ホーム  > レビトラ  > レビトラ効果  > レビトラ効果に関する基礎知識

レビトラ効果に関する基礎知識


レビトラ効果

レビトラ効果は、薬を呑んだ後の数時間に確認できます。レビトラの効目が切れれば、EDの症状は元に戻ります。性行為の機会があるたびごとに事前に服用して治療する薬です。週に3回服用する人、週に1錠服用する人と、色々だと言う事です。

ED薬レビトラは、即効性のある治療薬です。レビトラの効果もばいあぐらより少し長くなっています。食事からの影響も全くではないですが、あまり受けなく改良されています。副作用もかなり軽くなっています。ドイツのもの作りに対する真摯な姿勢が十分にこの薬に表現されていると見て取る事ができます。ばいあぐらで満足いく体験効果が得られなかった方、副作用で困った方は、レビトラを一度お試し体験になると良いかと思います。

* 体験談から分かるレビトラとバイアグラの効力


レビトラはよく効く?


レビトラの体験談を見ると、レビトラはよく効く薬だと聞きましたと尋ねられることがたまにありますが、レビトラが他の薬よりもよく効く薬かどうかの医学的な論証はされていないですし、ばいあぐらがよく効くと言う人もいれば、レビトラがよく効くという人もいます。それはつまり、レビトラは自分によく効くという意味なのであって、誰にでもよく効くというのではないですね。しかし、早い効き目をよく効く薬と理解する方はいますね。熱さましを呑んですぐに熱が下がった薬をよく効く熱さましの薬と言うのと同じ事です。また、3種類あるレビトラの錠剤のどの強さを使うかでも効き目は変わります。


レビトラは呑んですぐ効く


他のED薬と比べた場合のレビトラの効果の何と言っても優れている点は、効き目が早く現れることにあります。どうして、効き目が早く現れるのかというと、レビトラの場合、有効成分のバルデナフィルが体内に吸収される時間が早いので、効き目も早く現れるのであるとの説明です。普通は、1錠服用して30分ほどで準備が完了するとの事、もし、お腹の中が空っぽの状態での服用であればもっと早くて、15分もすればいつでもOKの状態になるはずだとの事です。


レビトラ効果は約5時間


レビトラの効力持続時間は約5時間、長い方では8時間まで効果を感じられる方もいるとの事ですが、一般的な効果としては5時間と理解するとよいでしょう。効果は体の具合、気持ちの乗り具合、性欲の起こり具合によってもかなり左右されますから、時に3時間ほどしか効果がなかったと感じるときもあるかも知れませんし、時には、8時間近く経過していても十分な勃起のサポートを感じると言うこともありえるでしょう。

効果的な用量は、1日に1錠限り

レビトラは1日に1錠限りです。その日1錠呑めば次の1錠は24時間以上経過してからです。薬を呑むタイミングを掴むのは、最初は難しいかもしれません。パートナーとの気持ちのタイミングもその都度影響します。性欲の高まり具合も当然効果を左右するでしょう。薬を呑むタイミングは、数回の服用を経験して分かるんだと理解しておくと良いと思います。


レビトラ効果の基礎知識に関する整理

レビトラ効果の特徴は次のとおりです。

  • 効き目は即効性がある
  • 効果持続時間が5時間以上
  • 食事の影響をあまり受けない
  • 副作用が軽い
  • 性行為の1時間前の服用がベスト(空腹時なら15分でも効き目がある)
  • レビトラの最大の効果は服用後の最初の1時間が最高
  • レビトラの有効成分 バルデナフィルの量が多くなると効き目も強くなる
  • レビトラの服用は24時間に1錠限り

関連リンク