購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラと加齢によるEDについて

バイアグラと加齢によるEDについて

バイアグラと加齢によるEDとは


ED薬バイアグラ

バイアグラがED治療薬として有名になる中、男性の勃起不全症という、どちらかといえばあまり話題にならなかったものが、話題になる機会が増え、実際男性であれば無関心でもいられないものだけに、この10年ほどでEDに対する人の知識もずい分啓発されてきたように思います。そんな中、特にEDに対する関心ごとの中でよくあるのが、年齢とEDの関係です。


EDになる年齢について


個人差があるEDにかかる年齢

普通、歳をとると不能になると思うのが一般的な認識のようなのですが、実際のところはどうなのでしょうか? 確かに加齢とともにEDの症状を持つ方は増えますし、EDで悩む方は増加する傾向にありますが、その反面中には70歳過ぎても元気な人もいます。そうかと思うと40歳そこそこでだめになる人もいたり、EDになる年齢には個人差がある事がわかります。40歳でバイアグラが必要な方もいれば、70歳でもまだ必要でない方もいるということです。

年齢と共に増えるED

一般に体の老化による血管や神経系の衰え、また他の病気や薬の投与の影響などで男性の50代以上に器質性EDが多くみられます。1988年にアムステルダムにおいて開かれた第8回国際インポテンツ学会の中で発表された報告では、EDの罹患率は年齢とともに増え始め、60代にはいると半分以上の方がEDの症状を訴えておられることがわかります。また、アメリカのある医師は、バイアグラ(ばいあぐら)の処方は45歳くらいがポイントになるとの話しをしていたとのこと、この年齢がEDの兆候を感じる節目なのかもしれません。

衰えない男性の性欲

昔と違ってずいぶんと人々の暮らしも豊かになり、退職後は趣味や社交に精を出し、60代ではまだ老人といえないくらいシニアエイジの生活自体も若返っています。そして、それは当然パートナーとの性生活面にも現れており、体は老いても気持ちはいつまでも若いまま、そんな方が増えておられます。老人を対象にした性欲の調査に対し、9割ちかい方が今も性欲があると答えておられます。そのうち、今も性行為を望むと答えた方が4割以上でした。つまり男性の性欲は年齢と共に衰えるものでは必ずしもないということ、バイアグラ(ばいあぐら)は何歳になっても利用する価値があるということになります。


ばいあぐらと高齢者のED


昔、子供の頃に自分の父親や母親がとても立派な大人として眼に映っていたのに、実際自分がそのくらいの歳になってみると、体だけが歳とって、中身は全く老いていない、若い頃のままの自分であると感じたことが、誰でもあると思います。体は40歳50歳とだんだん歳を重ねて、あちことがたがきはじめているのに、気持ちはせいぜい二十歳そこそこだったり…。心と体の年齢にはっきりギャップがある事を実感している方は少なくないはずです。

体の老いをカバーするバイアグラ

体は老いても心はいつまでも若いのが人間のようですね。そこで、このバイアグラ(ばいあぐら)ですが、引退後の豊かな生活の大切な一部分をしっかりサポートしてくれることになります。長く連れ添った大切なパートナー、夫婦のつながりをいつまでも豊かな充実したものとする為にも、「自分はもう年だから…。」と思わないで積極的に行動に移してみられてはいかがでしょうか?気持ちとの体のギャップをバイアグラが埋め合わせてくれる事でしょう。

バイアグラのあるシニアの

人の寿命がのび、50歳は人生の折り返し地点だと考えれば、50歳で人生まだ半分残っているわけです。職場の仕事内容も少しずつ引退の方向へシフトしながら、暮らしの比重は職場から個人へと移っていきます。子供が結婚して孫も生まれ、人生の実りを刈り取る充実した期間に入るわけです。長く連れ添った連れ合いとの時間が増え、夫婦生活の最終章、引退後の生活が始まります。そこで、バイアグラ(ばいあぐら)の出番です。いつまでも若い気持ちのままに行動できるシニア、夫でいれることは、その後の人生に充足感を与えてくれることになるでしょう。

ばいあぐらが服用できる年齢の上限

体が健康で、バイアグラを服用したらいけない他の疾病や問題がなく、性行為をするに何ら支障ない健全な方であれば、バイアグラの服用は何歳までというのはないはずです。大切なのは気持ち、体が健康でも気持ちがなければ性生活はできません。60歳であろうが70歳であろうが、いつまでも若い気持ちのままで、変わらず自然に性欲が起こるのであるのなら、バイアグラ(ばいあぐら)はそんな方達のきっと力になってくれる事でしょう。


服用前に注意が必要な方

バイアグラを使用する前に医師の診察を受けましょう。特に次のような方は、服用前に注意が必要です。

  • 過去6ヵ月内に、心筋梗塞、脳血栓などの大病を経験した人
  • 病気治療の為に薬を服用中の人
  • 不整脈、心臓疾患など重度の病気を患っている人
  • 上記以外でも、気になる症状がある人やバイアグラの成分にアレルギー反応のある人

関連リンク