購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラの個人輸入

バイアグラ個人輸入代行を利用する5つの利点


バイアグラ輸入代行

  1. 日本ではない100mgのバイアグラを購入できる、詳細は→本物のバイアグラの通販とは?
  2. バイアグラ輸入代行は居ながらにしてバイアグラを手にする事ができる
  3. 誰にも知られずにバイアグラを手にする事ができる
  4. バイアグラ個人輸入代行ではほとんどの場合バイアグラ価格が日本より割安になる
  5. ジェネリックバイアグラも購入できる

男性の性機能障害でありED治療薬と略して呼ばれる勃起不全症、原因はいろいろです。発現する年齢には個人差がありはしますが、男性ならいつかは向かい合わなければならない症状。そのEDを手術などの手段を使わず、また、通院を必要とせず治療する薬がバイアグラです。1錠を性行為の前に服用すれば、その後数時間に渡ってED治療薬の症状を改善するバイアグラ(baiagura)は、日本では処方箋薬ですが、海外からバイアグラを輸入代行(バイアグラ輸入代行)する事もできます。

日本でも入手できるバイアグラをわざわざ手間をかけて海外から取り寄せる方が多くおられるのには、やはりそれなりの理由があります。バイアグラ輸入代行を利用する利点について考えてみます。

バイアグラ輸入代行を利用する利点は、まず、バイアグラの最も効き目の強い薬シルデナフィルを100mg含むバイアグラの錠剤を購入できる点です。日本で処方される50mgのバイアグラの2倍の有効成分を含みますから、効果もかなり期待できるはずです。日本で50mgのバイアグラを利用した事のある方で、もっと強い効果を求める方は、輸入代行で100mgのバイアグラを購入すると良いのです。また、もうひとつのバイアグラ輸入代行の利点として、自宅に居ながらにしてバイアグラを手にする事ができる便利さです。とくに近くに専門医院がなくて、処方を受けるのに遠方まで出向かないといけない方、また、会社勤めが忙しく医師を訪ねる時間がなかなか取れない方にもバイアグラ輸入代行はよく利用されています。また、輸入代行を利用する理由に誰にも知られずにバイアグラを手に入れる事ができるのでと言う方もいます。できれば、バイアグラを使っている事を内緒にしたいという事なのでしょう。海外からのバイアグラ輸入代行を利用する時は、処方箋の提示が求められませんので、注文のたびに医師を訪ねて処方箋を出してもらう必要もないので便利です。


バイアグラの個人輸入について


バイアグラは、日本でも入手できる薬です。泌尿器科などの専門医のいる病院に出向けば、ほとんどのところで処方してくれるはずです。それなのに、わざわざ手間をかけて海外からバイアグラを輸入する人がいて、バイアグラ輸入代行の会社が実際に数多く存在するのです。

バイアグラの輸入は、実際にされています

例えば、日本で開業している専門医のサイトなどを見てみると、日本では手に入らない薬を海外から個人輸入する事についてふれている先生がいるのを見て分かる様に、病気の治療の為に必要な薬が海外にあるものの方がその人に有効であると考えられる場合、日本では手に入らないので個人が海外から取り寄せる事が実際あります。それが医薬品などの輸入になるのであり、それを個人に代わって行ってくれるのが個人輸入代行の会社だというわけです。輸入代行を使って実際にたくさんの方が既にバイアグラを輸入して利用しておられます。バイアグラ(baiagura)に限らず色々な製品、医薬品などが輸入代行を通して日本国内に持ち込まれています。

個人輸入代行バイアグラの種類

海外から輸入できるバイアグラには、日本では手に入りにくい100mgの錠剤があります。輸入できるバイアグラは日本で処方してもらえるバイアグラと同じ25mgと50mgの錠剤にこの100mgの錠剤が加わった3種類が輸入できるブランド品のバイアグラです。この他に、バイアグラのジェネリック(後発医薬品)であるシルデナフィル錠も輸入する事ができます。

輸入代行できるばいあぐらの種類

  • ばいあぐら100mg
  • ばいあぐら50mg
  • ばいあぐら25mg
  • ジェネリックのばいあぐら(各種)

