ホーム  > レビトラ  > レビトラ販売

レビトラを販売するバイエル社とは


バイエル社は


レビトラの製造会社バイエルの会社名はBayerと書きます。これをアメリカではベイアーと読みますが、日本ではバイエルと読むわけです。バイエルと聞いてすぐ思い浮かぶのがピアノの教材「バイエル」という入門書ではないでしょうか。この入門書を書いた方がドイツ人のやはりBayer さん、つまりバイエルさんなのだそうですね。

ドイツと言えば技術力、日本とよく似て物造りに長けている国という印象があります。自動車のベンツ、ポルシェ、フォルクス・ワーゲン、BMW、アウディ、航空会社のルフトハンザ、カメラのライカなどの優れた会社がたくさんありますね。スポーツ用品のアディダスもドイツの会社なんですね。私はアイスクリームのハーゲンダッツもドイツかと思ってましたが、こちらはアメリカが発祥の地なんだらしいです。ひとつ賢くなりました。

* 通販でレビトラを購入する利点

レビトラ_column_106

そして、そのドイツで製薬会社と言えばこのバイエル社なのだそうですね。優れた企業であろう事は想像に難しくありませんね。

レビトラ(バルデナフィル)のバイエル社は1863年に創業しています。そしてその創業者の名前がバイエルさんだというわけです。バイエルと言えば何といってもアスピリンが一番有名ですね。登録商標となっている国もあるようですが、アメリカはそうではないらしく、プライベートブランドみたいなどこどこの薬局のアスピリンといった様に、いろんなパッケージでいろんな会社から販売されています。しかし、世界ではアスピリンと言えばバイエル、バイエルと言えばアスピリンで知られる薬の会社となっています。


レビトラの名前の由来


LEVITRA レビトラ(れびとら)を日本語で発音するとその語調の強さから力や男性的なものをイメージしないでしょうか。即効性やはっきり現れる効果をよく表しているように感じます。LEVITRA のLEはフランス語の定冠詞Leで男性名詞につけるもの(英語のTheにあたるもの)。VITRAはラテン語で生命を意味するのだそうです。日本語訳すると「男性の生命」といったところでしょうか。なかなか、勇ましいストレートな命名、フランス語とラテン語を上手にミックスしてその真意をすぐにはそれとわからなくしてあるのがミソですね。うまくつけたものです。


レビトラの処方について


病院やクリニックに行き、最初からレビトラの処方をお願いする人は比較的少ないようですが、さまざまなed治療薬を試して最終的にレビトラに落ち着くという方は意外に多くいます。知名度はed治療薬の中では一番低いかもしれませんが、実は効果は一番出るとされているものでもあります。実際にバイアグラ50mgでも効果が出なかったためにレビトラ20mgに変えてみたという体験談は意外に多くあり、edの症状が進んでいる人にとって最後の砦となっています。

* レビトラの購入する時は、個人輸入代行業者に依頼すると便利


関連リンク