購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラが受ける誤解

バイアグラが受ける誤解

バイアグラを飲んだら何が起こるのでしょうか?


baiagura-ed.png

バイアグラを呑んだら、一体何が起こるのだろう? 誰もがまずそう思うはずです。ところが実は全く何も起こらないのです。

* バイアグラジェネリックの今後はどうなる
* バイアグラ通販店 istorejapanのホームページ

子供までもがその名前を覚えるくらい有名になったバイアグラですが、その知名度ほどには正しく理解されていない部分がまだかなりありそうです。次にあげるコラムバイアグラ(ばいあぐら)についてには、お酒との関係やその他知っておくとよいバイアグラの話がいろいろと掲載されています。

* ばいあぐらとバイアグラについて(コラム)

バイアグラの製造元であるファイザー社では、この薬が媚薬ではないと言い続けていますが、まだ一部の(多くの)男性はこの薬を服用することで何かを感じるのではないかと期待しているという事なのです。服用された方の中には、稀に何らかのフィーリングを感じる方もいるようですが、基本的にこの薬は媚薬ではありませんから、何にも感じません。思惑と違って、薬を飲んでも何も起こらないので返ってあわててしまうという事になってしまう様です。

バイアグラを呑んでも何もおこらなくてあわてた経験談

「本当に怖かったよ。飲んでも何も起こらなかったんだ。」とロスアンジェルスに住むある男性は9ヶ月前に始めてバイアグラを飲んだ時の驚きを記者からの取材に答えています。彼は投資の仕事をしていて仕事のストレスから性生活に支障があってバイアグラを服用した経緯を持つ33歳の男性だとの事。「薬を呑んでも全く普段の自分と変わらなかったんだ。」とその時の事を振り返っています。思ってたことと違ってあわてたんだと語っています。

【体の中では着々と変化が…】

表向きには、体に何の変化も起こりませんが、体内では薬が着実に働いて準備が少しずつ進んでいるのです。体内に吸収されたシルデナフィルは、PDE5と呼ばれる酵素をブロックし、血管を拡張させ、一番その酵素が集中している部分、つまりペニスへの血流が増加するようにします。そしてその効果は性的刺激を受けたときに発揮されるのです。

バイアグラで自動的に勃起しない

勃起機能障害の原因の多くが、この血流低下からのものであるとのことですから、シルデナフィルの働きでペニスへの血流が増えることで、十分な硬さや中折れのないしっかりとした強い勃起力を得ることができるという仕組みです。本来の機能を正常に働かせるのが薬の効果です。したがって性的刺激を受けなければ、バイアグラの効果は実感できないという事になるわけです。「自動的に勃起する」のではないという事を誤解しないようにしなければなりません。


バイアグラは性欲を起すのでしょうか?


車にガソリンは入れてもキーを入れてエンジンを始動しなければ車が動き始めないように、バイアグラを飲んでも性欲のスイッチが入らないと効果は現れません。

バイアグラを呑んだのに性欲が起こらないと苦情

バイアグラを呑んで気持ちがムラムラすると勘違いしている事からくる苦情です。 バイアグラが陰茎への血流を増やしても、男性自身が性的刺激を感じなければ何の変化も起こらないという事です。一番誤解されている事が、バイアグラを飲むとセックスがしたくなると思われている事だとあるバイアグラの専門サイト運営者は話しています。それが、バイアグラに対する苦情の一番の理由になっているのだとか。

性欲減退気味の方は、バイアグラと性欲増進精力剤と併用して

* 環境保護とバイアグラについて

バイアグラを服用後だいたい30分から1時間たてば体の方の準備が完了します。問題のない人や勃起の機能障害がマイルドな人がバイアグラを服用した場合、勃起力に普段とそれ程の違いが感じられないかもしれません。また、性欲自体が減退気味だとか、性行為をする事自体に関心が薄れてしまったという方には、バイアグラが媚薬ではない以上あまり効果を期待できないかもしれません。そんな方には、別に性欲増強剤や精力剤などの助けが必要になってくると思います。

* 性欲とバイアグラについて

勃起不全 心因性のEDに良く効くバイアグラ

過去に十分勃起できなくて恥ずかしかった経験から、その後肝心な時に駄目になってしまうとか、本番になったら緊張してしまってうまくできないとかの理由からの勃起不全症を持っている人には、バイアグラが具体的にも強い勃起を誘導しますが、それと共に、気持ちの上でも「バイアグラを飲んでるから大丈夫だ」という自信ができますので、よく効くのだとの事です。

とにかく、せっかくのバイアグラもエンジンがかからなければ意味をなさない、セックスをしたいというスイッチは、自分で入れなければならないという事ですから、この点を誤解しないようにしなければなりません。


関連リンク