購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラ価格  > ばいあぐらの値段(日本国内)

ばいあぐらの値段(日本国内)について

コラム作成日:2015年7月

ばいあぐらの値段

ばいあぐらは値段が安くない薬。男性は、社会の中で主体的な立場で仕事をすることが多いですが、勤め先だけではなく、家庭の中においても、主人と言う事が現すように、主の立場の父親であり、夫であるわけです。男性の自信というものは、そんな中で同僚や、家族に認められながら、養われていくものです。男性の自信を話題にする時に、無視できない問題が、夫婦の関係ですが、いつまでも元気で若々しく、妻を常に喜ばせる事ができるそんな存在であり続けたいと、男性なら誰でも思う事でしょう。EDの問題は、そんな男性にとっては大変深刻な問題となってきます。そんな男性達を救ったED治療薬のばいあぐらは、1錠でEDの症状を治療する薬で知られますが、また、一方では値段が安くない薬としても知られています。

メーカー希望小売価格の様なものがあるはずなのに、インターネットでばいあぐらを検索すると、ばいあぐらを扱っている病院や地域によって、為替の影響もあるのかもしれませんが、価格にかなりの変動があるのが、わかるはずです。ばいあぐらは、値段の安い薬ではありません。しかし、何を基準に安い、高いとするかです。「1錠が100円や200円で買える薬は安い」とはたして言えるかという問題です。

100円200円で買える薬を使って、全く効果がなかったとしたら、100円200円は捨てたも同じ事になります。無駄と言う事です。しかし、500円払って思ったとおりの効果が得られたとしたら、その500円は効果的に使われた事になります。値段だけを見れば、100円で買える薬のほうが、当然安いのですが、安物買いの銭失いとなってしまいます。

では、無条件に値段の高い薬が良いかというと、決してそうも言い切れません。価格の安い薬にも、効き目の高い良い薬はたくさんあります。ばいあぐらの場合はどうでしょうか。その薬でなければ治療できない症状があって、その薬を使ったら驚くほど効き目があるのであるなら、その薬を必要な人にとっては、薬の値段は2の次と言う事になるわけです。ばいあぐらが、そんな薬のひとつなのではないでしょうか。

バイアグラシアリスレビトラの値段がどんなに安くても1錠が1000円を下る事はありません。2000円近いところもあります。医師が処方する日本のばいあぐらの値段には、実際の薬の価格の他に診察料やら何やらが課せられる場合もあるようです。例えば、初診料無料とうたいながら、薬の値段がそうでないところよりも高かったりする事などです。

また、地価の高い駅前などに位置する病院で扱われるばいあぐらが少し高かったりする事もあるかもしれません。また、家の近くにある病院でばいあぐらを手に入れれるなら、時間や交通費もかからず、そういった意味ではお得で便利ではあります。

ばいあぐらはまた、錠剤の有効成分シルデナフィルの量が多くなると、値段も少しづつ高くなりますが、だからと言って、ばいあぐらの25mgが1錠1300円だとしたら、50mgはその2倍だから2600円とはならないですね。数百円の違いくらいです。つまり、薬の効き目で考えたら、25mgの錠剤よりも50mgの錠剤を使ったほうが、得をした事になります。ばいあぐらには、海外にシルデナフィル100mgの錠剤がある事は知られています。残念ながら、日本国内では入手が困難な薬ですが、この100mgのばいあぐらを仮に日本で入手できるとしたら、やはり価格は50mgの2倍にはならないはずです。

バイアグラは、1錠や2錠使ってお終いとなる薬ではないですね。毎回の性行為のたびに使う事になる方もいらっしゃるでしょう。1週間に2回のペースでばいあぐらを使うなら、仮に1錠が1300円としたら、1ヶ月の薬代は、1万円を越える事になります。

そんな人にとっては、ばいあぐらの1錠の値段がいくらなのかは、重要になってきます。少しでも、安いばいあぐらを手に入れようとなるでしょう。海外から入手できるばいあぐらの値段は、送料込みであったり、また、支払方法などによっては手数料がかかる場合があるとは言え、一度に多く注文すると1錠当たりの値段がかなりお得になるので、日本で入手するよりも割安になります。また、ばいあぐらジェネリックを使用すると、1錠当たりの値段はぐんと安くなりますから、薬代のセーブにつながります。


日本でのばいあぐらのおよその販売価格比較


  • 100r錠…日本では扱われていない
  • 50r錠…1錠当たり約1400〜1800円
  • 25r錠…1錠当たり約1200〜1600円

病院によってバイアグラの値段は定まっていない


バイアグラは、アメリカのファイザー社が製造している薬です。バイアグラにも他の医薬品同様、一応は製造元が定めた販売価格があるはずです。しかし、実際に医師を訪ねて処方してもらう時、病院によって価格はいろいろである事がわかります。

近場で診察を受けにいける範囲内にある病院やクリニックの中から、交通費やかかる時間などを考えて、どの医院が良いかを考える時に、バイアグラの値段も頭の中に入れて考えます。例えば、駅前の便利なところにあるクリニックのバイアグラの値段は少々高めで、駅から遠いちょっと不便なところにあるクリニックのバイアグラの値段が安かったりすると、時間を取るか、価格を取るかでどの医院にするかが決まるわけです。ed薬を病院で処方に関するコラムは→ed薬を病院で処方してもらう以外の購入方法は?を参照してください。


価格に含まれるもの


医院で処方されるバイアグラの値段に、薬の価格以外に含まれるものがあるのでしょうか。バイアグラの価格のばらつきから考えると、薬の価格以外にも含まれているものがあるだろうという事は、想像がつきます。バイアグラの値段が他に比べて高めだなと思うクリニックの場合、例えば初診料がどうなっているかを見てみます。初診料が無料だけどバイアグラの値段は高めという場合、薬の価格に初診料が含まれていると言うふうにみて良いでしょう。

反対に、バイアグラの値段が安いクリニックの場合、初診料を別途払わなければならないところもあったりしますから、そこらへんを確認する必要があるでしょう。また、病院によっては、2回目からの診察料が無料だったり、また有料だったりと色々です。先にあげた、病院までの交通費や通う時間なども考えれば、バイアグラの価格が安いか高いかは、バイアグラ値段を見ただけでは判断できない事になるわけです。


日本国内で販売されているバイアグラの値段を個人輸入代行と比較


日本国内で販売されているバイアグラの値段を輸入代行と比較する時に考える事は次のとおりです。

  • 値段が他より安くても初診料を払うようになっていないか
  • 値段が高くても、初診料や再診料が無料となっていないか
  • バイアグラ値段が少々高くても病院が便利な場所にあれば一考する
  • 25mgよりも50mgのバイアグラの価格は少し高くなっている

バイアグラの個人輸入代行値段の詳細はこちら→輸入代行店によってバイアグラ値段は色々を参照してください。


関連リンク