購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラと前立腺に関する

バイアグラが前立腺の治療に効果について


baiagura-ed.png

バイアグラが強い抗がん剤を使用した時に起こる心臓の損傷を抑える働きのあることは、アメリカバージニア州のコモンウェルス大学の研究チームによって明らかにされています。この時の話では、バイアグラが癌の治療の為に使うある種の化学療法剤が、患者におこす心臓の損傷を防止することができるとの研究結果でした。そのある強い抗がん剤のひとつが、前立腺癌の治療に使われてきたドキソルビシンといわれる抗がん化学療法薬なのだとの事です。

バイアグラは、男性の勃起不全症を1錠を服用する形で治療する医薬品。ED治療をそれまでの手術などの手法から、薬を呑むだけという方法に変えてしまったED療法の変革児です。バイアグラについての詳しい説明、使用方法などについては、バイアグラの製品説明ページでご紹介しています。


バイアグラと抗がん剤治療


「バイアグラは、男性の寝室での機能を助けるだけでなく、更に多くの可能性を持った薬だ、とりわけ今回の研究では、バイアグラと強力な抗がん剤との組み合わせで効果的に前立腺を治療する事ができる事を発見した。」との、2010年秋のthe journal Proceedings of the National Academy of Sciencesに掲載された記事をアメリカのテレビ局・FOXニュースが紹介しています。

バージニアのコモンウェルス大学の医学部とVCUマッシー癌センターの研究陣が抗がん剤とバイアグラを同時にマウスに処方するという実験を行ったところ、通常であれば、深刻なダメージが生じるはずの心臓への薬のマイナス効果を軽減しながら、がん細胞を縮小することができたとの研究結果を記事の中で取り上げています。


バイアグラがドキソルビシンが引き起こす心臓の損傷を防止


ドキソルビシンといわれる抗がん化学療法薬があります。この薬は、前立腺などのいくつかの癌を有効的に治療する薬として過去数十年に渡って使用されてきた薬だとの事です。ところがこの薬には、がん細胞に対する強力な治療効果を持つ反面、心臓に深刻な損傷を引き起こすという大きな欠点があるという事もわかっているというのです。

抗がん剤としてのドキソルビシンの素晴らしい効果を損なうことなく、この薬の欠点である心臓への障害を軽減するための方法を模索する研究を過去15年間続けてきた研究陣が出会った薬が、バイアグラの有効成分シルデナフィルだったというわけです。まだ研究途中の段階ではありますが、前立腺を治療する場合における心臓への損傷を防ぐシルデナフィルへの期待は大きいとの事です。

「私たちは、このシルデナフィルが抗がん剤ドキソルビシンを使用する事で生じる心臓の損傷から、前立腺がん患者を保護することができる十分な可能性を備えていると信じています。」と主任研究員であるKukreja博士は記事の中で答えています。


バイアグラと前立腺治療


Kukreja博士と彼の研究チームは、今回の研究結果に大変興奮している様子で、次の段階の研究へ進む予定である事を伝えています。次の段階とは臨床試験のことで、彼らのチームは臨床試験を通して、抗がん科学治療薬ドキソルビシンの効果を損なうことなくシルデナフィルが前立腺患者の心臓を薬による損傷から保護する事の確証を得ることができることを願っていると述べています。この研究結果から、バイアグラの効果が確証されれば、前立腺治療に効果のあるドキソルビシンを心臓への損傷の心配なく使用することができるわけです。間接的に前立腺がん治療にバイアグラが有効であると言う事になるのです。

バイアグラが抗がん剤による心臓の損傷を防ぐ、人の命と向き合う現場で使用される新たな可能性を秘めたバイアグラの話でした。


関連リンク