購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイヤグラ

バイヤグラについて

バイヤグラとは何の事?


** バイアグラの効果の時間と価格を比較して購入するための方法と、また、副作用が軽いばいあぐらのジェネリックや、EDを治療する薬を通販で処方箋なしで激安で輸入する方法は、通信販売業者を通せば簡単です。自分で海外に出向きED薬を探して購入、通関を済ませて入手できると言う一連の手間が一切必要ないからです。

アメリカや他の国の言葉を日本語で表記するのは時に難しい事がよくあります。ラジオがレディオであるわけだし、マクドナルドは、マクダノーなわけです。ホットドッグをホットドッグと言ってはアメリカで通用せず、ハッドッグと言わなければ通じません。英語の日本語表記はこうしてみてみるとかなり無理があるようですね。

ばいあぐらの通販について

baiyagura_column_125

アメリカに来た当初、このマクドナルドの発音には面食らいました。日本語の表記と全く違うからです。後もうひとつは、ヒーロー映画の「バットマン」。これも「バッメン」が本当の発音に近いです。子供との会話に出てくるヒーロー達の名前ひとつから、私の発音を修正していかなければならなかったのを懐かしく思い出します。

さて、バイアグラとはED治療薬Viagraの事。しかし、決してバイアグラとは発音していません。誰が決めたのかは知らないですが、日本語の表記はバイアグラとなっています。このViagraの発音を聞いていると「バイアグラ」と聞こえるかもしれません。そうです。発音で言うとバイアグラよりはバイアグラの方が英語の発音に近い表記かも知れません。しかし、ここはバイアグラが正しいので、もし、バイアグラと記入されているのを目にされた時は、バイアグラの事だと思っていただいて間違いないと思います。

薬には、似たような名前のものがありますよね。ああこの薬は、あの薬の名前をもじった物だな、といった感じで。

しかし、今の時点ではバイアグラと言う新しい薬はないと把握していますので、バイアグラはバイアグラと同一人物(?)ならぬ同一薬です。

バイヤグラの通販

海外からの個人輸入代行を利用すれば、処方箋の必要もなくインターネットなどの通販を通してばいあぐらを簡単に購入する事が可能です。海外からの通販を利用する時には、通常インターネットで販売店を探してから、適当なお店を見つけてオーダーする事になると思いますが。実は、このバイアグラですが、扱っているお店が大変多い事に驚かれると思います。

バイアグラの販売は、薬を定期的にまとめて入手できる人なら早い話が誰にでも可能なわけです。そして、まず、そのほとんどが海外に拠点を持つお店のはずです。サイトに掲載されている情報を信じてご購入するしかないのですが、いろんなサイトを良く比べて見て、信頼できるお店であるかどうかを見極める事が大切です。


バイヤグラの名前の由来


バイアグラとの言い方が通常はされていますが、バイアグラもバイアグラも英語表記がViagraとなっていて、それの日本語の読み仮名としてそうなっているので、Viagraには二通りの読み方があるのだと理解したら良いでしょう。

命名は大切です。子供にも、ああでもないこうでもないと、どうぞ、幸せになってくれますようにと願いを込め苦心して名前をつけますね。商品化されるものにつける名前も、それひとつが時に商品のイメージを左右する事にもなる、重要な役割を持ちます。薬にしても同じ事です。難しすぎて覚えにくい薬の名前も結構ありますが、それはたいがい専門家だけが扱うような市販されていない薬であることが多い様です。名前を覚えてもらう必要が特にはないですからね。

そういった点では、バイアグラ、よくつけた名前だとは思いませんか?

まず、名前が長すぎず短すぎず覚えやすい、そしてあまり他では聞かない独自性があると思うのです。「バイアグラ」口もまめりやすく良い響きではないですか。(個人的には、バイアグラと言うよりもバイアグラと言った方が口がまめりやすく思います。)

バイアグラのバイは英語の活動的などの意味を持つバイタリティーのバイタルから取り、アグラはカナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州の境にある壮大な滝、五大湖のエリー湖とオンタリオ湖の間にあるナイアガラの滝から取ったとの事です。ナイアガラの滝はアメリカでも年間訪れる人が200万人をくだらないと言われる観光名所。流れ落ちる水の量もさることながら、落差50メートルに、滝の幅がそれはそれは広い(カナダ滝は900メートル、アメリカ滝は300メートル)。肉眼で目の当たりにした時には、溢れる自然のパワーに言葉をなくすほど。

バイタルとナイアガラで滝のように豪快に溢れる尽きない活力、パワーと言った命名になっていると言う事でしょう。

ところでこのバイアグラですが、ちなみにお隣の国韓国では、ビアグラと読みます。日本の方でも、英語の原文Viagraを見てこう読む方も結構いらっしゃいます。ビアはビールでクラは蔵でビールの蔵みたいな響きです。何となくどこかで聞いたような言葉だなと思ったら、反対に読み変えるとグラビア(雑誌などに掲載される写真)になるのですね。とにかく、バイアグラでもバイアグラでもビアグラでもばいあぐらでも同じ薬ED治療薬Viagraの事だと思ってくださればそれでOKです。


バイアグラと性欲


よくご質問を受ける事に性欲のことがあります。バイアグラを呑むと自然と性欲がわいてきて、それと同時に勃起が起こり、性行為に至る事ができると思っている方が時々いらっしゃいます。情報が十分に行き渡り、最近ではずい分誤解も解けてきたようではありますが、それども、この部分はよく勘違いされやすいところです。

