ホーム  > レビトラ  > レビトラの上手な服用方法

レビトラの上手な服用方法について。


レビトラは、ドイツの大手製薬会社バイエルが服用タイプのED治療薬としてはバイアグラに続き2番手に発売に漕ぎ着けた薬です。バイアグラの不都合な点もかなり改良されているとの事です。ED治療薬レビトラの効果を十分に引き出す為には、服用方法をよく守り上手に使用する事が大切です。


レビトラを上手に服用する


レビトラの服用方法

ED治療薬は、毎日決まった時間同じ量を服用する薬ではありません。食後30分に呑むとか、食間に呑むなどの指定がとくにされていません。また、効果のある時間が限られています。この様な薬を上手に呑むための抑えるべきポイントがいくつかあります。

レビトラ服用方法のポイント


服用するタイミング


ED治療薬を服用するときに難しい事があるとしたら、この服用のタイミングかもしれません。薬の効果が1日続くような薬であれば、今日彼女と一日過ごすから、出かける前に1錠呑んでおこうという事もできるかもしれませんが、れびとらは薬の効果が5時間ほどで切れる薬です。この効果持続時間内に性行為ができなかったら、せっかくの高価な薬が無駄になってしまいます。次に服用できるのは、前に服用してから24時間経過してからです。その間は、勃起のサポートを得る事ができません。もし、このブランクの間にチャンスが訪れたなら、その時は自力で勝負する事になります。


レビトラと性欲


れびとらには、性欲を起こさせる成分は含まれていません。薬の効果は、性欲が起こる事が必須条件です。薬を呑んで何ら気持ちに変化がなければ、大切な部分にも変化が起こらないという事です。反対に十分な性欲があれば薬の効果もより良く発揮されるはずです。日頃から、性欲減退気味だという方は、性欲が沸くような努力が別途必要になるでしょう。気持ちが高まるような映画を見るとか、雑誌を見るとか、精力剤を日頃から呑むようにするのも、性欲補強のひとつの方法です。


食事との間隔


レビトラは、食事からの影響があまりない薬です。あまりないといっても全くないのではありません。バイアグラほどは食事から影響されないとはいっても脂っこい食事や、お腹一杯食べた後ではやはり薬の効果に影響が出ます。食後の服用であればできるだけ時間をあけるに越した事はありません。一番良い服用方法は、食事前の空腹時に呑む事です。服用後30分ほどで薬の成分が吸収されてしまいますから、その後であれば何を食べようがほとんど影響がありません。また、お酒は飲んでも構いませんが、軽く嗜む程度で抑えるようにしましょう。


服用1時間後が最高の効果


レビトラの効果は薬を呑んだ1時間後が最高になります。その後少しづつ効果が弱まりはしますが、5時間後までなら十分に勃起のサポートが可能です。20mgの錠剤を服用した場合は、もう少しながい時間効果を感じる事になるかもしれませんが、あくまでも効果が最高に現れるのは服用1時間後であるのは同じです。そのタイミングで性行為にのぞめるのがベストです。


レビトラの効果持続時間は5時間


薬の効果をよく知って服用する事が何よりも大切です。れびとらは、効果持続時間内中常に100%の薬の効能があるのではなく、効果が強い時間と弱い時間があります。

レビトラの効果持続時間は5時間以上です。8時間まで効果を感じる方もおられます。薬の効果には、本人の体調や気分も大きく影響します。いつ呑んでも常に5時間以上の効果があるとは限らないはずです。また、時には夜呑んだ薬の効果が、朝起きた時にも十分に残っていて、朝から元気ということもあったりします。薬の効果は必ずしも一定していない事、個人差がある事を理解しておきましょう。


関連リンク