購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラの個人輸入  > バイアグラの個人輸入でしてはいけない事

バイアグラの個人輸入でしてはいけない事について


バイアグラの個人輸入でしてはいけない事について

  1. 輸入代行のバイアグラを他人に譲渡する
  2. 輸入代行のバイアグラで利益を得る
  3. 医師の診察を受けずにバイアグラを個人輸入する

バイアグラの個人輸入は誰にでもできるのは、間違いありませんが。処方箋薬である医薬品のバイアグラは、正しく使われなければなりません。個人輸入でバイアグラを購入する時にしてはいけない事は次のようなことです。


1.バイアグラ輸入代行で購入したバイアグラを他人に譲渡(販売)する


個人が個人で使うから許されるバイアグラの個人輸入、効果や副作用、注意事項をよく理解して、個人が個人の責任で使うのが条件です。よく効く薬だと、親切心で友達に1錠使ってみたらとあげるのは、ちょっと考えものです。もし、そのバイアグラで稀とはいえ知人に何らかの問題が生じた時に、あなたが責任を持てないからです。


2.医師の診察を受けずに個人輸入する


海外からバイアグラを個人輸入する時は、医師の処方箋を示す必要がありません。はっきり言ってしまえば、医師の診察を受けないで、個人が個人の判断で購入する事ができる薬なわけです。しかし、バイアグラは処方箋薬、薬の使い方や注意事項を知らない人が、バイアグラはよく効くらしいという安易な気持ちで購入する事は避けるべきです。バイアグラには、一緒に服用しては問題となる禁忌薬もあります。ご本人のEDにバイアグラが有効かどうかも前もって知るべきです。一度医師の診察を受けて、バイアグラでの治療が自分に合っている事を確認してからバイアグラを個人輸入する事を是非お勧めします。


3.バイアグラ個人輸入での利益を得る


個人輸入でバイアグラが簡単に手に入るとからと、例えば大量に安く購入してそれを高く転売して利益を得るのは認められません。バイアグラを個人輸入できるのは個人だけです。お店や事業所、会社が個人輸入したバイアグラを使ってビジネスをするのは違法です。受取人が個人でなかったり、住所が会社の住所だったり、あまりにも頻繁に同じ個人が大量に同じ商品を輸入していると通関でとめられる事があるのは、利益目的の輸入ではないかと疑われての事からです。