ホーム  > レトビア  > レトビア専門医を訪ねる前の自分への一問一答

ED薬レトビア専門医を訪ねる前の自分への一問一答


baiagura-ed.png

男性が、レトビアを使って見ようかと思うと言う事は、そう考えるに至る何らかの状況があったからだということになるでしょう。それは、ある日突然訪れた予期せぬ出来事であったかもしれませんし、あるいは、日々少しづつ気になってはいたものの、確信にまで至らなかったというような状況のものであるかもしれません。それが、やはりある時点で、または第三者からの忠告などで自覚させられることになり、自分自身の勃起不全症を疑い始めるという事になるわけです。それが、ED薬レトビア専門医を訪ねるきっかけ、最初のタイミングともなるわけなのです。

健康保険とレトビラの値段に関する詳細は次を参照してください。→健康保険とレトビラの値段

勃起不全症であるかもしれないと言う疑いを感じたならば、一番良いのは主治医、もしくは専門医の診察を受ける事になります。ただ、医師の診察を受ける前に、勃起不全症の基礎知識、レトビアの情報などを予め、ある程度は理解してから、診察台に向かう事で、診察の場で最低限理解すべき内容がわかり、医師と共に今後の自分の治療方法などを判断するのに役立つ事になるはずです。聞いてもわからないような専門的な部分まで知る必要はないまでも、知っておくべきいくつかの基本的な事はあります。医師を訪ねる前に自分の状況が今どうなっているのか自身で判断してみましょう。


私のEDの原因は精神的なものか、機能的(肉体的)なものか?


レビトアでEDの治療を行なうのに、その原因を知る事は大切です。医師を訪ねたときにも、おそらくEDの原因についての心当たりを聞かれることになるかもしれません。自分のEDの原因が精神面にあるのか肉体的な機能不全にあるのかがわからないという人の場合は、目安は朝立ちの有無。夜や明け方に自分の意思に関係なく男性のペニスは複数回勃起するようになっていると言います。この時はしっかり大きくなっているのに、肝心の場面でうまくいかないのは、精神面からの原因を考える必要がでてきます。反対に、毎朝の勃起を感じなくて久しいという人の場合は、血流などの機能面の衰えをEDの原因としてまず考える事になってくるでしょう。

EDの原因として精神面、機能面以外に考えられるのが、他の疾患からの影響です。もし、あなたが心臓血管障害、高コレステロール、または糖尿病を持っていて、その治療を行なっているのでしたら、高血圧、高コレステロールの薬や抗うつ剤などのいくつかの処方箋の中には、勃起の問題を悪化させるものがあることを理解しておきましょう。これらが原因として考えられる場合は、レトビアの使用を専門医とよく相談しながら進める事になります。


私の精力(性欲)は衰えていないだろうか?…※レトビアは性欲を補わない


性欲があるかないか、精力が衰えているかいないかは、実は本人がもっともよく自覚しているはず。性行為への関心や性生活への虚無感、そういったものがありませんか? 性欲減退はEDの主要原因のひとつになっています。もし、性欲減退を感じているのでしたら、レトビラにだけ治療を頼ってもED治療結果が出ない事が考えられます。ED治療薬は性欲を起こさせる薬ではないので、性欲が減退していると感じる方は、ED治療とは別に性欲増強の為の対策が必要になってきます。


レトビアなどの薬を使う前に、私に他にできる対策はないか?


レトビアなどのED治療薬を呑んで現れる即効の効き目は期待できないけれど、もちろん薬を呑む以外にもできる自己対策はありますね。EDの原因にあげられる血管障害を誘発させる、血管を老化させると言われる喫煙をやめる事。高コレステロール値の方は、運動するなどしてコレステロールの値を下げる。肥満気味の方は体重を減らすといった努力がEDの改善につながる事がわかっています。これらの自己対策は、レトビアなどのED治療薬を使った時の効果を、更に向上させることにつながる事もわかっています。より良い治療効果を得るためにも、健康的な生活習慣を心がける、レトビラなどの薬に頼るだけではない治療への姿勢が大切だというわけです。

* シリアス薬通販店の上手な選び方


関連リンク