購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラが生かす命

バイアグラが生かす命について

バイアグラと心臓疾患の赤ちゃん


バイアグラが生かす命

記事の中で紹介されている主人公の女の赤ちゃんは、セリス・スモールちゃん生後10ヶ月。イギリスの南ウェールズ地方の町ニューポートに3人兄弟の末っ子として生まれた彼女は、生まれながらに心臓に重度の欠陥を持っていました。心臓にある欠陥の為に、体に血液が正常に循環しないため、十分な血液が回ってこない体の部分が、すぐにあちこち青く変色してしまい、ほっておくと壊死の状態になってしまう、深刻な健康状態であったということです。

彼女の心臓に問題があることがわかったのは、彼女がまだ母親のお腹の中にいる時のこと、妊娠20週目に入った頃だったとの事です。その時点での医師の説明は、1回の手術でまずよくなる、命の危険はほとんどないとの内容でしたが、妊娠が進んで数週間後に聞かされた話は、当初の説明とは違ったものだったと。手術は少なくとも3回必要な事、そして仮に手術をしたとしても、生存の可能性は50%だと聞かされたのだそうです。

生後間もない小さい体で難しい3回の心臓手術を乗り越え、難しい病気と闘ってきた彼女は今10ヶ月、手術はひとまず成功、症状も安定した状態であるとの事が書かれていました。新聞に掲載されている写真に写っているのは、丸々とよく太ったとても可愛い赤ちゃんです。そして、彼女のこの毎日の命を支えているのが、他でもないバイアグラなのだと記事は語っています。

「先生方から、うちの娘に必要な薬の名前を最初に聞いた時は、正直言って笑ってしまいました。勃起不全治療薬で有名なバイアグラですからね。でも、多くの人は気づいてないですが、もともとは心臓の薬として開発されていたものですものね。納得いきました。」もちろんばいあぐらの使用を了解して治療を始めましたとセリスの母親ケリーさんは記事の中で話しています。

* ED治療について
* http://www.istorejapan.biz/viagra/58
* シアリス通販、バイアグラ通販、レビトラ通販と通関について


バイアグラが生かす命


ケリーちゃんの体は、これまで心臓の手術を3回したけれど、完治するにはまだ十分でなく、他にも合併症などを抱えていて、血液循環の不都合が起きれば今でもすぐに体が青く変色してしまうのだとか。そうならないように毎日バイアグラが防いでくれているのだとの事です。彼女が次の手術を受けるのは、もっと体力がついてから。おそらく3歳から5歳の間になるだろうとの事。それまでの数年間、バイアグラで彼女の命が守られる事を願っていると語っておられます。

血液が循環しない症状を持つケリーちゃんには、血管拡張作用があって血液の流れを確保する薬であるバイアグラが効果があるのだとか。バイアグラが彼女の体の中で、血液の流れをスムーズにさせ、1日1日を永らえているのだと。娘の命をつないでくれるバイアグラに感謝している、これまでにも、何回もの難しい手術を乗り越え病気と闘ってきた、これからもきっと頑張って生き続けてくれると信じているとケリーちゃんの母親は記事の中で話しています。

生きていて欲しい、子供を持つ親の切実な気持ちが伝わってくる記事の内容です。手術をする事ができたなら、すぐにでも症状が改善するのでしょうけれど、ケリーちゃんはまだ1歳前の赤ちゃん、難しい手術に耐えるだけの体力がないわけです。手術ができるようになるまで、彼女を生かしているのがバイアグラなわけですね。もし、バイアグラでなければ、別の違った薬で対応する事もできるのかもしれませんが、大きな副作用もなく、継続して服用しても安心なバイアグラを繊細な赤ちゃんの治療に医師が選んだのは、理解できますね。

勃起不全症で子供が中々授からない夫婦の為に、命を授けるお手伝いをするバイアグラもあれば、命を生かすバイアグラもあるのです。病気と闘う医療の現場で、医師と患者が一緒になって生きる為に努力を重ねている、そこに、色々な薬が使われていて、どれもなくてはならないもの、ばいあぐらもそんな薬のひとつなのである事を教えてもらった話でした。


関連リンク