バイアグラは日本では処方箋が必要

日本でのバイアグラは、処方箋薬です。スーパーや薬局などで普通に販売の棚に並んでいる薬ではありません。薬局のカウンターで「バイアグラを下さい」と言って売ってもらえる薬でもありません。日本では泌尿器科や性専門の医師の診察を受けなければ、普通は手にいれる事のできない薬がバイアグラです。また、日本で扱われるバイアグラは25rと50rの2種類となっていて、海外で流通している100rのバイアグラは、処方してはもらえない事になっています。


バイアグラの個人輸入代行は違法ではありません


バイアグラを輸入しても大丈夫なのですか、医薬品を持ち込んでもいいのでしょうか、と気になる方もいるでしょう。大麻所持で空港で捕まった有名人の話はニュースで聞いた事はあっても、バイアグラ所持で捕まった人のニュースは聞かないですよね。バイアグラが人に危険な劇薬でない限り税関で取り上げられるような事はまずないので心配しないで下さい。バイアグラに限らず他の薬でも同様です。薬は、人の健康を維持し、病気を治療するのに必要なもの。病気を持っている方が薬を持参して海外を行き来するケースはたくさんあります。そう考えればバイアグラの個人輸入が理解できると思います。


購入はインターネットで


個人輸入をしたい時は、インターネット上でばいあぐらの個人輸入代行をしているお店を探します。コンピューターから注文する事ができますから、週7日24時間営業のお店です。自分の都合の良い時間に、暇を見つけて注文ができます。わざわざ、自分から出向く必要はありません。品物が届くのも、希望した住所まで届けてくれますから、注文した後は、1週間ほどして届く品物を待てばよい事になります。代金の支払いもカードでなら注文の時点で同時に終了します。この様に考えると、個人輸入は大変手間要らずである事がわかります。


バイアグラ輸入代行業者は何処に..


バイアグラ輸入代行は何処で頼めばいいのか。インターネットのサイトの中から信頼できると思ったお店を見つけて注文しますが、初めて注文する時は、少しの量を頼んでみて、ちゃんと注文した通りの品物が届くのを確認し、届いたバイアグラ(baiagura)をよく観察して、大丈夫だと思ったら次回からは、必要な量を注文したら良いのです。なぜかと言いますと、偽造品を販売するサイトなどが存在するという話が実際にあります。それに安い買い物をするわけではありませんし、体に取り込む医薬品ですから、念には念を入れて購入しましょう。もし、安心できるバイアグラ輸入代行をというのでしたら、医療の先進国でありバイアグラの本場でもあるアメリカ発の輸入代行店をお薦めします。


バイアグラの個人輸入に関するQ&A


個人輸入でED治療薬を注文して届くまでに何日かかる?

バイアグラの輸入代行値段は、

バイアグラの価格は、一般的な薬の値段から考えるなら高くもなくまた安くもない薬といったところではないかと思います。しかし、高い確率で現れるバイアグラの効果を考えるなら、ただ値段が高いだけの薬ではないという事ははっきりしています。

価格の面で見てみるなら海外からの個人輸入で購入した場合の方が、まとめた数を購入できる分割安となる事もあり、初診料や医院への往復にかける時間と費用を考えたなら、個人輸入代行で購入する方が出費を抑える事が出来るわけです。

オンライン個人輸入以外のばいあぐらの購入方法

注文方法はいたって簡単、お店によっては電話やFAXでの注文を受け付けているところもあるようです。それでも、いざ注文するとなるとちょっと気になる点も出てくるものです。→詳細は 電話をかけるばいあぐらの購入方法

バイアグラの個人輸入でしてはいけない事

個人輸入するときの注意点

代行店を通してバイアグラ(baiagura)を個人輸入するときに気をつけるべき点には、どんな事があるでしょうか。お店を決める時にも参考になるような内容をいくつかあげてみましょう。初めて使うお店で最初に購入する時は、少量を注文してみてちゃんと届くのが確認できてから、あらためて注文するのも悪くない手段ですね。


関連リンク