ホーム  > レビトラジェネリック  > レビトラジェネリックを選ぶ6つのポイント

レビトラジェネリックを選ぶチェックポイントについて


ED治療を考えている方が、薬を選ぶ時に、何をポイントにして、どんな点を気にして薬を選んでいるのでしょうか。

例えば、初めて使ったED治療薬がバイアグラで、それが自分によく効いたと感じている人は、他の薬を試すまでもなくバイアグラを続けて使う場合はあると思います。初めて使ったED治療薬が、あまり自分に合ってないと感じた人は、他の薬を当然試す事になるでしょう。効果があまりなかったとか、反対に強すぎたとか、副作用が強く出たとか、理由はいろいろでしょう。

ジェネリックを試す方は、例えばレビトラを使ってみてよく効いたので、今後長く使うに当たって、経済的なレビトラジェネリックを試してみようと思われての方がいると思います。ジェネリックの薬の価値をご存知の方は、最初からジェネリックのレビトラ(れびとら)を使う方も中にはいらっしゃるでしょう。また、レビトラのバルデナフィルの効果を試したくて、価格の安いジェネリックのれびとらで試してみようと思われての場合もあるかもしれませんね。

重要な事は治療の結果であり、薬の効果です。ED治療がこの様に服用薬で可能になったのは、本当に喜ばしい事で、それぞれのブランド薬にはジェネリックのバージョンがありますから、治療を必要とする側の条件にあわせて自分に合ったものを選ぶ事ができるようになりました。


ED治療薬を選択する6つのポイント


  • 呑んで効果が現れるまでの待ち時間
  • 薬の効果持続時間
  • 食事の影響
  • 副作用
  • 薬の価格
  • 簡単に購入できる事


レビトラジェネリックの6つの特徴


  1. レビトラジェネリックの効果が現れるまでの待ち時間は約30分
  2. レビトラジェネリックの効果持続時間は約5時間
  3. 食事の影響をあまり受けない
  4. 副作用がかるい
  5. 低価格
  6. 通販で簡単に購入できる


レビトラと他の治療薬との比較


EDの三大治療薬と言われるバイアグラ、シアリスそしてこのレビトラですが、どれも大手の製薬会社が何年もの研究を重ねて販売に漕ぎ着けた優秀な医薬品です。アメリカの政府機関からも医薬品としての安全性や効果について承認も受けたED治療薬ということですから、買う側も気持ちの上で安心です。この3種類のブランド品に続く第4の薬があるかどうかは、製薬会社各社のこれからの研究にかかっていますが、もし、新製品が登場するとしたら、これらの治療薬に勝る優秀な治療効果を持つ薬となるはずですから、はたしてどうなる事か期待したいところです。コラム バイアグラジェネリック・シアリスのジェネリック・レビトラジェネリック薬品比較については レビトラジェネリック薬品と他のEDジェネリックとの比較から、閲覧してみてください。

れびとらとバイアグラ

バイアグラは、世界で最初に呑んでEDを治療することに成功した、この分野の先駆け的存在の医薬品です。バイアグラの名前を知らない人はおそらくあまりいないでしょう。この薬がED治療に携わる人達と、EDを抱える人達に与えた衝撃は、それはそれは強烈だったはずです。しかし、効果の高いバイアグラも食事の影響を受けやすい点や、のぼせ、ほてりなどの副作用がネックでしたが、それらの不都合な点を改良してできたのが、このれびとらでした。

レビトラとシアリス

バイアグラの効果持続時間はおよそ4時間ほど、レビトラは5時間以上です。シアリス(やシアリスのジェネリック)の効果持続時間は24時間以上とあります。このシアリスとレビトラは、共に食事からの影響をそれ程受けず、副作用も穏やかな薬ですが、相違点はこの効果持続時間にあります。効果持続時間だけをみるとシアリスが優れている薬のように感じます。では、薬の効き方を見てみましょう。レビトラは効果が早く、すぐ効く薬としてバイアグラやシアリスにない即効性が特長です。必要な時に呑めばすぐ効くので、大切な時間をミスする事が少ない薬と言えます。

れびとらとレビトラジェネリック

レビトラの有効成分バルデナフィルを有効成分にする薬、レビトラではないED治療薬がジェネリックのレビトラです。製造会社はバイエルではない別の会社です。錠剤の形やデザインも当然レビトラとは異なったものになります。呼び方もジェネリックレビトラとか、レビトラジェネリック、またはまったく別の名前がついていても一般名がバルデナフィルとなっていれば、それはジェネリックのレビトラ(れびとら)の事です。効果はブランド品と同様です。


レビトラジェネリックを購入時のチェックポイント


レビトラと同じ効果を発揮しながらも、低価格での通販で購入が可能なレビトラのジェネリックは、個人輸入代行業者を介して、通信販売で海外から購入する事になります。日本での購入は基本的に困難であるはずです。

レビトラジェネリックを購入する時の抑えるべきポイント

  1. レビトラジェネリックの錠剤の種類
  2. 製造国
  3. 販売国
  4. 価格
  5. 販売単位

レビトラジェネリックの錠剤の種類

通常は、レビトラと同様の有効成分量の錠剤として販売されています。一番大きなサイズは20mgのものになりますが、これは、れびとらの20mgと同様の薬の強さであり、バイアグラで比較すると100mgのものと相当の強さとなるとの事ですので、これらのことを目安に購入する事になります。

れびとらジェネリックの製造国

ジェネリックの製造はインドなどが有名です。ジェネリックのレビトラの場合も、レビトラを扱っているお店によって、いろいろな国で製造されたものがあるかもしれません。大切なのは、製造元が先進国か、第三国かというよりも、たとえ第三国で製造されたものであったとしても、きちんと管理された環境の中で、正しく(不正でなく)製造された医薬品である事かどうかです。反対にいかに先進国で製造されたものであったとしても、正しく作られたものでなければ、安心できない品物ということになるのです。

レビトラジェネリックの販売国

製造国が明記されていない場合でも、例えばアメリカなどの先進国で販売されている医薬品であれば、ある意味安心できる条件を備えていると考えて良いと思います。医薬品に限らず、食品であっても何であっても、倉庫での保管設備、管理システムがきちんとしている事は大切です。温度管理から、湿気や浸水、害虫、また日付管理など厳しく管理されている必要があるからです。また、厳しい入管検査をパスして国内に輸入された品物であるはずですから、そういった意味でも、アメリカなどの先進国で扱われているジェネリック医薬品は、安心できる品物であるということができるでしょう。

販売価格について

医薬品の販売価格は、ブランド品であれば製造元の決めた価格が基本としてありますので、どのお店で購入したとしても大差はないと思います。しかし、ジェネリックのれびとらの場合はいろいろになってくるはずです。販売価格に配送費や管理費といった諸費用を追加して販売しているところも中にはあるでしょう。他のお店と比べた時に極端に値段の安すぎるお店は、もしかしたら少し敬遠した方がよいかもしれません。特に激安価格だけを前面に打ち出し、昨日今日できたような十分な情報もないお店での購入は(その様なお店が問題があると言い切っているわけではありませんが)ちょっと考えるべきだと思います。

レビトラジェネリックの販売単位について

ジェネリックれびとらの錠剤はお店ごとで販売単位が違ってきます。

当店でのジェネリックれびとらの販売単位

  • 90錠
  • 60錠
  • 45錠
  • 30錠
  • 20錠
  • 10錠

※販売単位は、予告なしに変更する場合があります。


関連リンク