ホーム  > レビトラ  > レビトラ個人輸入

レビトラの個人輸入について

レビトラ個人輸入とは


img_217

アメリカ映画に出てくる男性俳優、有名なスパイ映画の俳優さんなどのように、歳をとってもいつまでも若々しく元気でいたいと思うのが人の常、また、男性の若さはなにも外見だけではありません。性機能のパフォーマンスがいつまでも元気な事も若さの象徴です。そんな男性たちにとってEDは、早いか遅いかの違いだけで誰でもいつかは、向かい合わなければならない問題。そのED治療が薬を服用するだけで可能になってはや10年以上になりますが、即効性のある事で人気のED薬レビトラは、個人輸入する事も出来るのです。


レビトラ個人輸入でED治療


レビトラは、病院でしか手に入らないと思っていませんか。泌尿器科の専門の先生を探してレビトラを処方しているのかを確認し、予約を入れて時間を作り病院を訪ねるのが億劫で、レビトラのED治療を断念したりしていませんか。レビトラは海外から個人で輸入する事ができるのです。

個人輸入と聞くと何かとても難しいもののように感じませんか?輸入には制限がつきもの、税関も通さないといけないのに、いったい個人でどうしたらいいのだろう?そんな素朴な質問には、レビトラ個人輸入とプライバシーについてというコラムの記事がためになります。個人輸入、難しくないよということがわかりやすい説明で掲載されています。

個人輸入するとはどんな事

個人輸入とは、読んで字の如く個人が輸入する事を指して言います。個人と言う意味は、団体や事業所、会社ではないという事を意味しています。個人が個人で使う為であれば例えば国家間でかかる関税も免除して、少しの量なら持ち込んでも良いですよといった意味合いが含まれているのです。海外に旅行に行ったときに日本で買ったらもっと価格が張るはずのブランド品などを、一度に買える数は限られていますが、免税店でリーズナブルな価格で購入できますね。それも言ってみれば個人輸入という事になるわけです。レビトラも個人が使うものに限り個人輸入ができるのです。

個人輸入代行はどんなシステム

レビトラやシアリスが必要だとします。レビトラやシアリスの個人輸入代行のサイトから、レビトラのページを探し、示された数量から適当なものを選んで注文しますが、普通これらの行程は全てオンライン上で行われる事になります。つまり、人と顔を合わせる必要がありません。支払いもオンライン上で処理されますが、銀行振り込みや現金引換えなどのオプションもあって、選択の余地があります。個人代行店がお客様の注文を製品の販売元に連絡し、そこから直接お客様に送られるのが個人輸入代行の基本的なシステムです。海外の事情に詳しい人に代わりにお買い物をしてもらうと言う感覚なわけです。


個人輸入するときの条件


レビトラを個人輸入する時は、個人が使う目的での購入でなければなりません。個人が安く大量に買って、それを転売して利益をもうけるとか、他人に譲渡するような事はしてはいけません。また、当然受取人の名前は個人名義でなければならず、届け先の住所が企業や店舗になっていては、税関で個人輸入と認められない事にもなりかねません。レビトラ個人輸入はあくまでも個人が個人で使うための物、その点を守れば個人輸入は、海外からの品物の正当な入手手段となるのです。

レビトラを個人輸入するときの条件は次のとおりです。


個人輸入できるED治療薬レビトラの種類


海外から個人輸入できるレビトラは、ブランド品3種類、有効成分バルデナフィルの含まれる量で20mg、10mgと5mgの錠剤があります。有効成分の量が増えると医薬品の効果は通常増加します。個人輸入でレビトラを購入する時は、はっきりとした効果のある20mgから試し、その効果の具合を見て、20mgを続けて使うか、ひとつ下の10mgにしようか決めると良いでしょう。人によっては、最初の1錠から十分な効果を得る事が出来ない場合もあります。

性行為から遠ざかっていた期間が長かった人の場合は、医薬品の効果のタイミングを掴むのに数回の試行錯誤が必要な事も考えられます。レビトラの20mgを最低でも5錠、それが最初の個人輸入のお薦めのサイズです。もちろん、医師の診察を受けレビトラの治療にOKが出た上での事です。高齢の方は、20mgからではなく控えめに10mgから始める場合もあるようです。

個人輸入できるレビトラの種類には、上記以外に後発品であるレビトラのジェネリックがあります。同じ効果で低価格のレビトラジェネリックというコラムの中では、レビトラジェネリックの低価格の理由、高品質のジェネリックを選ぶ方法などがご紹介されています。


個人輸入は個人でできる?


レビトラを個人輸入しようと、海外に出向きレビトラを購入しようと思ったら、何処で買うのか…、海外で正当なルートでブランド品の信頼できるレビトラを購入する時には、基本的に日本と同じ様に処方箋が必要です。仮に、何らかの手段を使って入手できたとしても、その薬が本物かどうか定かではないかもしれませんし、何よりも海外に出向く時間と費用が大変です。持ち帰る事ができる量にも制限があります。レビトラの輸入が個人で出来ないとは言いませんが、それにはかなり無理がある事になります。


レビトラを個人輸入代行サイトを使って入手


レビトラの個人輸入を代行してくれるサービスをしている会社があります。これらの会社は、レビトラに限らず色々なED薬(例:バイアグラ100mg、シアリス20mg、カマグラゴールド、カマグラ100mg、カマグラゴール100mgなど)を海外で個人に代わって購入し、手元に届けてくれます。海外に出向く必要なく欲しい物を時に、国内で購入するよりも低価格で購入が可能だったりするのです。

個人輸入を代行してくれる会社に委託する事で、個人輸入はグンと簡単になります。個人輸入を代行する会社はどんな会社?どこの国でどんな人達が運営しているのだろうか?レビトラの価格や、配送の問題はどうなっているのだろうかなどは、レビトラの輸入代行についてというコラムを読めば、わかりやすいはずです。

レビトラを個人輸入代行するサイト

レビトラやシアリス、バイアグラなどを個人輸入代行してくれる会社は、いろいろありますが、ブランド品のレビトラを扱う会社が、支店を置く国から輸入するなら、品質や価格の面において安心する事ができるはずです。その国から送られてくるレビトラやバイアグラは、おそらく正当なものである確率が高いからです。安心して医薬品を購入したいのであれば、アメリカなどの医療先進国からレビトラ、シアリス、ばいあぐらの通販会社を探すと良いかと思います。


レビトラ個人輸入代行サイト探しの6つのポイント


医療先進国から発送されるレビトラが安心である可能性が高いとは言いましたが、それ以外にも輸入代行を行う会社を選ぶ時の気をつけると良いポイントがあります。インターネット上に公開されている情報を信じてシアリスやばいあぐらなどを購入するわけです。世間には偽造品なるものが横行しているなどと言う話も実際耳に入ってきます。どうすれば、何処にどう気をつければ海外から正しく医薬品を手にいれる事が出来るのでしょうか。

レビトラ個人輸入代行サイト探しの6つのポイントは次のとおりです。

  1. 個人輸入代行店の経歴がきちんと掲載されている
  2. 個人輸入代行店の住所、連絡先が明確になっている
  3. ばいあぐら、シアリス、カマグラ100mgなどの輸入代行店としての経験も豊富である
  4. とにかくよく効くとか、激安ばかりの価格訴求に徹しているサイトではない
  5. アフターサービスが丁寧と見てとれる
  6. サイト上に誤字脱字がなく、デザインも適当で、豊富な説明や情報が掲載され、時間をかけて丁寧に作られているサイトとなっている(売る側の誠実さが伝わってくるサイト)

関連リンク