ホーム  > レビトラジェネリック  > レビトラジェネリックは後発医薬品

レビトラジェネリックは後発医薬品


レビトラジェネリックは後発医薬品

ドラッグの区分はいろいろありますね。経口で口にして使用する内服薬か外傷などにつける外用薬か、医師の処方箋が必要な処方箋薬か、普通に薬局で購入が出来る一般ドラッグかなどは、よく聞き慣れた言葉です。

では、先発医薬品と後発医薬品(ジェネリック)という言葉はどうでしょうか。漢字だけを見て見えると、ちょっと前に発売されたものと、最近になって発売されたものという意味にも取れます。EDを治療する三大医薬品には、バイアグラ、シアリスとバイエル社製のレビトラ(成分 バルデナフィル)があります。また、EDを治療する三大ジェネリックドラッグには、バイアグラジェネリック、シアリスジェネリックとレビトラジェネリック(成分 バルデナフィル)があります。ジェネリックドラッグは、先発医薬品と同じ効果で低価格のED治療薬です。インドの安いレビトラジェネリックにはバリフ(valif)、サビトラ(savitra)などがあります。


レビトラジェネリックとは


ここで今一度、先発医薬品と後発医薬品の意味や違いについてふれながら、レビトラジェネリックについても考えてみましょう。

ジェネリックは後発品

先発医薬品に区分される新薬、新しい成分が開発されて発売される薬の事です。今までに、何処の製薬会社からも出ていない全く新しいものであったり、すでにあるものがアップグレードされたものであったり、たいがいは特許が与えられる事がほとんどです。ですから、バイエル社が発売したレビトラは、バイアグラのシルデナフィルと似たような働きをする成分バルデナフィルが主成分、そしてこれは新薬になります。では、後発医薬品はといいますと、新薬が発売された後に、別の会社から発売される同じ成分、効能を持つ薬の事で、時期遅れて発売されますから後発と呼ばれるわけです。


レビトラジェネリックに含まれる有効成分量


レビトラジェネリックには、レビトラと同様に5mg、10mg、20mgの錠剤があります。ED治療薬の中で最も先に発売され有名になった薬バイアグラの有効成分の含まれる量が、一番少ない錠剤でも25mgである事はご存知ですね。最も多く含まれる錠剤はバイアグラの100mgです。

ED治療薬を使った治療を試みる方の中には、バイアグラの錠剤の数値が頭の中にあってか、レビトラジェネリックにも100mgがあると勘違いをする方が時々おられるようです。レビトラジェネリックに含まれる有効成分のバルデナフィルは、少量でもよく効く薬となっています。ですから、100mgまでは必要なく、20mgでもバイアグラの100mgに等しい効果があると言われています。ただ、レビトラジェネリックを製造する会社によっては、20mg以上のバルデナフィルの錠剤があるというのも考えられはします。


レビトラジェネリックの錠剤の種類

次のとおりです。

  • 5mg
  • 10mg
  • 20mg

レビトラジェネリックは後発医薬品ですから、錠剤の形やデザインは、正規品であるバイエル社のレビトラとは、違っていて当然です。もし、有効成分も同じ様に含んでいて、錠剤のデザインまで同じであったなら、箱から出したバラバラの状態になったときに、どれが正規品で、どれがジェネリックであるかわからなくなります。錠剤の色や形、大きさや表面に刻まれている刻印などが、レビトラジェネリック特有のものでなければなりません。そうでないものがあるとしたら、それは、偽造品と言われても仕方ないわけです。


後発医薬品レビトラジェネリックが低価格な理由


レビトラジェネリックは低価格と言うよりも、ジェネリックと言われる後発医薬品全般が低価格なわけです。同じ効果で同じ効能を持ちながら低価格で販売が出来るのには、きちんとした理由があります。

レビトラのジェネリック(www.istorejapan.biz/display/1277)が正規品のバイエル社のレビトラと比べると、価格が割安になっていますね。他にも同じ様な製品で価格差があるものが結構あります。良い例が、スーパーなどでよく売られているストアブランドの食品。ストアーブランドの製品は、有名メーカーに注文して製造してもらったものを、スーパーのラベルを貼って独自の商品として販売しているものが、多くあります。製品の品質は有名メーカーのものと変わらないのに、ストアーブランド名で出しているので、色んな諸費用が省略されたりして、また、ネームバリューがそこまでありませんから、妥当な値段設定になっています。

医薬品の場合は、それとはちょっと違いますが、レビトラを開発研究したバイエル社の場合は、そこに投入した資金と時間を換算して利益のとれる値段設定になっているはず、新薬の実績の上に作られるレビトラジェネリックの場合は、その研究開発にかける費用が格段に少なくなっている事もあり、低価格販売が実現できるわけです。


高品質のアメリカ発のレビトラジェネリック


後発医薬品であるジェネリックは、製造する会社によって品質にも違いがでてくるのは当然です。同じプラスティック製品を造っても、工場の施設、使用される原料、温度管理、製造技術、作業員の経験など色々な要素が重なって、品質に差が生じます。いつまでも壊れないで長く使えるものがあるかと思えば、すぐにひびが入ってり、変形してしまったりして使えなくなるものもでてくるわけですから、医薬品の場合も違うとは言えないでしょう。では、どうしたらたくさんあるサイトの中から、高品質で低価格のレビトラジェネリックを手にする事ができるのでしょうか。

それには、信用できる販売店を探すことがポイントです。特にジェネリック製品の場合は、アメリカの様に、国内で多くのジェネリック製品が流通している国、医療先進国で扱われているジェネリックであるならば、ある程度安心できると言えるかと思います。特に、アメリカのように、輸入規制の厳しい国、医薬品販売ルートのきちんとしている国からのレビトラジェネリックは、高品質といえるはずです。


レビトラのジェネリックは信用できるか


低価格は粗悪品、高価なものは高級品、その様な考え方が普通されますが、全ての場合には当てはまらないですね。医薬品にしても同様です。高い薬がよく効いて、安い薬は、あまり効かないとは言えません。価格で品質は判断できないわけです。レビトラよりもレビトラジェネリックは、低価格になっていますが、安物というのではありません。価格で全てを判断できませんが、ただ、あまりにも安すぎるのは、やはり注意が必要でしょう。何の理由もなしに極端に安いレビトラジェネリックは、よく検討して購入するかどうか決めるべきです。高品質の品物を手にするためにも、サイトの情報をよく見極める事が大切です。


関連リンク