ホーム  > レトビラ  > 健康保険とレトビラの値段

健康保険とレトビラの値段


baiagura-ed.png

健康保険制度がしっかりとしている日本では、ちょっと考えられないことですが、アメリカには、日本で言うところの国民健康保険がこれまではありませんでした。先進国でありながら、ちょっと恥ずかしいアメリカの一面でしたが、このたび2014年よりオバマケアなる国民健康保険制度が本格的に始まり、アメリカの医療の歴史に残る大きな出来事となっています。

日本では、レトビラを処方してもらう時に、現在のところ健康保険が使えないと理解しています。1錠の値段が1500円は裕にする高価な薬が、すべて自己負担での購入となっているわけですが、アメリカも実は、日本と同じ様にレトビアの購入には健康保険が通用しない事が多くて、レトビラの値段をすべて実費で払って使っている人が多いのです。

* 薬レトビア専門医を訪ねる前の自分への一問一答


アメリカの健康保険はレトビラの値段をカバーしない


* レビトア関連のためになる医学の知識

アメリカでは、2014年1月から、今までは健康保険が使えた薬でも、これからは健康保険の対象外になる薬が50品目ほどあるらしく、このリストの中に入っている薬は、ほとんどの健康保険会社の保険が効かないと言う事だらしいのですが、レトビラはその中のひとつになっています。性行為を出来るようにするという、生命や生活に直接関係してこないED治療薬に健康保険が使えないのは、理解できないことはないですが、しかし、レトビラの様な1錠の値段が1500円(アメリカの場合は15ドルくらい)はする薬を保険のカバーなしに全額負担で使う側の人間にとっては、大変な問題になるわけです。

アメリカの医薬品の値段は、高いなといつも感じています。そうかと思うと、驚くほど安いジェネリックがあったりします。ドラッグストアには、処方箋で購入する薬の多くは健康保険が使える事が多いのですが、それも、使っている保険が何かによって違ってきます。アメリカには、健康保険の種類が何種類もあって、仕組みも色々で、カバーする医薬品の内容も様々、カバーする値段もピンからキリです。月々の掛け金が高い良い保険に入っていないと、かかるドクターの質も違ってきたりするというシビアな現実があります。

アメリカで後発医薬品、新薬よりも安い値段で購入できる医薬品が普及するのには、健康保険制度が確立していなくて、医薬品を実費で購入しなければならない人が多いという理由がひとつにはあるわけです。でも、レトビラは保険が通用しないわけですから、どんなに掛け金の高い良い保険に加入していても関係ない事になります。レビトアの様な高価な薬で、しかも長期服用を続けることになる医薬品は、ジェネリックが普及するのが当然なわけなのです。ですから、アメリカでも、レトビアを海外の個人輸入代行のシステムを利用して購入する人が多く、アメリカの場合は、カナダやイギリスなどアメリカ以外の医療先進国からの輸入が主流となっているようです。

* ED薬シリアス販売店の上手な選び方


レトビラの値段と保険が効かない日本


保険が使えない日本で、レトビアの値段を全て実費で購入するのも、もちろん、医師の保証つき、薬の効き目を確認しながら、診察を受けながら、相談をしながらと質の高い医療を受けるという点では、よいですが、海外の個人輸入で紹介している値段の安いジェネリックのレトビラを利用すれば、ED治療にかかる費用をセーブできるという事になり、それもちょっと魅力的です。どうしても、ED治療はレトビラでなければと考えている人には、個人輸入代行で利用できるレトビラのジェネリックを利用するのも出費を抑える事ができるひとつの手段なわけです。

EDを治療するという事に対して、健康保険が使えるようになる時代が来ないかなと思っている人は多いはず。保険が効けば、レトビラを始めとするED治療薬を利用する人がもっともっと増える事は確実なので、ED治療がどれほど重要なことなのかを製薬会社たちが訴えているという話も新聞に載っていたり…。保険が使えないなら、値段がもう少し安くならないものかと思ってみたり…。ED治療薬がもっと安い値段で買える時代が一日も早く来ることを願いたいものです。