購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラ効果  > 勃起不全(ED)の原因別に見るバイアグラの効果の成功率について

勃起不全(ED)の原因別に見るバイアグラの効果の成功率について


baiagura-ed.png

服用タイプの勃起不全症治療薬バイアグラは、具体的にどのような原因からの勃起不全症に一番よく効くのでしょうか?

EDをもつ男性を原因別に分けてある一定の期間バイアグラを服用してもらい、その期間内に少なくとも1回以上の性行為を持つ事ができた人がどのくらいいたか調査したものがあります。

EDの原因別に見るバイアグラの効果

心因性の原因からのグループは全体の91%、血管疾患を持つグループは88%、うつ病のグループで86%、そして、高血圧75%、糖尿病70%、虚血性心疾患69%、前立腺を摘出した人のグループの47%の人が、1回以上の性行為を持てた、つまり勃起不全の治療に薬の効果があったとのことです。心因性のものなら大変高い確率でバイアグラの効果があるのがこの事からわかります。

バイアグラのED治療成功率

EDの原因

成功率

心因性

93%

血管疾患

88%

うつ病

86%

高血圧

75%

糖尿病

70%

虚血性心疾患

69%

前立腺摘出

47%

(*上記の表は、一定期間バイアグラを服用し、
1回以上性行為ができた人のグループに閉める割合)

バイアグラの効果に関する基本的な知識をわかりやすくまとめたコラムに、バイアグラの効果という記事があります。当店のサイトには同じ様な内容を掲載したコラムがいくつかありますが、効果のあり方をよく知る為にも、繰り返し読んでいただければ、より良い理解の助けになると思います。

心因性のEDによく効くバイアグラ

心因性のEDにバイアグラがよく効く事は、常々言われていた事ですが、この数字からも、そのことが確認できますね。心因性の中には、もっと複雑な原因からのものもありますが、通常、心因性の原因としてよく取り上げられるのが、過去に恥ずかしい思いをした経験からのものだと聞きます。初めての場で失敗した事がトラウマになってしまったケース、新婚初夜の失敗が原因の新婚勃起障害、上手にできなかったらどうしようと心配するあまり緊張しすぎて駄目になるケース、自信がなくなってしまう方などいろんなものが原因となっているとか。

器質性のEDにも効果

器質性のEDの代表的な原因は、血管疾患からのものです。糖尿病や、高血圧、ここにはありませんが、喫煙者のEDも喫煙からの血管障害が多くの原因となっていることがわかっています。バイアグラは血管拡張作用があるシルデナフィルが有効成分ですから、これらの血管に何らかの問題があって起こるEDに対しては、バイアグラがある程度の確立でよく効果をみる事が、これらの数字からも分かります。

人種別のバイアグラの効果

ここにEDの原因別の効き目とは別に、人種別のバイアグラの効果を調べたものがあります。その中でアジア人に対する治療効果が一番高いとあります。アジア人の男性が欧米の男性に比べて特に太っているわけでもなく、血管疾患が多いわけでもなく、むしろ健康面ではアジア人の方が一般的に勝っているのではないかと考えられます(個人的な意見ですが)。ですから、この場合、この数字から、アジア人の勃起不全症の原因が心因性からのものが多いのかもしれないと判断することができます。心因性のEDに高い確率で効くのがバイアグラだからです。

心因性のEDの日本人

ずいぶん時代が変わったとは言え、欧米の人達に比べ、日本人をはじめとするアジア人は、比較的謙虚で控えめです。積極的というよりはどちらかと言えば自分の意見を通すより相手との和合を優先したりと、人に気を使う性格です(皆がそうではないですが)。そんな人が、また心因性のEDを持ちやすい傾向にもあると考える事ができるのではと思うのです。そんなところもこの数字に反映されているのではないかと思えるのですが…考えすぎでしょうか。

心因性のEDなら、90%以上の確立で治療しているバイアグラです。器質性のものも含めると7割の方は、治療効果を得ていることが分かります。よく効く薬と言ってもよいと思うのです。こんなによく効くのなら、じっとEDを我慢するのはもったいなくなります。個人輸入代行を利用してバイアグラを購入する予定のある方は、一度専門家に相談するなりしてご自分のEDの原因を知る事から始めてみま しょう。


関連リンク