ホーム  > アイストアジャパンニュースコラム  > シルデナフィルのメカニズムと作用

シルデナフィルとは世界的なファイザー社で有名なED治療薬バイアグラの効果の成分です


シルデナフィルは、バイアグラの有効成分として世界的にも有名な薬のひとつに数えられる医薬品成分です。薬を服用するだけという画期的な方法で、勃起不全治療を大きく進化させた薬との評価を受ける事になりました。


勃起不全の改善を大きく進化させたED治療薬


シルデナフィルクの誕生の秘密

  • バイアグラとバイアグラジェネリックの有効成分
  • 血管拡張作用がある成分
  • 世界で始めての服用タイプのED治療成分(薬)

誕生の秘密

今でこそ有名なシルデナフィルクエン酸塩は、当初は全く違った病気の医薬品としての開発がされていた成分でした。この薬の血管拡張作用を利用して狭心症の治療への効果を研究していた時に、この成分にED治療効果がある事が偶然に発見されたと言うのです。臨床試験の途中で、本来の目的である狭心症に対する治療効果よりも、男性の勃起不全症を改善する効果が、臨床試験中の男性患者に顕著に見られた為、急きょ研究の方向を変えて、ED治療薬としてのシルデナフィルが生まれたのだと製造元のファイザー社は説明しています。

ED治療薬バイアグラとして製品化

そんな形で、偶然の発見で誕生した服用タイプのED治療薬は、バイアグラと名づけられます。ファイザー社としては、世界で初めてとなる服用タイプのED治療薬に、発売当初はそれ程の期待をかけていなかったと言います。1998年の話です。ところが発売間もなく、ファイザー社のその予想が、大きく間違っていた事がわかる事になります。シルデナフィルを有効成分に持つバイアグラの販売は、うなぎのぼりに上昇、その年の話題を総なめにしたと言うと少々大げさではありますが、それくらい発売当初の世界のバイアグラの購入に対する関心は、大きかったのです。

錠剤の種類

  • 100mg…一番強い薬
  • 50mg…中間の強さの薬
  • 25mg…一番おだやかの効果の薬

バイアグラジェネリック登場以前のED治療

バイアグラやシルデナフィルがこの世に出るまでの勃起不全に対する治療は、かなり複雑なものでした。もちろん個人での治療は難しく、医師に相談しながら通院を続け、また、外科的療法や注射などの苦痛が伴うものでした。何よりも、男性にとっては大変パーソナルな問題でしたから医師へ相談することすらできずにあきらめる方も少なくなかったはずです。

アメリカFDA承認済み

シルデナフィルは、服用タイプの錠剤です。アメリカではFDAの承認も受けており、効果や副作用、安全面においても安心して使用していただけます。発売当初は心臓発作を併発する可能性など否定的なニュースも取り上げられたりしましたが、特別な健康状態をもつごく一部の方を除けばその心配もない事がわかっています。

評価と比較について

シルデナフィルの発見は、それまでの手術や定期的な注射などが主流であったED治療を大きく変える事になります。苦労をして治療に通っても、思い切って手術をしても思ったほどの結果に結びつかなかったり、また、何よりも男性にとっては気軽に病院に足を運びにくい部分の症状でもあり、ED治療に踏み切る人が罹患者のほんのごく一部の男性であったと言います。それが、1錠を服用するだけでいいと言う、しかも、かなりの確率で症状が治ると言う事や、何年来のEDに対しても驚くほどの効果があると言う口コミなどが広がり、うわさは人の口から口を伝わり、マスコミでも始終バイアグラの事が話題に取り上げられるなどしながら、その評判を広げて行く事になります。

シルデナフィル成分で作られたED治療薬

化学情報

  • 化学情報表は→ (表) シルデナフィル塩の化学情報

効果について


シルデナフィルのメカニズムと作用

シルデナフィルは、ファイザー社が販売するバイアグラの有効成分、血管拡張作用があるのが特徴です。血管障害が主な原因であると言われる男性の勃起不全症を、血管拡張作用による血流の改善で、高い確率で治療する事ができる薬です。EDが治療される事で不能だった方が可能となり、中折れや弱い勃起で充分に満足できなかった性生活からの喜びも倍増するという嬉しい効果が期待できる薬です。カマグラも同じ効果を期待できる薬です。購入についてはこのサイトのカテゴリー一覧を参照してください。


呑み方について


シルデナフィルは錠剤です。ブルーダイヤモンドと言われるように、錠剤は青いひし形をしています。薬には有効成分の含まれる量で3種類の強さがあり、錠剤のサイズも成分の量に合わせ、少しずつ大きくなっています。一般的に成分の量が増えれば治療効果は強くなりますが、その度合い、効果の具合には個人差があります。

服用する時は、1錠を水などと一緒に噛まずに飲み込みます。毎日決まった時間に服用して症状を改善する薬ではありません。性行為の1時間前に服用して効果を得る薬です。薬の効果は、服用後1時間ほどで現れ、4時間ほど続きます。4時間ほど続くと言っても、4時間ずっと勃起が継続するのではなく、射精とともに勃起は終了しますが、もし、再び性的刺激が起こった場合は、すぐにでも同様の勃起が可能になります。4時間の中で刺激に合わせて通常、複数回の勃起が可能になるとのことです。服用時に気をつける事は、食事との間隔です。食事後すぐの服用は薬の効果を弱めます。空腹時の服用を心がけ、食事前なら1時間前、食事後なら3時間過ぎて服用するようにします。


副作用について


シルデナフィルクエン酸塩の副作用については、色々と言われてはいますが、全ての人に必ず出るのではありません。また、心臓発作の危険性についても、禁忌薬との関係で説明されていますので、禁忌薬の併用を気をつければ特に心配ありません。副作用は、ある意味、血管拡張作用の副産物の様なもので、多くの場合が、出たとしてもほとんど気にならない程度のようです。ごく一部の人に、頭痛や顔のほてり、鼻つまり、めまいなどが感じられるようです。