ホーム  > レビトラ  > バルデナフィル

バルデナフィルとは


バルデナフィルとは

医薬品の一般名は、覚えにくい名前が本当に多いと思いませんか。日本人の私たちにとっては、外国の言葉を日本語で読むので余計なのかもしれませんね。日本語ならバルデナフィルとカタカナで7文字ですが、英語ではVardenafilです。これはまだ短い方で、解熱剤で知られるタイラノールの一般名は、Acetaminophen、咳止めの中に入っている成分では、Dextromethorphanなどと言った名前もあり、こうなると日本語でどう読んだらいいかもわからなくなってきます。こんな横文字の長い薬名を覚えなければならない、薬剤師の仕事もさぞ大変でしょうね。

バルデナフィルはバイアグラのシルデナフィルと成分名がちょっと似ています。最初の頃は、バルデナフィルとシルデナフィル、シアリスのタダラフィルの3つの成分名が、ゴッチャになってしまう事がありました。バイアグラだからバルデナフィルで、シアリスだからシルデナフィルかなと思ったり…。今では、バルデナフィルは、れびとらの一般名、ドイツのバイエル社が製造して販売する、第2の服用ED治療薬の事をいうのであるとよく理解しています。


バルデナフィル(れびとら)の錠剤の種類

次のとおりです。

  • バルデナフィル(れびとら)が20r含まれるもの…バイアグラの100rに相当
  • バルデナフィル(れびとら)が10r含まれるもの…バイアグラの50rに相当
  • バルデナフィル(れびとら)が5r含まれるもの…バイアグラの25rに相当

バルデナフィルとドイツの製薬会社バイエル


バルデナフィルは、ドイツの有名な製薬会社バイエル社の製品、丸の中に十字に文字がクロスしたロゴと言えばすぐピンとくる、アスピリンで有名な製薬会社Bayerの事です。バイエル社と日本では呼んでいますが、アメリカではベイヤーと聞こえる会社名、アメリカでバイエルと、この会社名を読むと意味が通じない事になるのです。バイエルで思いうかぶのが、「子供のバイエル」などで知られるピアノの練習本、このバイエルもドイツの人の名前からきているのだそうです。

バイエル社は、バイアグラが発売されるのに少し遅れてこの薬を発売しますが、バイアグラの有効成分シルデナフィルの効果に、バイエル社なりの研究と工夫、改善を加えて発売した薬と言うのが会社の説明のようです。バイアグラは、1998年にアメリカで販売されるや、翌年には日本をはじめとする世界中の多くの国で販売がされるようになり、ED治療を1錠の薬で可能にした驚きの薬として、その名を馳せた薬。バイアグラ人気は不動のものとなりつつあるその時に、堂々と打って出たのがこのれびとらとして販売されたバルデナフィルだったわけです。

* レビトラ通販店を見つける4つの信頼できるポイント


バルデナフィルの魅力


余程の戦略と、売り込みのセールスポイントがあっての事ではないだろうかと素人判断をして見ます。このバルデナフィルのバイアグラに負けない魅力はどんなところにあるのでしょうか。

ED薬バルデナフィルは少しの量でよく効く薬

ED薬バルデナフィルの一番強い効果の薬は、20rの錠剤。この錠剤でバイアグラ100rと同じ効果を期待できるのだといいます。100rと20rでは5分の1の量になります。つまり少量でよく効く薬だということ、20rで充分効果があるのだというわけです。そのせいもあって、バルデナフィルの錠剤はバイアグラよりも小さめになっています。錠剤を飲み込むのが苦手な方には、うれしい現実ですね。


バルデナフィルの効果について


薬の効果が速く現れると言う事は、つまり薬の成分が速く体内で溶けて吸収されるから、バルデナフィルは、体内で吸収される時間の速い薬に改良されているのだそうです。吸収が速いと言う事が効き目が速く現れる事になるのです。熱さましでもそうですが、速く溶けて効果の速く現れる熱さましは、呑んで30分もすれば熱が下がり始めますね。バルデナフィルも約30分で効果が現れるのだとの、バイエル社の説明ですが、ここは作った本人ですから、あまり大げさな事を言っては、後で顰蹙を買います。ちょっと控えめな表現になっているはず。実際に、この薬を使ったことのある人の話によると、呑んだらすぐに効いてきたという言葉をよく聞くのです。

バルデナフィルは、効果が速く現れる(最速15分)

呑んだらすぐ効くというのには、個人のとらえ方の違いが含まれている事を考えても、まず30分よりは早く効き始めるのではないかと考えられます。もちろん個人の体質や、その時の状況で本当にすぐに効き始める人も、中にはいるのかもしれないですが、まず、空腹で服用したのであれば、15分とみると良いでしょう。薬成分が吸収されるのに障害になる胃の内容物が、全くない状態で服用すると、まず15分で薬は効き始めるのだと考えて良いのではないでしょうか。

バルデナフィルは、食事の影響をあまり受けない

バルデナフィルが、吸収の速い薬である事は上記でふれました。吸収が速いので、例えば食事前の空腹時の服用などが特に適していると言えます。食事前の30分くらいの服用で、食事のテーブルにつく頃は、お腹の中の成分はもうすっかり吸収されてしまっている事になりますから、食事の内容はまず関係ない事になります。ステーキやうなぎの蒲焼、すき焼きにとんかつ、油っぽいメニューでもこれなら大丈夫です。

もし、食事を済ませた後に、服用するような状況になった時でも、バルデナフィルはバイアグラほど気を使わなくても良いというのが、説明のようです。少々油っぽい食事内容でも、3時間まで待つ必要はないとの事。お腹いっぱい食べた後でも、せいぜい2時間待てば服用可能な感じですね。消化能力や、胃腸の強さなどは個人差があったり、その時の体調にとても左右されます。薬の効き具合は、いつも同じ様な感じにはいかないと考えるべきです。可能なら、食事の前の空腹時に服用、ダメなら食後間隔をあけて服用すると考えると良いでしょう。


バルデナフィルの副作用について


薬と言えば副作用は付き物、アメリカの薬のコマーシャルを効いていると、「これが副作用なのかい?」と耳を疑いたくなるような恐ろしい(?)副作用の説明がコマーシャルの最後の方で早口に説明されています。こんな事わざわざテレビの30秒CMで言わなくてもと思うのですが、そこは訴訟の国アメリカ。ちょっとの事でも危ない事は伝えておいた者勝ちだからなのでしょう。「この薬の副作用には、うつ病、自殺したくなる気持ちになる…。」なんて説明は、普通に耳にします。

バルデナフィルの副作用は、それを思えば可愛いもの。バルデナフィルの血管拡張作用の副産物である顔のほてり、のぼせ、頭痛、動悸などが代表的、錠剤の形で呑むので胃腸の弱い方は、胃のむかつきを覚える方も中にはいるかも知れません。これらの症状、全ての人に現れるのではなく、出たとしても気にならない程度の症状で終わる事がほとんどとの事。バイアグラで副作用が気になった方は、副作用の軽いバルデナフィル成分で作られたED薬レビトラを試すのも良いかもしれないですね。


バルデナフィルに関する整理

バルデナフィルの魅力は次のとおりです。

  • 効果が速く現れる(最速15分)
  • 食事の影響をあまり受けない
  • 副作用があまり強く出ない
  • バルデナフィルは少しの量でよく効く薬

関連リンク