購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラと心臓発作

バイアグラと心臓発作について


バイアグラを呑んだら、心臓発作を起こす可能性がある…、そんな事を聞いたことがありますか?もし、それが本当で、かなり高い確立で起こるのであるのなら、バイアグラの服用は慎重に考えなければなりません。はたして、ED治療薬バイアグラと心臓発作には、どんな関係があるのでしょうか。


バイアグラと心臓発作の出てくる映画


baiagura-ed.png

アメリカにはこれまでにもバイアグラの出てくる映画がいくつかありますが、心臓発作の事が出てくる映画があります。

「サムシング・ガッタ・ギブ」という映画

ジャック・ニコルソン主演の「サムシング・ガッタ・ギブ」という映画をご存知でしょうか?

ジャック・ニコルソンと言えば、バットマンのジョーカー役が有名な名俳優、この映画の中でジャック・ニコルソン演じるハリーは、自分の娘ほども年の離れた若い女の子が大好きな恋多き63歳の独身プレーボーイを演じています。新しい若い恋人マリンと週末を過ごすのですが、そこは彼女の母親(ダイアン・キートン)の別荘という設定。いくら若い子が好きだからと言っても、63歳は63歳、バイアグラを持参してのデートなわけです。ところが、そこでハリーが突然心臓発作を起こしてしまいます。

バイアグラとニトロで心臓発作に…

担ぎ込まれた病院で医師から、バイアグラを服用してないかと尋ねられるのですが、彼は見栄を張ってうそをつきます。(つまり、バイアグラを服用していたのです) 意識もうつろな中、治療のためのニトロを点滴しようとした医師の、「バイアグラを服用している人にニトロは命取りになる…」と言った独り言を聴いてハリーは、あわてて点滴を引っこ抜くのです…。そして、話は、このジャック・ニコルソン演じるハリーと、若い恋人マリンの母親ダイアン・キートン演じるエリカの熟年の恋に発展していくのです…。

バイアグラが取り持つ熟年の恋?

ジャック・ニコルソンのコミカルな演技と共に、「バイアグラと心臓発作」という事を印象付けられた映画でした。確か2003年の作品でしたね。この映画の中でハンサムな医師を演じるのが当時人気急上昇中のキアヌ・リーブスだったのもあって、映画はある程度の収穫を収めたはず…。結果的には、ハンサム医師の恋のアタックからエリカを奪い、バイアグラが取り持つ?熟年の恋を実らせてハッピーエンドになります。

この映画を見た人の中には、バイアグラは心臓発作を起こすのかと思ってしまう方も当然いるでしょうね。そうですね。それは間違ってはいません。バイアグラは服用方法を間違えば心臓発作を起こす可能性もある薬です。しかし、バイアグラは、服用方法を守り、注意事項をよく理解して使用すれば、心臓発作の心配もなく、安心して服用していただける勃起不全症に対する治療効果の高い薬です。研究が十分になされ、どのような症状を持った方が服用できないかなどの説明もきちんと記載されています。


バイアグラが心臓発作を起こすのではない?


発売当初についてまわった心臓に関するバイアグラのマイナス的なイメージも今では色んな方面からの研究も進みずいぶんと修正されましたが、それでも「バイアグラ、大丈夫なの?」と心配される方がまだいらっしゃる様です。健康で心臓に何ら問題がないのでしたら、特に心配する必要はないとの製造元の説明です。1998年の発売以来、今日まで世界の多くの国々で使用されている現状から判断しても、心臓発作などの心配のあるケースはごく一部の方人限られるのであることは想像ができます。

心臓疾患をお持ちの方とバイアグラ

心臓疾患を持っている人は、バイアグラが服用できないのではありません。この薬の当初の目的は、狭心症の治療であったことからもわかるように、心臓病の治療薬になるはずの薬だったのです。そして今もその研究は続けられているとの事です。心臓病にも色々なものがあります。治療に使われる薬の中には、バイアグラの禁忌となっているものも含まれています。心臓病の症状や、行っている治療方法によっては、バイアグラを使用できない方がいます。これには、専門家の判断が必要になってきます。

バイアグラの禁忌薬

この映画の中でもあげられているように、バイアグラとニトロなどの硝酸剤の併用は禁忌です。急激に血圧が下がり最悪の結果になる場合も考えられるからです。ですから、心臓病の方に限らず、硝酸剤系の薬を使用している方は、バイアグラの服用ができません。※その他の禁忌薬の詳細は、医薬品の注意事項を確認

バイアグラの購入にあたって

日本でバイアグラを購入するには、医師の診察、処方が必要です。クリニックを尋ねて医師にきちんと診察していただいてから、薬を処方してもらう事になります。心臓に気がかりな点のある方、持病や、服用中の薬のある方は、この時に心配な点をよく相談して服用許可が下りれば安心してバイアグラを使用できます。また、バイアグラは、個人輸入代行を通して海外から薬を輸入することもできます。この場合は、医師の処方は必要ありません。価格も医師に処方してもらうより若干安価で購入が可能になるでしょう。


関連リンク