ホーム  > レビトラ  > れびとら持続時間

れびとらの効果持続時間と効果の程度


baiagura-ed.png

手術などの手法を使わなければ、効果的な治療結果がなかなか得難かった一昔前とは違って、今はれびとらなどのED治療薬を使って勃起不全の症状を薬で治療する事ができるようになり、ずいぶん便利な(?)世の中になりました。その中で、即効性があるということで評判の高いれびとらは、ED治療薬の中では、バイアグラに次ぐ2番手の薬という事になります。れびとらの効果の持続する時間は、バイアグラよりは若干長く、平均して6時間という説明になっています。この6時間の間は、ED治療効果があるということなのですが、それでは、その効果の程度は6時間の間常に平均して同じなのでしょうか?


れびとら効果の持続時間の最初の数時間


れびとらは、効果が大変早く現れるということで評判が高い薬です。空腹の時の服用であれば、バイアグラやシアリスがどんなに早く効き始めたとしても、30分であるのに対し、れびとらは15分と言う説明ですから、どんなに速いかがわかります。このれびとらの効果が現れ始めた頃の最初の数時間は、薬の効果が最も強く現れ易い時間帯であると普通考えられています。

れびとらの持続時間が6時間であるということを頭に置いて、パートナーとのタイミングをもちろん、計ることになるのですが、もし、前もって性行為の予定がわかっているのであれば(難しいことではありますが)その1~2時間前までにれびとらを服用する事ができると理想的だと考えられます。

わざわざ、服用のタイミングを遅らせて4~5時間も前にれびとらを呑むよりは、直前に呑んだ方がより効果的な活用ができるという事になります。他の薬ならともかく、効果が早く現れるれびとらであるからこそ、性行為の直前の服用が可能になります。急にその気になったとしても、れびとらなら呑んですぐに効果が出るのですから、急な気持ち、突然のロマンスにも対応する事ができるというわけなのです。


れびとらの持続時間の終わりの数時間


それでは、れびとらを服用して効果持続時間が終わる頃の薬の効き目はどの程度になっているのでしょうか。最初の頃と同じくらいの効果があるのでしょうか。それとも、薬が切れる直前ですから、ED治療効果も弱まっているのでしょうか。答えは、後者になるはずですね。有効成分の効力がなくなる直前と言うのは、例えば、つい今しがたまで、素晴らしい勃起のサポート力を見せていたのに、ある時を境に(例えば6時間経過した途端に)バタリと効果がなくなると言うのではありません。徐々に効果が弱まって行くはずです。

でも、効果持続時間6時間というからには、ED治療効果を得る事ができるだけの十分な効果が6時間まではまずありますよという事であると理解すると良いはず。効果持続時間終了間際のれびとらの効果は、服用直後の数時間と比べれば、少しは弱くなって感じるかもしれませんが、EDのサポートはしっかりできるという事なわけです。でも、中には、最初の頃も効果持続時間終了間際も、効果の程度は同じだと感じている人もいます。また、効果の程度は、錠剤の強さや、服用時の状況などにも常時影響されると言う事も忘れないようにしましょう。


れびとらの効果持続時間が終了してからの数時間


さて、れびとらの効果持続時間が終了した後はどんな感じなのでしょうか。パタリと何の音沙汰もなくなってしまうのでしょうか。答えは、そんな事はないとなるかと思います。6時間までは、徐々に効果が弱まりながらもまだ十分にED治療ができる程度の効果がありますが、6時間を過ぎる頃から、EDを完全にサポートするには不足かもしれないが、薬の効果は若干残っているということになるわけです。

全く完全になくなってしまうまでには、もう少し時間が経過しなければならないでしょう。ですから、れびとらを服用して8時間が経過しても、ED治療効果があるという人がでてくるわけです。EDの症状の程度や、本人の健康状態、服用時の状況などで、れびとらの効果が長くなると言う事、れびとらの効果持続時間が8時間まで感じられる事もあるという事がそれを証明しています。


関連リンク