購入はこちらへ
ホーム  > バイアグラ  > バイアグラに関するコラム  > ばいあぐらの効果の現れ方

ばいあぐらの効果の現れ方



ばいあぐらの効果の現れ方

年齢的なものだけに関わらず、様々なことが理由で起こる男性の勃起不全症、簡単に表現すれば「立たない」と言う事。それまでは当たり前のようにいつも元気だった部分が、ある日気がついてみるとちょっと弱弱しくなってきたように感じ、最初は、硬さが柔らかくなって、大きさも小さくなってきたように感じる、それが症状の兆候。パートナーが満足する回数が減ってきたり、自分自身も以前のように満足できなくなってきたり…。

それを自覚した時の恐怖は、多分本人でなければわからないでしょう。「いよいよか」と心の準備はしていたとしても、いざその時が来てみると正直辛いものでしょう。もがいてみても始まらない、力んでみてもどうにもならない、マッサージの効果もない、さあどうしようとなった時、昔なら病院を訪ねて治療を受けるか、諦めるかしかなかったのが、今の時代はばいあぐらという素晴らしい薬があるわけです。

ばいあぐらの効果は、硬さや大きさが十分でなくなった陰茎を若かった頃のように、たくましく蘇らせてくれる「呑む」治療薬。最初は、薬を呑んだだけで治療ができるはずないと甘く見ていた人も、使ってびっくりの治療効果の高い薬だったわけです。

ばいあぐら効果は、陰茎の硬さや大きさとして現れます。また、勃起がほとんど不能になっていた方には、勃起するようになるという形で現れる事になります。ばいあぐらの錠剤に刻まれている数字は有効成分シルデナフィルの含まれている量。日本で販売されている25mg、50mgに加えて海外では100mgのものもあります。この含有量が多くなれば効果の現れ方も通常強くなります。

もともとの勃起不全症の症状の程度によって、25mgで十分な勃起を得ることが出来る方もいれば、50mgでもまだ十分でないという方もいらっしゃるでしょう。勃起不全症になってもう長いという方は、少ないものでは治療効果があまりあがらない事も考えられます。また、EDがあるために性行為とはここ数年全く縁がなかったという方の場合は、勃起の効果を自然に使いこなすためには、パートナーとの関係の修復から始める事になるでしょう。勃起するようになったからといって、即、満足いく性行為が出来るとは限らないからです。

ですから、ばいあぐらを服用する時は、一回や二回呑んだだけで、上手くいかなかったからと断念しないで、せめて5回くらいはばいあぐらの効果を試してみて(ファイザー社は8回と言っているようですが)、それでも駄目だったらその時に、薬を使う使わないを考えてみるようにすると良いと思います。性行為自体にブランクがあった時は、すぐに上手くいかないのが普通だからです。若かった頃のように男性のたくましさを取り戻してくれるばいあぐらの効果、それを体験した時の喜びもまた経験した人にしかわからないという事になりますね。