ホーム  > レビトラ カテゴリ  > レビトラとは

れびとらとは?について


レビトラとは、高齢、ストレスなどの精神的なもの、糖尿病などの血管障害を伴う病気などの様々なものが原因となって起こる、男性の勃起不全症を治療する薬です。レビトラは同じ治療薬の分野では、先発して発売されたファイザー社のバイアグラに次ぐ2番手の服用薬となります。

* れびとらはバイアグラより効果が強い?
* レビトラの通販について(コラム)


レビトラの名前について


レビトラの名前

レビトラ、最初にこの薬の名前を聞いた時、何の事かわからない難しい名前が比較的多い薬の名前にしては、短くて語調の強い覚えやすい名前になっているなと感じました。

強い印象のレビトラの名前

日本語の場合、レビトラのビのように濁点がつく発音は強くなります。強くなると同時に印象も強くなります。医薬品をはじめ商品名は、覚えやすいとか、印象強いといったものが求められます。薬はもちろん名前で売るものではなく、その効果の如何で売られるものですから、売り込み目的の為に命名はしないでしょうけれども、皆によく記憶してもらうに越した事はありません。

ドイツの会社が製造元

レビトラを作ったのはドイツの会社。レビトラは英語ではないのです。LEVITRAと書かれるこの薬の語源、LEはフランス語で男性名詞の頭に付く定冠詞leから来ているのだそう。LEに続くVITRAはラテン語なのだそうですね。ラテン語で生命の意味だそうです。日本語に訳すと「(男性の)生命」となります。ED治療薬らしい命名になっています。

レビトラとレトビラ

レビトラと最近は間違わなく言えるようになりましたが、最初の頃は、レトビラだったっけ?と判らなくなることがよくあって困りました。これは、私自身の記憶力の退化が問題なのですが、同じ様な間違いをした事のある人も、きっといるのではと思います。日本人は漢字を使う民族ですね。漢字を見て頭の中にインプットして言葉を覚える習慣が付いているので、例えば、アメリカで友達になった韓国や中国の人の名前を漢字で一度書いてもらうとすぐ記憶できるなと日頃から感じています。レビトラも例えば「礼美寅」などと当て字で漢字名をつけると結構早く覚えたりするかななんて思ったりします。


レビトラとは


レビトラはドイツの大手製薬会社、アスピリンで有名なバイエル社が、発売した勃起不全症治療薬です。1998年にアメリカのファイザー社が発売した同様の薬バイアグラを研究、改良して作った薬と言われています。服用の勃起不全症(ED )治療薬としてはバイアグラに続き発売された2番手になりますが、バイアグラの不都合な点を改良した、ある意味バイアグラの改良版の様な薬になるといって良いのかもしれません。(ファイザー社さんごめんなさい)改良版とは言っても、有効成分もバイアグラとレビトラでは違います。先の物が良く効くか、後の物がよく効くかはとにかく薬の問題、個人差があるので一概にどちらが良く効くとは言い切れない事になります。

レビトラの有効成分

レビトラの有効成分は、バルデナフィルという血管拡張作用のある成分。体の中に取り込まれると、速やかに陰茎周辺の血管に働き、高齢や血管障害から細くなったり弾力を失って収縮してしまった血管周辺の筋肉を弛緩させ、血管を広げる働きをします。広がった血管は、一度にたくさんの血液を通す事ができます。陰茎が勃起する為には、たくさんの血流が陰茎に集まり留まらなくいてはなりません。その為には、血管拡張作用のあるバルデナフィル成分がED治療によく効果を現すのです

レビトラの錠剤

通販で販売されているバイエル社のレビトラの錠剤には、有効成分の含まれる量によって3種類の強さがあります。有効性分量が多いほど、治療効果は高くなります。レビトラ1錠当たりの効果持続時間は、5時間ほどですが、有効成分の含まれる量が多くなってもこの効果持続時間には、大きな差はない事になっています。また、バイアグラと比較するなら、レビトラの20rの錠剤が、バイアグラの100rの錠剤と同等の効果を持っているとのことです。

レビトラの錠剤

  • バイエル社レビトラ(バルデナフィル)…20r
  • バイエル社レビトラ(バルデナフィル)…10r
  • バイエル社レビトラ(バルデナフィル)…5r

関連リンク