ホーム  > バイアグラ

バイアグラ

title_バイアグラ購入はこちらへ
banner_period
購入はこちらへ



バイアグラとは


icon_arrow バイアグラとは

EDで一人悩む、そんな時代はもう終わりました。通院、手術など一切不要、 1錠の服用で勃起不全症を治療するED治療薬、それがバイアグラです。いつまでも現役でいたい、そんな男性たちにとってはまさしく夢のような薬、まだまだ長いこの先の人生をより充実したものにする為に、バイアグラが力になる事ができるでしょう。通販価格で海外からのシアリス、ジェネリックバイアグラやレビトラの個人輸入代行のお店などでも販売されており、日本からの購入も可能です。

* バイアグラ通販のistorejapanのホーム

icon_arrow バイアグラの錠剤の種類

  • 100mg…成分はシルデナフィルが100mg
  • 50mg…成分はシルデナフィルが50mg
  • 25mg…成分はシルデナフィルが25mg

100mgのバイアグラは、海外では購入できますが、日本国内では販売されていません。有効成分量が多くなれば薬の効果も強くなり、錠剤の大きさも若干変わり、価格もいくらか高くなります。

バイアグラの錠剤は、きれいな水色をしています。形もひし形でこの形を英語ではダイヤモンドと言いますから、ついたニックネームがブルーダイヤモンド。ブルーダイヤモンドは宝石の中でも希少価値のあるもの。ファイザー社がバイアグラの形や色を意図的にそれに似せて作ったかどうかは別として、とにかくそれぐらい価値があるということでしょうか。

icon_arrow 精力剤との違いは?

精力剤とED治療薬の違いは幾つかありますが、大きなものとしては即効性があるかどうかということでしょう。シアリス、バイアグラやレビトラといったED治療薬であれば、服用して約15〜60分ほどで効果が現れると言われています。それに比べて精力剤は、継続して服用することによって徐々に状態を改善させていくものと言えます。


通販について


通販と言えばバイアグラ、バイヤグラと言えば海外個人輸入代行と、すぐにも思いうかぶほど、通販の申し子的な存在となったシアリス、レビトラ、バイアグラとジェネリックバイアグラ。このように通販でバイアグラが多く取り扱われるのになったのには理由があります。詳細は→バイアグラ通販について(コラム)(istorejapan.biz/viagra/55)

[ 個人輸入とは ]
個人輸入とは、字の如く個人が何かを輸入する事です。海外から品物を国内に持ち込むと、商品の価格以外に関税がかかる事がありますね。物によっては個人で持ち込むことができないものや、数量に制限のあるものなどがあります。これらのややこしい一連の業務を個人に代行して一手に行っているところが個人輸入代行業者です。

icon_arrow どのバイアグラ錠を購入するか

薬の強さで選ぶ時、ファイザー社製のブランド品バイアグラは、有効成分の量で25mg、50mg、100mgの3種類の錠剤があります。有効成分が多くなれば当然薬の治療効果が強くなります。効果の続く時間は、有効成分量が多くなってもそんなに変わりはありませんから、例えば50mgの時は4時間続いた効果が、100mgで8時間になるわけではありません。また、バイアグラの錠剤は、有効成分量で大きさが変わります。以前手にした50mgのものより100mgの錠剤が大きくてもそれが正しいので心配しないでください。

icon_arrow バイアグラの販売価格について

販売店のバイアグラ販売価格は、買う側にとっては大切なポイントです。値段は安いにこした事はありませんが、通販の場合は、安いばかりが良いとは限らない事になるはずです。安く販売できると言うことは、利益も考えないでただ同然に売ろうとしていない限り、必ず理由があります。バイアグラは元々が安くない薬、お店に出向き実物を手にして買うわけではない通販の場合は、他と比べて極端に価格が安すぎる場合は、ちょっと考えた方がよいかもしれません。

[ 関連コラム ]


バイアグラ 関連の医薬品


icon_arrow バイアグラの女性用医薬品

女性用のバイアグラの成分は、男性用のバイアグラと同じシルデナフィルです。シルデナフィルの働きは、血管拡張作用で、細い血管までも拡張させ、十分な血流を生み出し、体の隅々まで栄養分と酸素を運ぶ血液がよく循環し行き渡る事で、体の各器官が潤滑に機能するようにし、充分でなかった機能が改善されるというように働く薬です。詳細は次を参照してください。→女性用バイアグラと性生活

icon_arrow バイアグラのジェネリック医薬品

バイアグラには、ファイザー社製とは別に、同じ有効成分シルデナフィルを使ってファイザー社以外の会社が製造したジェネリック薬があります。この場合は、バイアグラとは呼ばずに後発薬バイアグラ、または一般名でクエン酸シルデナフィルなどと呼ばれます。錠剤の形やサイズも製造元によって違ってくる事もあるでしょう。当然ながらジェネリック製品には、ファイザーのロゴは刻印されていませんし、容器や包装形態も違ってきます。価格面においては、ジェネリックはブランド品と呼ばれる製品にくらべてグンと低価格に抑えられています。


関連リンク