ホーム  > レビトア  > レビトア関連のためになる医学の知識

レビトア関連のためになる医学の知識


レビトア

ED治療薬レビトアは、勃起不全の症状を1錠服用するだけで、その後数時間改善することができる薬です。薬には、色々なタイプのものがあります。高血圧治療薬のように、決まった時間に毎日服用するもの、炎症を起こしたときに呑む抗生物質のように、1週間とか2週間とかの決まった期間呑み続けて、体の中で細菌が完全に死滅する事で症状を完治させるもの、熱が出たら解熱剤、お腹が痛くなったら胃腸薬、頭が痛くなったら頭痛薬といった様にです。レビトアは、毎日呑む必要は基本的になく、性行為のチャンスが訪れそうな、そう、二人で過ごす大切な時間の少し前に呑んで、準備する薬です。

* ED治療薬専門医を訪ねる前の自分への一問一答


レビトアは、どの様にしてEDを治療するのでしょうか。


レビトアの有効成分バルデナフィルは、PDE5阻害薬に分類される成分です。PDE5はホスホジエステラーゼ5の事。血管平滑筋の中などに多く存在している酵素で、血管拡張作用や神経の伝達などに関与するある物質を分解してしまうと言われています。レビトアを服用すると、この酵素の働きが抑えられる為、体内で一時的に血管拡張作用に関与する物質が増加し、陰茎周辺の平滑筋が弛緩し血管が拡張、陰茎への血流増加が可能になるのです。

* 1錠のれびとらでできる1回分とは、効果時間の長さのこと


高齢とEDの相関関係


EDは高齢が原因と思っていらっしゃる方が多いと思います。高齢と言っても60歳や70歳といった、普通に私たちが老人に区別する年齢の高齢ではありません。EDの場合の高齢というのは、実はもっと早くに始まるのです。アメリカの泌尿器科では、レビトアなどの薬を必要とし始める男性の年齢、お肌の曲がり角ならぬ陰茎の曲がり角は45歳だと考えているらしい事は、知人の医師の話です。60歳や70歳ならともかく、45歳はまだまだ高齢には程遠い年齢、ですから高齢だからEDになると言うには少し無理がありそうです。

* ED薬レトビラの価格


レビトアと性欲相関関係


男性の性欲は、少々衰えはしても、基本的には何歳になっても無くならないものだらしいですね。60歳で子供ができた方の話に、顔をゆがめて反応する方がいたりしますが、60歳でも性欲はあって当たり前で、健康であれば子供も作れるのは自然の成り行きなのです。性欲があるのに勃起の方がちょっとという方は、レビトアなどの治療薬の力をかりて、現役を通せばよいわけです。レビトアの効果には、性欲を起こす働きはありません。つまり興奮剤の様なものではないという事です。有効成分バルデナフィルの説明からもわかるように、性欲が起こりさえすれば、いつもに増して多くの血流を確保できる薬がレビトア。ですから、性欲の方は何とか自分で起こさねばならないという事です。


レビトアの効果について


レビトアは即効性が特長のED治療薬です。薬の効果は1錠を服用後約30分で現れます。レビトアには性欲を起こす興奮剤の様な成分は含まれていません。効果を見るためには、呑んだ本人が性欲を感じなければなりません。1錠の効果持続時間は通常5時間ほどです。薬の服用は1日に1錠限りとなっています。レビトアは毎日決まった時間に呑む薬ではありません。必要にあわせ、性行為のたびに服用する薬です。


レビトアの特徴について


特徴は次のとおりです。

  • 効き目が早い
  • 効果持続時間は5時間
  • 興奮剤の成分は含まれていない
  • 錠剤は20mgが一番強い薬

EDの治療について


edの治療法としては、Pfizer社のEd治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリスなどを服用することで短期的には改善することができます。とはいえ原因が分かっている場合には、原因に応じた対処法を考えることは大切です。例えば、原因の1番目にあげた心理的な要因ですが、これも日々のライフスタイルを見直すことで少しずつ改善していくことも可能です。日常のストレスは、趣味を持つなどしてうまく発散させるようにしましょう。また普段からよく会話をするなどしてパートナーとの関係を良いものにしることも大切です。


ED治療薬とは


三大ed薬(バイアグラ、シアリス、レビトラ)が登場してから、edの治療に取り組むようになった方が多い事は、調べなくても簡単に想像がつきます。何故なら、過去におけるed罹患者が治療を受けた方の割合は、専門家の診察を受け手術や通院が必要だった治療法方などの為に、ed治療を始めるよりはあきらめる方のほうがはるかに多かったと言います。全体の2割程度の方が治療を受けたに過ぎなかったのだと。今では服用薬の登場で治療が簡単になり、しかも、すぐにはっきりした効果を実感できるわけです。薬を呑んで治るならと勇気を出す方が当然増えているわけです。

ed薬を手に入れる方法として、病院でed治療薬を処方してもらう方法と通販サイトで購入する方法の2種類があります。どちらの方法で手に入れたら良いと思うかは人によってだいぶ異なります。ed関連のネットの相談や口コミなどを見ていると、病院で処方してもらうことを勧めている人が多くいるのは確かです。病院やクリニックで処方してもらえば確実に本物正の規品が手に入るという安心感があるからです。


ジェネリックED薬とは


オンライン販売では、ブランド品と言われるED薬と並んで人気があるのが、EDジェネリックの医薬品ですが、色々な名前があって、かなりの種類のEDジェネリックがオンライン上に存在すると言う事が見て取れます。こんなにたくさんの種類がある中から、自分に相応しいひとつの薬を選ぶと言うのは、かなり難しいことのように思えてきます。価格だけで、ただ安いジェネリックED薬をと思えばもちろん、悩む必要はないわけですが、ED治療の為に呑む薬なわけですから、自分に効かないと意味がありません。