ホーム  > レビトラ  > レビトラの20mgで朝までの効果

レビトラの20mgで朝までの効果


baiagura-ed.png

男性の中には、朝起きぬけの時間の性行為を好まれる方が結構います。特に忙しく過ごした後の週末の余裕のある土曜日の朝などは、会社に行く必要もなく、ベッドの中でゴロゴロといつまでも時間をつぶす事がよくありますね。そんなリラックスした時間に、隣の女性を誘ってみたくなる気持ちは、当然ではないかと思います。でも、EDの症状がある場合は、そんな時も気持ちの赴くままと言うわけにはいかないことになります。20 mgのレビトラは、夜呑んだ1錠の効果が朝まで続く場合があり、朝の時間が大好きと言う男性の間ではちょっと話題の品になっています。


ばいあぐらとレビトラ20 mgの朝までの効果比較


レビトラの20 mgを使って朝の時間まで効果が残っていたと言う人の話がよくありますが、ばいあぐらではどうでしょうか。ここで、ばいあぐらでED治療をした場合の事を考えて見ましょう。ばいあぐらを前の夜呑んで、大切なパートナーと楽しい時間を過ごし、眠りにつきます。朝起きると昨夜の感覚が蘇り、また、隣に寝ているパートナーを誘いたくなります。

ばいあぐらの効果持続時間は、3〜4時間ということですから、昨夜10時に呑んだ薬の効果は、午前2時くらいにはなくなっています。11時に呑んだとしても、午前3時くらいには効果が弱くなってしまっています。朝の7時や8時に目覚めて、気持ちが乗ってきても昨夜の薬の効果は、残念ながら残っていない事になります。

では、起きぬけに1錠呑んではどうかと思うかもしれませんが、ばいあぐらもレビトラも、次の服用まで24時間待たなければならないことを、忘れてはいけないですね。つまり、昨夜服用した時間まで待たなければ、次の1錠を呑んではいけないというわけ。朝の時間に気持ちが高ぶったとしても、ばいあぐらの場合は、朝まで薬の効果が残ってはいない事がほとんどなので、薬の力に頼らないで、自分の持てる力で朝の性行為に臨むしかないことになるわけです。

レビトラの20rが効果持続時間が、結構長いと体験談で話す人がいます。レビトラのもっとも効果の強い錠剤有効成分のバルデナフィルが20 mg入った錠剤は、1錠の効果が、夜呑んで朝起きても残っている場合が少なくなく、朝の時間も、昨夜の1錠のレビトラでヵバーで来たる場合があるとの事なのです。


レビトラ20 mgの効果で朝の時間を満喫


朝の時間の性行為を好まれる男性は、例えば、夜寝る間際にレビトラ20 mgを服用して朝起きぬけに楽しむという方法もありますが、即効性があるレビトラ20 mgを朝起きぬけに呑めば、空腹時の服用でもあるわけですから、待つ事そう長くなく、ものの15分ほどでレビトラのED治療効果が現れるということを、利用すればより確実に効果的に朝の時間を楽しむ事ができるでしょう。

ばいあぐらの様に、起きぬけに1錠の薬を呑んで1時間待たなければならなかったら、薬の効いてきた頃には、パートナーはすっかり起き上がってしまっていたと言う事にもなりかねず、まだ、目覚め切れない状態のまどろんだ良い雰囲気の中でのタイミングにあわせにくいことになります。もし、シアリスなら、1錠で24時間の効果が期待できるので、朝の時間もシアリスならレビトラ同様に無理なくカバーする事が可能になります。

レビトラの20 mgは、効果もはっきりしていて、効果持続時間も、適当に長く、しかも即効性のあるのが、タイミングを合わせやすくてうれしい薬です。錠剤も呑み易い大きさで、副作用もばいあぐらまでではなく、扱い易い薬となっています。空腹時の服用が望まれはしますが、空腹でないといけないということはなく、そこら辺のところもありがたい点。以上の様なことからも、レビトラの20 mgは、ED薬を海外からお届けしている輸入代行では、人気のアイテムとなっているということです。


関連リンク