ホーム  > レビトラ  > レビトラ効果  > レビトラ効果と服用方法について

レビトラ効果と服用方法について



バイエル社の勃起不全(ED)治療薬レビトラ、バイアグラよりも食事の制限を受けない薬だと言われています。このED治療薬レビトラの効果的な服用方法があるのでしょうか。


レビトラの効果的な服用方法1:空腹時に呑む


空腹時の服用で15分と言いますからほぼ即効です。緊急な状況の時にはいかがでしょうか。


レビトラの効果的な服用方法2:食事前に飲む


食事前、つまりパートナーと突然夕食の約束、その後の時間を共に過ごすことになった場合、1錠服用してレストランに向かう、服用してすぐの食事もレビトラはOK。薬の吸収がはやいので、食事の影響を受ける前に薬成分が体に取り込まれてしまいますから、その後はステーキを食べようが、ハンバーガーを食べようが、焼肉を食べようが自由です。食前15分ならOKと考えればよいと思います。食事が終わったら、3時間くらいはいつでも対応可能な状態になっているというわけです。


突然の予定が入りやすい方はレビトラでの...


パートナーにしても、ご自身にしても仕事が忙しかったり時間が合わなかったりして、いつも予定が立たず突然都合がつくような事が多い方には、この薬、結構便利だと思います。いつも常備しておくと役立つのではないでしょうか。

そして、もし可能ならば、相手の方にED治療薬を服用していることを伝えるのも、良い考えだと思います。相手の方に理解してもらったうえでの服用は、あせったり、あわてたり、タイミングを気にしたりする事無く、より自然に振舞う事ができるからです。服用していることを内緒にしていて、気付かれたくないと行動がぎこちなくなる事も考えられるからです。

レビトラ_column_110

そして、この薬を服用して、もし思ったように効果が得られなかったとしても、1回だけで判断しないで複数回試される事をお勧めします。なぜなら、パートナーとの時間が良い結果に終わるか否かは、成分 バルデナフィルの効果以上にお二人の関係、気持ちの問題が大きく影響するからです。とりわけ、長い期間ブランクがあった後での性行為であるなら なおさらの事、一度で以前のように思ったとおりに結果が出ない事が十分にありえるからです。レビトラの効能と服用は十分に発揮されたとしても、それを使いこなすのには回数が必要になる場合があるということです。

レビトラ(バルデナフィル)の有効成分の量は、効果の強度につながります。5mgで効果が十分でないと感じるのでしたら10mg、20mgの選択もあります。その場合、副作用も有効成分量に比例して出る傾向があると理解しておくと良いでしょう。


関連リンク