ホーム  > レビトア  > レビトア関連のためになる医学の知識

レビトア関連のためになる医学の知識


レビトア

ED治療薬レビトアは、勃起不全の症状を1錠服用するだけで、その後数時間改善することができる薬です。薬には、色々なタイプのものがあります。高血圧治療薬のように、決まった時間に毎日服用するもの、炎症を起こしたときに呑む抗生物質のように、1週間とか2週間とかの決まった期間呑み続けて、体の中で細菌が完全に死滅する事で症状を完治させるもの、熱が出たら解熱剤、お腹が痛くなったら胃腸薬、頭が痛くなったら頭痛薬といった様にです。レビトアは、毎日呑む必要は基本的になく、性行為のチャンスが訪れそうな、そう、二人で過ごす大切な時間の少し前に呑んで、準備する薬です。

* ED治療薬専門医を訪ねる前の自分への一問一答


高齢とEDの相関関係


EDは高齢が原因と思っていらっしゃる方が多いと思います。高齢と言っても60歳や70歳といった、普通に私たちが老人に区別する年齢の高齢ではありません。EDの場合の高齢というのは、実はもっと早くに始まるのです。アメリカの泌尿器科では、レビトアなどの薬を必要とし始める男性の年齢、お肌の曲がり角ならぬ陰茎の曲がり角は45歳だと考えているらしい事は、知人の医師の話です。60歳や70歳ならともかく、45歳はまだまだ高齢には程遠い年齢、ですから高齢だからEDになると言うには少し無理がありそうです。

* ED治療薬レトビラの価格


レビトアと性欲相関関係


男性の性欲は、少々衰えはしても、基本的には何歳になっても無くならないものだらしいですね。60歳で子供ができた方の話に、顔をゆがめて反応する方がいたりしますが、60歳でも性欲はあって当たり前で、健康であれば子供も作れるのは自然の成り行きなのです。性欲があるのに勃起の方がちょっとという方は、レビトアなどの治療薬の力をかりて、現役を通せばよいわけです。レビトアの効果には、性欲を起こす働きはありません。つまり興奮剤の様なものではないという事です。有効成分バルデナフィルの説明からもわかるように、性欲が起こりさえすれば、いつもに増して多くの血流を確保できる薬がレビトア。ですから、性欲の方は何とか自分で起こさねばならないという事です。


レビトアの効果について


レビトアは即効性が特長のED治療薬です。薬の効果は1錠を服用後約30分で現れます。レビトアには性欲を起こす興奮剤の様な成分は含まれていません。効果を見るためには、呑んだ本人が性欲を感じなければなりません。1錠の効果持続時間は通常5時間ほどです。薬の服用は1日に1錠限りとなっています。レビトアは毎日決まった時間に呑む薬ではありません。必要にあわせ、性行為のたびに服用する薬です。


レビトアの特徴について


特徴は次のとおりです。

  • 効き目が早い
  • 効果持続時間は5時間
  • 興奮剤の成分は含まれていない
  • 錠剤は20mgが一番強い薬