ホーム  > バイアグラ  > バイアグラとタバコの関係

バイアグラとタバコの関係


男性の勃起不全症を治療する薬であるバイアグラを服用する事で、EDの治療が可能にはなりますが、薬での治療と共に、日々の生活の中で、EDの原因になると思われる要素(喫煙など)があるのならその部分も改善しながら、薬の治療をする事が望まれます。

* バイアグラの値段について


バイアグラ服用中に気をつけるとよい生活習慣


baiagura-ed.png

最近、よく聞くメタボリックという言葉、中年以降の男性の腹部周辺が大きい方で糖尿病などの成人病といわれる症状をふたつ以上あわせ持つ方のことを言うのだとか。メタボリックの方は、EDになる確率がそうでない方に比べてはるかに高いのだと、ばいあぐらを販売するどこかのサイトにも書いてありましたが、それは、研究結果を見るまでもなく、十分にうなずける話です。

バイアグラを服用中の生活で気をつけると良い事は次のとおりです。

  • 喫煙を減らす
  • 飲酒を減らす
  • バイアグラ服用中は過食を避ける
  • バイアグラ服用中は脂肪分の少ない食事を心がける
  • 適度な運動を心がける

バイアグラ服用中の喫煙は?


バイアグラを服用される方の中には、タバコを吸われる方も、結構いらっしゃると思います。仕事が一段落した時、会議で緊張した時など、タバコの一服は気持ちを落ち着かせてくれる働きもあり、おいしいのだといいますね。タバコの味をおぼえた方が体に良くないとわかっていながらも中々やめられない理由があるわけです。

バイアグラを服用中にタバコを吸ってはいけないという話は、ありません。ただ、本当にEDの症状をよくしたい、治したいと考える時に、「禁煙」はED治療に大変有効な努力のひとつになるはずです。バイアグラは勃起不全症を治療するに有効な薬ではありますが、日頃の生活習慣の如何によって、薬の効果に差が出てくる事は言われています。バイアグラは安くない薬ですね。せっかくの効果をよりよくと思う時、日頃の喫煙の量を減らすことができたら、それは、まったくそうしない事より、良い結果を引き出すことになるはずです。


血管拡張剤としてのバイアグラ


喫煙する方の血管は、タバコに含まれる有害物質の為に喫煙をしない人よりも細くなっているとの話を聞きました。バイアグラが治療するEDの原因は、血管障害によるものが多いので、喫煙者の方でEDの症状をお持ちの方には、この薬は有効であるはずです。

喫煙は血管障害の原因に

喫煙は、血管内皮障害を起こすことから、肺がんのみならず心筋梗塞や脳血管障害の要因のひとつであることはよく知られています。つまり血管、血流に関係する病気の原因のひとつに喫煙があげられているわけです。男性が勃起するためには、陰茎に血管を通じて十分な血流が一度に流れ込まなければなりませんが、喫煙の弊害で血管に障害が起きてこの一連の機能が十分に働かず、十分な硬さや勃起がえられないという事が出てくるのだということのようです。タバコと勃起不全症の関係は、血管がポイントなのだという事がこのことからわかります。

バイアグラは血管を拡張する働きのある薬

バイアグラやレビトラ、シアリスといったこれらの治療薬は、PDE5阻害薬ともよばれています。PDE5とはホスホジエステラーゼ5という酵素のことで、この酵素が血管の拡張や神経の伝達に重要な役割をするある物質を分解してしまうのだということです。このPDE5の働きを抑えることで血管の拡張や神経の伝達をスムーズに行わせるのがPDE5阻害薬となるわけです。陰茎への十分な血流を確保するのをこれらの薬がサポートしてくれるわけです。


ED治療と健康の為に禁煙


健康の為に禁煙_長い事関係を断ち切れずにきたタバコをそう思って簡単にやめる事ができたらどんなに良いでしょうか。男性と喫煙、会社勤めと喫煙、結構深い関係があります。喫煙がもたらす弊害は数々言われていますが、このようにタバコがEDの原因になるとわかったら、健康の為でなく、EDにならない為になら大変な禁煙に成功する人もでてくるのではないでしょうか。バイアグラを服用するのにあわせて、思い切ってみてはなどと思ったりしますが…。


バイアグラの効果を助ける事に


タバコがEDの要因になると最初聞いた時はピンときませんでしたが、こうして話を整理してみると納得がいきませんか? バイアグラ服用中の喫煙については特に言われてはいませんが、健康のために良くないと言われている生活の中にある日頃の習慣は、勃起不全の原因にもなっていくという事。タバコに限らず、お酒も同様で、やめる事はできないとしても、ほどほどに嗜む様にしたいですね。適度な運動も時間を見つけてできると更に良いでしょう。


関連リンク