バイアグラは性欲を起しません。

薬を呑んで、ベットに座ってじっと見つめていても肝心のところは何の変化も現さないのです。じっとしていてはダメなのですね。行動を起さなければなりません。どんな行動かと言うと、性的刺激を受ける事です。

バイアグラは、血管拡張作用があって陰茎に血流を多く集め、逞しい勃起を実現する助けをする薬で、勃起を起すという直接的なはたらきは、男性自身の性欲がします。言ってみれば、性欲がエンジンのスタートボタンで、アクセルペダルで送り込まれるガソリンが薬の効果、一生懸命アクセルを踏んでも、エンジンがはいっていなければ、車が動き出さないと言う事です。

それから、性欲が4時間のうちに起こらなければ、高い薬もただ呑んでおしまいになります。パートナーとの気持ちのタイミングを見計らい効果的に服用できるようになるには、もしかしたら何回かの練習が必要になるかもしれませんね。

ファイザー社の説明でも、バイアグラは効果がうまく出ないと諦める前に、せめて8回は薬を試してみてくださいとあります。EDであった期間が長かった方はなお更の事、性交為を行う事自体が以前のようにできるようになるには、回数が必要になるかもしれないとの説明です。


バイアグラの効果と勃起の時間


バイアグラの効果で、性欲と共に勘違いされやすい事が勃起している時間です。効果持続時間が4時間と聞いて、4時間たち続けると思う方がいます。これも、どうぞご心配なく。性欲が起こると勃起し、事が終われば速やかに元に戻ります。また、効果持続時間内であれば、複数回の勃起も性欲を感じるのに併せて可能です。薬1錠が1回分というわけではありません。そして、効果持続時間の4時間ほどが過ぎると効果は消えます。必要にあわせてその都度服用する必要があります。しかし、1日の服用は1錠限りですから、次の服用までには24時間を空けるようにしなければなりません。


副作用が軽いバイアグラ


バイアグラは患っている病気が問題なく、使用時の用法さえ正しく守って使用すれば、重篤な副作用を引き起こすことはありません。 バイアグラの副作用としては、主に顔のほてりと目の充血が挙げられます。 この副作用はバイアグラを使用した約90%の人に発症しますが、バイアグラの効果が薄れるに連れて副作用の症状は治まっていきます。 その他にも頭痛や動機、ほてりなどの副作用の症状を発症する人もいますが、これもバイアグラの効果が薄れるに連れて治まるので、基本的には生活に支障が出るような副作用はない安全な薬と言えるでしょう。


ED薬バイアグラの錠剤


さて、このバイヤグラですが、種類がいくつかありますね。種類と言ってもバイアグラのリキッドタイプだとか、顆粒タイプだとか言ったものではなく、薬の強さのことです。基本的に、バイアグラは錠剤です。初めて通販などでこの薬を利用する時に、25mg、50mg、100mgの中からどれを購入したらよいかまず、迷われるかと思います。薬の強さは、含まれる有効成分シルデナフィルの量で変わってきます。当然、一番多く含まれるものが一番強い薬になるわけです。

バイアグラの錠剤を実際に目にした事はないと言う方でも、写真などを通してどんなものかはご存知であろうかと思います。ひし形の青い色の錠剤ですね。製造元であるファイザー社のロゴが刻まれているのも写真を見て分かると思います。では、大きさはどうでしょうか。この錠剤には、正確に言うと3種類の大きさがあります。錠剤に含まれる有効成分量が増えるにしたがって、若干ではありますが薬の大きさが変わっています。ですから、例えば一番シルデナフィルを少なく含む25mgの錠剤を使った事がある人が、通販でバイアグラ100mgの錠剤を購入した時に、大きさが違うので驚かれる事もあるようですね。

海外からバイアグラ100mgの錠剤を通販で購入する場合は手にすることができますが、日本国内では購入できないと聞いています。強い薬なので販売許可がおりていないのでしょうか。日本も安易に何でも許可するお国柄ではなく、全てにおいて慎重な方なので仕方がないのかもしれませんね。この様にバイアグラにおいては、25mgと50mgのみが国内で許可されていて、今のところ100mgはまだですから、100mgが必要な方は、海外からの通販に頼るしかない事になります。

薬の価格も、有効成分量が多くなれば必然的に高くなります。もし、含有量の少ない25mgのものから試して見ることにした場合、ごく一部の方には、はっきりと目立った効果が現れない可能性もでてくるでしょう。せっかくバイアグラを購入したのに効果がないのではもったいない話です。ですから、送料を使って、また受け取りの為に家に待機したりという手間と時間を同じ様に使って購入するのであれば、最初の購入は25mgからと言うよりは50mgか100mgからがよいのではないかと思います。50mgが大変効きすぎて(と言う方もまれにいらっしゃるようです)不自然だった、相手の方が変に思うのが心配だというような場合は、次回の注文から25mgに変更するとよいのではないでしょうか。

錠剤は、いろんなサイトに掲載されている白いファイザー社のロゴ入りのボトルに必ず入ってくるものと思われる方もいるかもしれませんが、そうではなく、バイアグラの通販のように色々な個数で販売する時は、錠剤が包装されている形態も変わってきますので、そこのところもご承知おき頂かねばなりません。

話には聞いているけれど、本当はあまりよくわかっていない部分も多いバイアグラの本当の姿、ED治療 薬バイアグラの効果というコラムの中で、今一度この薬の基本知識を整理してみては…知らずに使っていたところもあるかもしれません。また、興味深い体験談もこのコラムの最後の方でご紹介しています。


関連リンク