購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラと若い男性に関する

バイアグラと若い男性に関する

バイアグラと若い男性との関係


ばいあぐらはある程度の年代以降の男性の為のもの、そう思っていらっしゃる方もいると思います。しかし、医師を訪ねてバイアグラの処方を受ける男性の中には20代30代の患者さんが思ったより多いことをご存知でしょうか? ばいあぐらによる治療が本当に必要なのは、子供も生まれて人生の半分は生き抜いた熟年組というよりも、働き盛りのお父さん候補生、これから父親にならねばならない若年層のEDでお悩みの男性なのかもしれません。


若い年代層に広がるばいあぐらの利用者


バイアグラと若い男性

ばいあぐらの販売が始まってから今日まで、輸入代行業者を利用するなどして医師を訪れなくても薬の購入が可能になったこともあり、また、治療効果がはっきりしている事から、高価な部類の医薬品になるにもかかわらずその利用者は年々増加しています。

45歳以下の年齢層でばいあぐらの利用者が急増

その中でも利用の増加傾向は55歳以下の男性層で顕著であると医薬品の販売流通実態調査機関エクスプレス・スクリプツ社は過去に発表しています。これは、1998年から2002年までの医療保険に加入する500万人の男性を対象に行われた調査結果からのもので、この中でも特に45歳以下の男性がばいあぐらを消費する量がこの5年間のうちに3倍以上に増えている事実が報告されています。

西洋だけでない世界に広がるバイアグラの利用者

上記の調査からすでにかなりの年月がすぎています。現在その利用者は全世界に広がり、少し前にはアメリカのネイビーシールによって暗殺されたアルカイダのあるリーダーもバイアグラを服用していたことがわかり話題になりました。中東の国でもばいあぐらが利用されている事実に、改めてこの薬のすごさを認識したものです。もちろん、アジアの国々でのバイアグラの消費も半端ではないとのこと…。

より良い性生活を求めて

若い方の中には、勃起不全症の症状がないけれども、バイアグラを利用する人がいる事も聞いています。もちろん、これはあまりほめられた事ではありません。バイアグラはあくまでも、EDと呼ばれる性機能障害、勃起不全症を治療する為の薬です。しかし、さらなる性のパフォーマンス効果を求めてこの薬を求める方がいるのは事実のようです。


若い男性が勃起不全症になる理由の代表的なもの

次のとおりです。

  • 職場での重圧や責任から受けるストレス、多忙
  • 人間関係からのストレス
  • 性にたいする自信喪失(過去の失敗、早漏など)
  • コンプレックス(サイズや、早漏など)
  • 性への無関心

ばいあぐら(バイアグラ)が必要な年齢の若年化


ばいあぐらを必要としている男性の年齢が少しづつ若年化している事は事実です。

医院を訪ねる男性の大半が40歳以下

2011年に発売された日本のある週刊誌に掲載されたあるクリニックの医師の話では、そこの医院を勃起不全症の治療の為に訪ねる患者のうち2割が20代で、30代の方までを含めると全体の5割近くになるとのことだそうです。ED治療の為に医院を訪ねる男性の半分近くが20代30代とは、ちょっと驚く事実です。もちろんこれはいち医院に限られた情報で全国の統計ではありませんが、若い患者さんが増えているのは事実のようです。

バイアグラは心因性EDも治療

若年層のEDはその原因が身体的なものよりも心因性のものであることが多いようです。ストレスは、EDの大敵ともいいます。ストレスの多い現代社会、それも十分にうなずける事です。また、過去に大切な場面で失敗したことが元で、自信をなくしたり、サイズなどの悩みからの性的コンプレックスが原因の場合も多いようです。これらの心因性のEDにもばいあぐらはある程度の効果を発揮することがわかっています。

父親になる為にばいあぐらを利用

男性にとって、パートナーとの充実した性生活は豊かに人生をおくるためにも大切な部分です。とくに、人生これからといった年代の方、これからお父さんにならなくてはならない方達にとっては、軽視できない問題です。夫婦で泌尿器科を訪ねたり、専門家をたずねたりする話しも聞きます。子供を持つ事、父親になる事は人生の大切な1ページ、それが薬で治療できるなら何よりです。

ばいあぐらの日本での購入には医師の処方が必要ですが、輸入代行を利用した海外からの購入も可能です。アメリカ発ドラッグストアの当店で扱う医薬品はどれも安心してご利用いただける正規の医薬品です。


関連リンク