ホーム  > レビトラ  > 本当に安心?れびとらの副作用について

本当に安心?れびとらの副作用について


baiagura-ed.png

日本で認可発売されているED治療薬の中で一番強い効果が得られるのがレトビアと言われています。

しかし、これはあくまで認可されているという前提での話で、日本で認可されているバイアグラは50mgまでなので、海外発売されている100mgを含めると話はまた違ったものになってきます。

そんなレビトラの副作用ですが、主なものとしては顔のほてりや動悸、頭痛、目の充血が挙げられ、その他の鼻水や鼻づまり、胃痛はどれも生活に支障をきたすような副作用ではないので、安心して使用できるED治療薬と言えるでしょう。

しかし、れびとら(レビトラ)は(ジェネリックを含めて..)バイアグラと比べてもその効果が現れる時間が早いことが影響するせいか、バイアグラ副作用と比べてれびとら副作用が強く現れるという傾向が強いように思われます。

効果がじわじわと現れることで知られている副作用がシアリスに少ないことを考えても、効果の現れるのが早ければ早いほど、副作用は強くなるという傾向は確実と考えた方がいいでしょう。

しかしこの副作用の現れ方には個人差も大きく関係してきますから、バイアグラとれびとら、シアリスを比較して必ずしもれびとらのが副作用が強いとはっきり断言できるものではありません。

何かしらのED治療薬を使用して副作用が我慢できないという人は、これら3つのED治療薬を飲み比べて、どれが1番副作用がないのかを確かめてみるのが1番いい方法と言えるでしょう。

それではレビトラにはどのような副作用があるのかを詳しく説明していきたいと思います。


一般的な副作用は?


ED治療薬として販売されているものは、副作用がありはしますが、どれも生活に支障きたすようなものではないので、安心して使用できることが確認されています。

しかしその副作用の種類や数は薬によって違ってくるので、この副作用だけは避けたいという希望がある場合は、どんな副作用があるのかを知っておいた方がいいでしょう。

れびとらの主な副作用としては冒頭でも申しましたが、顔のほてりや動悸、頭痛、目の充血が挙げられます。

しかしレビトラの副作用で注目したいのはその発生率の低さです。

国内外で行われた副作用を調べるための臨床実験結果の発生率を見ると、国内実験では28.15パーセント、外国実験では31.16パーセントとバイアグラの副作用の90パーセントという数値と比べると格段低い発生率であることが証明されています。

またこの副作用はバイアグラと同様に、薬の効果が薄れるに連れて消えていくことが確認されているので、安全性から言えばバイアグラよりもさらに高いことが実証されたということになるのです。

副作用の捉え方は個人によって違ってくるので、顔がほてるくらいでないと効いた気がしないという人もいれば、チョッとしたほてりでも気になってしますという人もいます。

まずはどのくらいの副作用が現れるのかを、試して確認するというのが1番いい方法だと言えるでしょう。


関連リンク