ホーム  > アイストアジャパンニュースコラム  > ばいあぐら薬価と健康保険

バイアグラの薬価と健康保険について


img_254

  • バイアグラは保険が効かない薬(薬の価格を全額個人が払う)

世界のいろいろな国の中で日本は、保険の仕組みが、よく整えられている国のひとつに数えられると思います。国民健康保険があり、病気をしたり、怪我をした時に、医師の治療費や、病院での入院費を保険でいくらかでもカバーする事ができます。

これらの代金を全額払っていたのでは、私たちの暮らしは成り立たないと言ってもいいくらい、医療界のすべての価格は、私たちの生活とアンバランスなくらい高価です。バイアグラなどの医薬品も、保険でカバーされるものとそうでないものがあります。残念ながらバイアグラは、日本国内では、健康保険がきかない薬となっています。患者さんは、薬の価格を全額自己負担で購入しなければならないのです。


バイアグラの薬価とアメリカの健康保険


アメリカは、医療技術の進んだ国との認識があるかと思います。病院の設備は確かによく整っていて、そこに従事する医師や看護士も、よく訓練されています。医薬品の分野でも、バイアグラのファイザー社、シアリスのイーライリリー社など、世界に知られる医薬品会社が何社もある国です。アメリカの医療の価格はどうでしょうか。アメリカは先進国でありながらなんと、国民健康保険の制度が、確立していない国です。

ですから、会社勤めをしている人は、日本と同じ様に会社で健康保険に入ることができますが、自営業の人は、自分で大変高い月の支払いをしながら個人で保険に入るか、最初から入らないで、医療費を全額自己負担して生活するかとなります。バイアグラなどの薬も、保険が効くものと効かないものが当然あって、保険が効けば、たとえ高い薬でも、医師が処方箋を書いて、この患者に必要な薬となればその価格がかなりカバーされる事になります。

ED治療目的で購入するバイアグラは、基本的には保険の対処外となっています。バイアグラ価格は、アメリカでも決して安い薬の部類には、入りません。確かに、薬の中には、バイアグラよりももっと価格の高いものがありますが、ある一定期間の治療目的で使われる薬が高いのは、ある意味仕方がないと納得して高い出費にも目をつむる事ができるでしょう。

バイアグラの場合は、EDを完治させるのではなく、1錠を呑んだその都度症状を改善させる薬である以上、何年にも渡る長期使用になるケースが多いはずです。バイアグラが必要な人にとって、バイアグラの薬価は、たとえ1ドル2ドルでも安いものをと考えるのが当然です。そこで、アメリカでもよく利用されているのが、海外からのバイアグラの個人輸入です。個人輸入で販売されるバイアグラのジェネリックの価格は、同じ効果で低価格となっているからです。

バイアグラの効き目も気になりますが、値段も心配ですね。むやみに高い値段で買わされはしないか、安いからといって安心していいのかなど気になりだしたらきりがないですね。この記事以外にもバイアグラの値段を扱ったコラム、バイアグラ正規品とジェネリック価格比較があります。合わせてご覧になってはいかがでしょうか。


バイアグラの価格と日本の健康保険


  • 海外個人輸入を利用して、バイアグラの価格を抑える事が可能

日本でも、バイアグラは保険の効かない薬です。病院が示す価格を全額自己負担で購入する事になります。診察料もありますね。病院までの交通費やその為に費やす時間もあるでしょう。そんなコストまで換算すると、日本でバイアグラを手にする事が簡単ではなくなってきます。使う頻度によって薬の出費に個人差が出てはきますが、バイアグラの1ヶ月の薬代が1万円、2万円となる人だっているはずです。

薬代をセーブしようと2回の性行為のうち1回だけバイアグラを使う、という事にはなりにくいでしょう。また、1週間に3回だった性行為を1回にして薬代をセーブというのも辛いものがあります。そこで、バイアグラの薬価を抑える方法として、日本でも最近よく利用されるのが、海外からの個人輸入代行を利用したバイアグラの購入方法なのです。