購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラ効果  > バイアグラの効果がうける誤解について

バイアグラの効果がうける誤解について


バイアグラの効果

男性の性機能障害のひとつ、性行為を行うに十分な陰茎の勃起が得られなくなる症状、勃起不全症を治療する薬バイアグラの名前は、誰でもよく知っています。アメリカで販売が始まった1998年当事に、アメリカのニュースをずいぶん騒がせた名前です。新聞でも何回も取り上げられました。その当事もかなりでしたが、今でもテレビのトークショーで時々名前が出てきます。ずいぶん有名な薬になってしまったばいあぐらですが、薬の効果については、名前ほどには、知られていないといった状況があるようです。むしろ、極端に誇張された話題の方が先行してしまって、ばいあぐらの効果の時間を最大限に引き出す為に知っておくべき4つの事、誤った理解をしている人も実は、結構いたりします。


知っておくべきばいあぐらの効果


  • バイアグラは1錠の薬を性行為の1時間前に服用して効果を得る薬
  • 効果が必要なときにその都度服用する必要がある
  • 効果でEDが完治するのではない
  • 効果持続時間は約4時間ほどである
  • 効果がある時間中継続して勃起しているのではない
  • バイアグラは性欲が起こらなければ効果を見る事ができない

バイアグラは効果が必要なときにその都度服用する必要がある


バイアグラは、ED治療薬ではありますが、例えばある一定期間服用を続ければEDの症状が完治するというタイプのものではありません。>有効成分のシルデナフィルが体内に残っている時間内に、陰茎周辺の血流を改善し、勃起をサポートする事ができる薬です。シルデナフィルは、老化したり弱くなって弾力がなくなり、血液を十分に循環させることのできない血管の環境を、一時的に改善する薬です。たしかに、EDになってあまり期間のたっていない方が、バイアグラを続けて歩半に使用した場合、EDの症状が以前より改善したという話は聞きます。また、アメリカでは、バイアグラの25mgの一番穏やかな効果の錠剤を毎日服用する事で、ED予防を期待できることから、その様な目的の処方をしている医師がいるとはいいますが、一旦EDに罹患した方が、バイアグラの効果で完治したと言う話は、まだ聞こえてきません。バイアグラの効果は、薬を呑んだ後の数時間に限って認められる薬です。短い時間ではあるかもしれませんが、その効果はかなりの高さだと評価を受けています。


バイアグラの効果がある時間中継続して勃起しているのではない


バイアグラの効果持続時間が4時間と聞いて、4時間も勃起が続いたのでは、大変だと心配する人がいます。もし実際に4時間も勃起が続いたら、男性の陰茎は、何らかの損傷を受ける可能性もでて来ますから、大変な事になりかねません。ですが、バイアグラの効果で一旦陰茎が勃起したとしても、性行為が終われば(射精が終われば)陰茎はもとの状態、普通の状態に戻ります。

そして、効果が残っている時間内であれば、再度勃起が促されれば、複数回の性行為も可能になるという事です。効果持続時間内に継続して勃起しているのではないので、心配しないでください。仮に、勃起が4時間以上継続するような場合があれば、その時は、そのままにしておくと危険ですから、緊急処置が必要になります。


バイアグラは性欲が起こらなければ効果を見る事ができない


* 環境保護とバイアグラ

バイアグラの効果でもっとも誤解されやすい部分が、この性欲の問題です。バイアグラは、性欲を起こさせると考える人がいますが、正確にはそれは間違っている事になるでしょう。バイアグラを呑んだからといって気持ちムラムラしてくる事はありません。勃起が自然に起こる事にもなりません。性欲は男性自身が感じなければならず、もし、バイアグラの効果持続時間内に性欲が起こらなければ、勃起も誘発されません。バイアグラの効果を見る事ができない事になるのです。性欲減退気味の方は、バイアグラと平行して精力剤を利用するなどの努力が必要になってくるでしょう。


関連リンク