での利益を得る

個人輸入で薬品が簡単に手に入るとからと、例えば大量にバイアグラを安く購入してそれを高く転売して利益を得るのは認められません。薬を個人輸入できるのは個人だけです。お店や事業所、会社が個人輸入した医薬品を使ってビジネスをするのは違法です。受取人が個人でなかったり、住所が会社の住所だったり、あまりにも頻繁に大量に同じ薬を輸入していると通関でとめられる事があるのは、利益目的の輸入ではないかと疑われての事からです。