ホーム  > レビトラ  > レビトラの効果に関するコラム

レビトラの効果について


バイアグラに続く服用ED治療薬レビトラの効果は、即効性が特長です。レビトラの錠剤にはレビトラ効果の違いで以下のような種類があります。

レビトラ

有効成分のバルデナフィルが含まれる量が多ければ治療効果は一般的に強くなり、少なくなれば治療効果はやさしくなります。バイアグラと比べた場合の効き目の違いは、個人差がありはしますが、通常レビトラの20mgがバイアグラの100mgの効果に匹敵すると言われています。

また、専門家の中には、他の服用ED治療薬で効能がはっきりでなかった患者に、レビトラを薦める(おすすめな)ケースがあるとの事です。これは、単純にれびとらが他の薬よりも良く効く薬だというよりは、レビトラの成分 バルデナフィルの効果が早く現れる点が、使う側に良く効くととられるのではないかとも考えられますが、とにかく、他のED薬で効果がなかった方がこのれびとらを試すという場合はあるようです。

薬の強さについては、飲み比べてみるしかないですが、20mgから初めて、レビトラの効果が強すぎると感じるなら、10mgに変えてみるといった方法も良いでしょう。もし、バイアグラの100mgの効果がご自分にあっていると感じた方がレビトラを購入するのなら、その場合もバイアグラの100mgと等しい効果があるといわれるレビトラの20mgから購入する事になります。

レビトラの購入はこちらから、レビトラの通販及び個人輸入について

反対に初めてED治療薬を使用するからと不安な方、自分のあまりの変わりように相手の女性がレビトラの効果を不自然に感じるのが心配だと言う方は、優しい効果の錠剤から試すということもできますね。錠剤のmgの違いは、薬の強さの違いで、効果の時間はそれほど差がありません。れびとらの5mgで効果が5時間あった人が、20mgを服用したら20時間になるのではないと言う事です。


錠剤別レビトラの成分について

次のとおりです。

  • 一番強いレビトラは成分が塩酸バルデナフィル水和物 20mg
  • 中間の強さレビトラは成分が塩酸バルデナフィル水和物 10mg
  • 一番やさしいレビトラは成分が塩酸バルデナフィル水和物 5mg

レビトラの効果はこんな人達に喜ばれています


れびとら効果_139_image

服用のED治療薬は、先行して発売されたバイアグラ、レビトラに遅れて発売されたシアリスと3種類がありますが、この中から、レビトラを選ぶ方は、どんな理由でこの薬を選んでいるのでしょうか。

平日に突然の予定の多い方

れびとらを呑む必要がある状況、つまり、パートナーと時間を過ごす状況ですが、例えば、平日の仕事が忙しく、また、一度に数時間のまとまった時間が取れない人、忙しいスケジュールの合間に、突然あいた時間、そのわずかのチャンスを利用したい人、そんな人は、レビトラ効能が飲んですぐ現われ、前後の食事の時間も気にしなくてすむレビトラを選んでいます。

食事との時間をあけるのが難しい方

飲食の機会が頻繁にあるという方、また、パートナーと過ごす時間はゆっくりと食事、お酒をとって雰囲気を大切にしているという方、そんな方はお酒、食事の影響をあまり受けないので特に空腹時の服用が必要のないレビトラを選ぶ方がいらっしゃいます。

食事前、つまりパートナーと突然夕食の約束、その後の時間を共に過ごすことになった場合、1錠服用(空腹時)してレストランに向かう、服用してすぐの食事もレビトラはOK。薬の吸収がはやいので、食事の影響を受ける前に薬成分が体に取り込まれてしまいますから、その後はステーキを食べようが、ハンバーガーを食べようが、焼肉を食べようが自由です。食前15分ならOKと考えればよいと思います。食事が終わったら、3時間くらいはいつでも対応可能な状態になっているというわけです。

他のED治療薬で思うような効果が得られなかった方

即効性のれびとらですが、その即効性を、薬の効き方が強いという様に受け取られる場合があるようです。実際、熱さましを飲んで30分で熱が下がり始めた薬より、15分で熱が下がり始めた薬のほうを、誰でも良く効く薬と感じるでしょう。専門家も他で効果がなかった人に、レビトラをためして見るようアドバイスする事があるとの事ですから、事実、レビトラの効き方は確かなのかもしれません。

大きな錠剤が苦手な方はレビトラ..

服用薬には、錠剤、液体、ジェルカプセル、粉末などいろいろなタイプがあります。粉末はのどにくっつく感じがするとか、液体は気管支に入ってしまうとか、いろいろ人によって好き嫌いがありますが、錠剤の場合は大きさをこだわる人がいます。子供の頃、錠剤を飲み込むのが苦手だった方がいるはずです。大きな錠剤は、うまく飲み込めない、そんな人は、他のED治療薬よりも若干小さめのレビトラを好まれるケースがあると聞いています。


レビトラは性欲増強剤ではありません


このレビトラですが、性欲を増す為の成分は含まれていません。そして、レビトラは、呑んだ本人が性欲を感じなければ効果が発揮されなくなっています。つまり、性欲が起こらない事で悩んでいらっしゃる方が、この薬を服用した場合、うまく治療効果が得られない事になります。そのような方は、性欲をサポートするサプリメントなどと一緒にレビトラを服用することが願われます。詳細は次のコラムを参照してください。→ED治療薬レビトラなどは性欲を起こすわけではない?


即効性が自慢


レビトラの薬の効果は、使った人ならわかると思いますが、呑んだ後に効果が現れるまでの時間の短い事が他の薬と大きく違う点です。

レビトラ効果は空腹時の服用で出現までわずか15分

レビトラは、空腹時での服用を特に求められてはいませんが、仮に空腹状態で服用したならば、レビトラの効能はすぐに現れます。有効成分のバルデナフィルが、他のED治療薬の有効成分よりも体への吸収が早く、吸収が早いということはつまり、レビトラ効果が現れるのが早いという事、食事の後の服用でも30分で効果が出現するとのことです。


効果の持続時間は5時間以上


れびとらの有効成分バルデナフィルは、体内で吸収されると、早い時間で最大に効果を現し、その後次第に効果が薄れながらも、大体5時間までは勃起不全の症状を改善するに十分なレビトラの効果があるといわれています。5時間過ぎれば、効果が全くなくなるのではなく、実はまだすこし薬の効き目が残っています、服用された方の中には、6時間以上たってもレビトラの効果を感じたという人がいるのは、このような理由からです。


関連リンク